大高森と嵯峨見台の冬道を辿る…(^o^)

【日  程】2014年2月18日(土)     【天 候】晴
【行  程】①9:55大高森駐車場-10:10大高森山頂10:30-嵯峨見台コース-10:40ヤブ尾根-11:10墓地-11:20市道-11:45大高森駐車場
②12:15トンネル前駐車場-トンネル-12:25鮫ヶ浦岩壁-12:35トンネル-12:45鳥居・潜ヶ浦聖観音菩薩社殿-分岐-12:50西尾根ピーク・戻る-分岐-13:10嵯峨見台・東屋13:20-13:40室浜漁港-14:15トンネル前駐車場
【メンバー】 マロ7とマロ子  
雪の里山でもと思ったのですが、こちらからは七つ森も見えないので大高森に決めました。
最初はハツラツのマロ子ですよ。




大高森は松島四大観のひとつですがこれまで冬の登頂はなし。
天気が良ければほぼ県内全域が展望できるのですが…。
途中には通行止めの表示がありますが確認のため行って見ると落石でした。
3年前の地震だと思いますが、無理なく通れますがここはハイキングコースですから通行止めでOK。


大高森山頂からは松島湾内が一望ですが、かなりの突風があり体温が奪われます。



マロ子も景観に見とれたかな。(^o^)



ご褒美の大好きな牛乳。


このまま下山して嵯峨渓に向かおうと思いましたが、岬でこの突風に煽られたら大変と…、気になっていた嵯峨見台コースとやらを辿ってみます。
はじめは快適なコースでした…。



地図を見ると間違いなく室浜に出られるコースですが右手にはテープがあり僅かな踏み跡(思いつきコース)が見えます。
車の回収を考えたら(思いつきコース)の尾根を辿り、道路に降りて戻ろうということにしました。


緩やかな尾根は僅かながらの踏み跡(伐採)がピークまでありましたが…。


ピークを過ぎると大穴が…防空壕でもないし…何か出てきそうな感じでしたが、ただの陥没穴だろうと判断。


藪は濃くなり竹林に入りマロ子(不安そう?)を抱きかかえての歩きに難儀します。


作業道らしきところに出て安心のマロ子。


そして出たところは観音寺の墓地で参道を戻ると市道でした。
3.11津波はここまで到達したと石碑があります。


市道を強風に耐えながら駐車場所戻るのは辛くて、アスファルト道のマロ子はSOS。



やはり嵯峨台に行ってみることにしました。
室浜を通り越して漁港の岩壁に駐車します。ネットで見た気になっていたトンネルに行って見ます。


素堀であろうトンネルは軽自動車がようやく通れるくらいで、長さは100mくらいでしょうか。もちろん電気はなく真っ暗で、マロ子は尻込して後退、リードを強く引いたらハーネスごと抜けてしまい、トンネルの中で脱走されました。(^^;)大変な捕り物劇でした。



大津波で何もなくなった鮫ヶ浦岩壁からは石巻の工場地帯がまるで富山湾の蜃気楼みたいに見えます。


鮫ヶ浦岩壁の南側にはこれまた短いトンネルがあり通り抜けると小浜がありました。


この景観に満足して次に向かうは嵯峨見台です。


マロ子には恐怖のトンネルでしょうか、脱走されないように小脇に抱えてトンネル通過です。


トンネルを抜けると左手に石碑と鳥居がありこれを辿ります。


なんと、こんな場所と言っては失礼ですがここは潜ヶ浦聖観音菩薩社殿。
鐘楼がありまして驚き、もちろん復興をねがい打たせていただきました。




登って行きますと、分岐があり西側にも行けるみたいのでトンネルの真上を辿ります。


ピークまで行って戻りましたがこのピークには駐車場所の奧から登れます。
先ほどの鮫ヶ浦岩壁が見えます。


そして待望の嵯峨見台には東屋があり景観は最高でした。


なかなか絶景の嵯峨見台でした。



そうです。刈り取りだと思ったら食いちぎった跡…って、ことは猪がここにも居るのかな。


そして、室浜漁港へ。ここから説明は…ナシ(^^;)










良いところに来たと思いながら駐車場所に戻りました。


マロ子は疲れたのか、またもや騙されてきてしまったのか目があってしまいました。


帰りは15時になりましたが昼飯は、松島海岸の内海食堂の中華で久々の味に満足です。


ルート図です。(思いつきコース)はお奨めしません。(^^;)ヤブだから

コメントの投稿

非公開コメント

No title

懐かしい場所です!!春に周回しました。ミスミソウの群落と出合い、角田山までわざわざツアーで参加したのは
何なのさ(>_<)ゞとケチなことを言い、そしてこのことは内緒にしなければ、またもや絶滅になるかもと…!?それがそれが(´д`)
あの震災で(T_T)どうなっているのでしょう。その他、キクザキイチゲ、カタクリの花々を見て、ここは?山ではないよねと
友人と感激しました。あれれ?やっぱり山かナァ(>_<)ゞ、続きお待ちしておりますよ(*^_^*)

No title

へんな穴ぼこ覗くと、クマボクチャンが飛び出して来ちゃいますよ~~(笑)
お日様ぽかぽかの写真を見ると、なんだかホッとします
こっちは毎日雪・・・お天道様が懐かしい~~(^。^)

No title

okaちゃん
おっ、先に行ってましたか。何々、〇ス〇ソウの群落とは…驚き。(^^) そう、私も角田山まで行って、弥彦山も登って日帰りで帰ってきました。
その内緒話は聞きたくなりますね。(^^) 今度は、おっ家内連れて行ってみますね。
キクザキイチゲ、カタクリの花々が海岸沿いにあるんですね。

No title

クマ仙人
こんなところに穴ぼことは驚きましたね。
覗くと、奥行きはないしマロ子も反応を示しませんでした。
クマボクチャン、イノボクチャンも敬遠です(^^)
こちらは、雪がちらついていますが殆ど青空の毎日ですよ。
大雪、30㎝でしたが除雪2回しただけで降参です。(苦笑)

No title

マロ子はトンネルが苦手なんですね。
ところで我が地元でもイノシシは凄い勢いで増えてます。
1年で600頭以上捕獲しているのですが、それでも追いつきません(××)

No title

いつか天気の良い日に行ってみたいところです。
マロ子ちゃん中々やんちゃですね。

No title

マロ子ちゃんもついにフリー走行の味、覚えたのかな?
海沿いは雪無いんですね。羨ましい。
コジ君、最近知恵がついたのか捕まえるのが大変です。
どこに行く訳でもないんですが、すばしっこくて。

No title

torasan
マロ子は暗いところとか、金属音が苦手mのようですね。
まさか宮戸島で痕跡を見るとは思ってもいませんでした。
我が町は数本の橋で繋がっていますがイノシシはいません。
猪突猛進のおじさんは沢山いますがネ(××)

No title

utinopetika2 さん
是非、青空のなかで岬めぐりを口ずさんでくださいな。
マロ子は、「内弁慶外味噌」ね。(^^)

No title

lc4adv さん
あわよくば、私の手から離れたいと虎視眈々なのでしょう。
逃げ場のないところでフリー走行させたいな…?
日陰の海沿いは雪はありますが長靴で十分です。
柴犬は脱走の名人(犬)なそうで、主人になついたふりしてその機会を狙ってますね。
離れて帰って来ない時の心境は、嫌ですね。(T_T)

No title

以前友人と釣りに行っていたとき、あの素掘りのトンネルの先によく行きましたよ。
室浜が波で荒れたときでも凪いでいましたが、アイネメも小型のものしか釣れない場所でした。
トンネルを車で通行するときは毎回緊張したのを思い出します。

No title

大高森は遥か昔に行きましたねー。
坂道に蛇がいて走って逃げた思い出があります。
しかし、ここにもイノシシとは・・・。

No title

SONE さん
あの素掘りのトンネルの先は良い光景ですね。
海岸沿い数十mの丘陵地なんですがお気に入りにします。

No title

morinoさん
大高森の展望は最高ねー。
蛇が出ない今の時期が最高かな。
間違いなく笹竹は食いちぎれ、見たことのある糞がありました。
海を泳ぐイノシシを聞いたことがあるような。(-_-)

No title

松島にこんなところがあるんですね~!
知らなかったら見ることができない松島、ぜひ今度見に行ってみたいです^^
大高森のハイキングコースだったら私でも歩けそうでしょうか??
できればイノシシとか熊とかには遭遇したくないなぁ…

No title

うめ さん
奥松島は見所ありますね。
大高森のハイキングコースなら皆さんが歩いていますから大丈夫ですよ。ただし、私の歩いた尾根コースはヤブですからそれなりの覚悟です。イノシシの気配はありましたが、熊さんはここにはいませんが、番ヶ森周辺にはいますよ。
遭遇したくはないけど、シャッターチャンスはねらいたいなぁ~(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR