登山靴が壊れた…(>_<)

アイアムソーリー → アイアム・ソール (T_T)ガァーン
まさか自分の登山靴がなるなんて。
昨年夏にソールを仙台の某店にて張り替えたばかり。
剣岳を皮切りに何回か履き(大きな山を除き殆どはスパ長)、適正に靴の管理をしてましたが…まだ、1年(9ヶ月か)も経っていない。
morinoさんの針金で応急処置をして下山しましたが、雪山なんでクワバラでした。



ネットで調べてみたのですが、
最近は、どこの登山靴メーカーもおおよそのアイテムは「ソール張替え可」と表示されています。
その表示に従って、「張替え可」のアイテムは張替えを受けています。
ところが、軽登山靴系靴は、張替え後、張り替え以前に使えていたより短い期間で、ソールの剥離が生じる確率が高いこともわかってきました。
これは、軽登山靴が名称のごとく、ソール土台が登山靴ほど強固な土台ではないため、皆さんの体重・荷物・歩かれてる凹凸の登山道、すべての環境・行為によって、土台が捩れたり・反ったり変形してしまった上に、フラットな新しいソールを張りつけた微妙なズレから生じてくるのでしょう。
メーカーも変形している土台までは直すことができませんからね。
そこで、みなさんが数年履かれ、ソールの剥離や崩壊が出てしまった軽登山靴は、なるべく「張替え」は考えず、新しい靴の購入を考えた方がいいように思います。
土台がしっかりとした丈夫な登山靴はそれに至りません。

という、何とも複雑な感じ…(>_<)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>微妙なズレから生じてくるのでしょう
なるほど。オーソドックスな重登山靴以外はソール張替はリスク承知でということなら、買い替えが良いですね。
いかにも半永久的に使えそうなことを言っているメーカーや販売店はしっかり告知すべきだと思います。

No title

morinoさん
針金が効を期しました。(^o^)
まさか自分の靴が1年も経たないうちにこうなるなんてネ。
買い替えが良いが、出費と検討すね。

No title

もともと、登山靴である以上、それが軽登山靴であっても、はがれやすいなどあってはならないことで、そういう登山靴を作ったメーカーの落度でしかないです。

まあ、今は大分改善されていますが、特に最近、新製品の軽量化が驚くほど進んでいるので、適度に新しい靴に買い替えた方が快適だとは思います。

思えば、最初に私の登山靴のソールがはがれたのが、GWの泉ヶ岳でした。おかげで、それ以降のGW山行がパーになりました。まあ、この時は、それなりに使いこんだ後だったので、納得しましたが、以来、予備の登山靴は大分増えてしまいました(笑)

No title

NYAA さん
んんっ、メーカーの落度というより、張り替えですから業者でしかないですにゃー。
適度に新しい靴に買い替えた方がいいと今回、感じましたがあと何足はけるのだろうかな。
あらら、泉ヶ岳はそんな思い出の山なんでしたか。
1年のうち5/3はスパ長の山行きになりました。(^_^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR