マロの旅立ち…

いつも、「マロのページⅡ」においでいただきありがとうございます。
皆さんにお知らせしなければならない悲しい出来事がありました。
当分の間、伏せてはおこうと思いましたが、いずれ判明することですし、自問自答のうえ掲載することにいたしました…。
実は私の愛犬マロが、交通事故により11月30日19時に逝去いたしました。日曜日に福島阿武隈の十万山に登った翌日になります。
マロは散歩のため自宅裏の県道を渡りました。用を済ませたマロは道路向かいに野良猫を見つけいきなり控えツナを振り切って突進、右側から直進する乗用車と衝突、ほぼ即死状態だったと思います。直ちに5㎞離れた塩釜市内の動物病院に運びましたが1時間の蘇生の効なくマロは蘇ることはありませんでした。
私は職場が近いので急いで駆けつけましたが、マロの体をさすり、ゆすり、何回も呼びかけしましたが反応は全くなし。外傷は殆どなく、獣医の説明では内臓破裂ということですが、ドクターに娘が来るまで延命措置をお願いし間に合った娘共々、マロは「さようなら」を安らかな笑顔で私達に見せてくれました。
12月1日の一昨日は、引き裂かれる胸のなか娘と3人でダビを迎えました。いつしか、年老いたマロの見送りを迎えた場面を考えた時、どんな胸中になるのだろうか乱心極まりないな、と思っていたのが早くも現実になってしまい愕然です。
犬としてはたった7年5ヶ月の短い命でしたが、生前、皆さんに可愛がられてマロはさぞ心おきなく黄泉の国へ旅立ったかもしれません。
「愛別離苦」愛するものと離別しなければならない苦しみのことであります。八苦のうちの一つだそうで、それは苦悩、苦痛であります。今、私たち心の中は空白のままぽっかり空いたまま師走を迎えました。
皆様、どうぞ御身ご自愛のうえ事故防止に御配意いただきたいと思います。
                                                       合掌


追伸  皆様からのコメントは、少し落ち着いてから返信させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

マロちゃんの突然の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
マロ7さん・ご家族の皆さんも悲しみと空虚感の日々を過ごされていること思います。

命あるものは死は必ずあるもの・・・とわかっていても、こんなに突然に、そしてこんな形は非情です。

いつも元気に無邪気だったマロちゃん。今度は天国からマロ7さん・ご家族を見守ってあげてください。そして思いっきり走り回って下さいね。

マロちゃんは千の風になってマロ7さんやご家族の皆さんの側にいることでしょう。最愛の家族といつも・いつまでも一緒ですよ。気を落とさず、ご自愛ください。

合掌

No title

マロちゃんの急な訃報に、お悔やみを申し上げます。
7さん、ご家族の皆様のお気持ち、お察し致します。

マロちゃんにはブログの中でのお付き合いさせていただき、
毎回、楽しませていただき 叉、癒されておりました。
とても残念でたまりません。

マロちゃん、短い間でしたが「ありがとう」。

                    合掌

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

・・・うそっ・・・信じられません・・・が、
なんとも、サクラとも微妙に距離がちじまり、これからって…
スズさん、ママさん、お気持ち お察しいたします。
こちらも涙にじんできますよ、あー、なんべなあー
きっときれいなところで待っていますよ、ずっと!!

No title

マロちゃん…。
ブログで拝見していた、マロちゃんのかわいい顔が、忘れられません。
突然過ぎて言葉もありませんが、ご家族に見守らての最期とのことで、
マロちゃんも安らかに旅立ったこと思います。
きっと、山よりももっと高いところから、マロさん達を見守ってくれていると思います。

マロちゃん、天国でも楽しく山歩きしてください。   R.I.P


No title

十万山での楽しい一日の翌日にこんな哀しい事があったなんて・・・
マロ7さんご家族のご心痛考えると言葉もありません。
寒い季節になってマロちゃんと一緒に登山できる機会も増えると思っていた矢先の訃報、哀しすぎます。マロちゃんのご冥福をお祈りいたします。

マロ7さん、奥様、元気を出してくださいね。落ち着いたらまた仲間達みんなで山に行きましょう。マロちゃんは天国で元気に待っていてくれますから・・・

No title

え!と絶句
いつもマロちゃんへの愛情あふれる表現を読み、マロちゃんの幸せ皆さんの幸せを感じておりました。
私もマロちゃんの雪の上を歩く姿・落ち葉の舞うのにじゃれる姿・川にドボンの姿etc思い出されます。

愛情いっぱい受けての生活。きっとマロちゃん天国で皆を見守ってくれてることでしょう。

ご冥福をお祈りします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

びっくりいたしました。マロちゃんを中心とした楽しいブログが.....。
月並みですが、皆様のご心中いかばかりかとお察し申し上げます。
しかし運命とは時に残酷な仕打ちをしますね。はやくお立ち直られますように。

No title

あまりにも突然の出来事で言葉を失いました。
悲しくって悲しくって、涙が止まりません・・・
2年前のあの日、マロちゃんとはじめて足湯で会ったんだよね。
マロ7さんに抱かれていたかわいいマロちゃん。
いまでも忘れないよ・・・
こんなにも早くお別れを言う日が来るなんて思ってもいませんでした。
こんなときになんて声をかけたらいいのか言葉が見つかりません。
マロちゃん安らかに・・・ご冥福をお祈りいたします。

私には想像もつかないほどのご心痛だと思います。
どうぞお体を大切になさってくださいね。

No title

皆さん、お晩でございます。
師走にかけてお騒がせいたしました。
今日で8日が経ちました。
いつもマロがソバにいるような気がしてなりません。
皆さんからは温い励ましのコメントをいただき気持ちもだいぶ和らぎの方向です。
早いうちに山も再会して元のマロ7に戻りたいと思いますので、今後とも「マロのページⅡ」よろしくお願いします。

No title

koyo さん
驚かせてごめんなさい。本当に絶句でした。
koyo さんとは墨絵の二口がマロとの出会いでしたでしょうか。
この時の映像を久々に見させていただき涙が足らないほでした。
沢山の楽しい想い出を本当にありがとうございました。

No title

Zawawaさん
そうですね。マロは千の風になって側にいるんですね。
Zawawaさんとも会わせたかったな。あの時の北泉もマロを連れて行くか迷ったのですが、春に登山した時に猿がいたもんで今回は連れて行きませんでした。北国からのメールをありがとうございます。

No title

ひのっちさん
ブログの中のマロと会って癒されましたか。有り難うございます。
これまで、犬を3匹飼いましたが今回の衝撃はすざましいものでした。
いつか山でお会いできることを楽しみにしております。

No title


ク~ さん
クーさんの衝撃もすざましい…忙しいところ恐縮でした。
この春に七ッ森でマロと会いましたね。
マロも喜んでクーさんにおねだりしてました。
もう、できないんだよなぁ~。

No title

タッシー
サクラとの微妙な距離がちじまり、この次はどのくらい縮まるかが楽しみだったのにね。
サクラ、大事にしてくださいよ!

No title

Kyonbarryさん
バリ太郎と早く山に行けるようになればいいね。
クラブ活動、頑張ってくださいね。
そのうち、山でバッタリを期待していますね。

No title

SONEさん
愛猫のブログを見て悲しんだこともありました。
まさか、マロの最期がこんなに早いとは思いつきませんでした。
経ヶ蔵山、谷山、十万山と素晴らしい山に連れていって思い出を刻むことができました。
落ち着いたらまたよろしくお願いいたします。

No title


山ちゃん
そう、マロのへっぴり腰も、いい画像だったでしょう。
雪の上を歩く姿・落ち葉の舞うのにじゃれる姿・川にドボンの姿…写真にして貼って眺めていますよ。

No title

Torasan
岩岳でマロと会ったばかりでね… 。
そう、マロからトラさんに着いて行ったのですよ。
やっぱり、ウマが合ったと思っていますよ。

No title

Morinoさん
七峰で初めて会えて、これからだったににね。
マロの味もこれからだったしね。
天国から一時帰宅しないもんかね。

No title

ULTさん
運命の残酷な仕打ちでしたが、苦しまずに笑顔だったのですよ。
せめてもの慰めかな。
忙しくなってきたすか。

No title

さく姉
先日も足湯につかりコタさんのことを思い出していましたよ。
そうです。ペットとの別れがこんなに悲痛とは思いませんでした。
コタちゃん、大事にしてくださいね。koyo さん
驚かせてごめんなさい。本当に絶句でした。

No title

なんとお悔み申し上げたらいいかわかりません。 愛犬をなくすことのつらさは私も今年の4月に経験し、よくわかります。 突然の死だったと思いますが、Maroは多分、苦しむことなく旅立っていったと思います。 うちのTaffyは3か月間末期がんと抗がん剤のつらさと戦い、息絶えました。 どちらがいいのかはだれもわかりません。 でも、これだけ大切に家族の一員として愛されたMaroです。 マロ7兄さん家族の子供になれて本当に幸せだったはずです。 愛犬は先に逝ってしまうけど、いつか必ず、虹の橋で会えると、私は信じます。。。今頃きっと、うちのTaffyとも仲良くあそんでると思います。 私も今でもタフィーの気配を感じます。 そんなとき、肉体はほろびてしまっても、魂はそばにいることがはっきりわかります。 マロの魂もきっと’7兄さんのそばに寄り添ってると思います。 どうかこの悲しみを乗り越えて、Maroとの楽しかったことを思い出してあげてくださいね。 それが一番の供養だそうですよ。

No title

Natori娘 元気かぁ~い。
先日、とっちぁんとかっちゃんが来て元気いただきましたよ。
Taffyの時も聞いて心痛でしたが、また、愛犬となるとね。
マロは即死だったかも知れませんが、事故死が天命だとは言いたくないのですが…。

家族の一員のマロは私らと会えて良かったかななんて。 
その、虹の橋はどうでしたか。。。
お宅のTaffyと…英語が通じるかなぁ…なんてね。
そう、肉体はほろびても、魂はそばにいるんだよね。
いつも瞼のマロですよ。。
もう、名取かい。

No title

マロ7さん、こんばんわ。
ブログを暫く読ませて頂いてるうちに、マロⅠ君とマロⅡ君の事、判ってきました。
この記事を読んで涙でました。
うちで今飼っているゴールデンRのメリーはやはり2代目。
初代はミニコリー犬で引越しの際に飼えない所だったので親戚にあずけたのですが近所の火事で消防車のサイレンに驚き首輪を外して道路に突進し交通事故死でした。
今のメリーはメリーⅡですね。既に12才越えてますので超老犬です。山に連れていくのは到底無理ですから、マロⅡ君の活躍を楽しみにしてますよ。
素敵な記事、沢山読ませて頂きました。
心あったまりましたよ。

No title

とむかの さん
おはようございます。。
こちらまでおいでいただき嬉しいですよ。
そうです。マロⅠとマロⅡの事、判りましたか。
もうすぐ3年になりますが、一時も忘れることができません。
愛犬の同じような不慮の事故は心が痛みますね。
火事さえなければ、消防車のサイレンがなければ、車がこなければと偶然が重なり合ってしまったこと…悲痛だったと思います。
そろそろ、マロⅡを山に連れて行こうと思ってますが山で脱走されたら大変と、躊躇しています。
心が温もりましたか。(謝謝)
季節の変わり目ですので、御身ご自愛くださいませ。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR