志津倉山でいぶし銀を味わう

FC2ブログに移行して最初の編集です。なかなかうまくいきませんが、辛抱してご覧ください。(^_^)v

【日  程】2014年5月18日(日)     【天 候】曇のち晴
【行  程】 登山口(10:10)→二子岩コース分岐)→雨乞岩展望台(10:55)→大沢渡渉点・最後の水場(12:05)→シャクナゲ坂・屏風岩(12:15)→三本松(12:35)→志津倉山(13:05~13:45)→細ヒド→糸滝(14:20)→ブナ平→登山口(15:10)
【メンバー】 ニャ~さん、SONEさん、マスさん、morinoさん、maronnさん、ナカシィさんと私の6名

計画では高畠の豪士山でしたが、あいにくの雨で会津に移動です。
会津の志津倉山は、三島町と昭和村、柳津町の境に位置します。
地形図の志津倉山本峰は今では歩く人も少なく、踏跡もヤブで覆われているそうで、登山コースとして使われているのは1234.3m二等三角点峰を経由する循環ルートです。


DSC00921_R.jpg
さぁ~、出発だニャァ~(^o^)
登山口のすぐの所に案内板、登山届のボックスと志津倉の鐘がありみんなで鐘を鳴らします。
普段は下山路として使用されている細ヒドコースとの分岐になる。
細ヒドコースは右に雨乞岩のスラブが見えると、道は大沢コースと二子岩コーストに分かれる。
一般路は大沢コースであるが、今回はSONEさんの計らいで岩場のある二子岩コースを歩いてみることにした。


DSC00948_R.jpg
分岐から右に入り、大沢を渡り雪渓を越えると道は尾根取り付き、尾根伝いに急坂を登ることになる。


DSC00979_R.jpg
オーバーハングの岩を持ち上げるSONEさん(^o^)ダニャー


DSC00954_R.jpg
踏跡は薄く、歩く人は少ないようだ。20分ほどの急登を行くと「雨乞岩展望台」の標識のある所に出る。
展望台の所から進むと二子岩が出てくる。岩場のトラバースになるので充分注意したい。
大沢コースだと渡渉点まで1時間もかからないのに対して、二子岩コースは岩場の通過もあり、足場も悪く時間もかかる。


DSC00961_R.jpg
雨乞岩のスラブ(^o^)


DSC00967_R.jpg
落ちれば奈落の底のトラバースはロープを展長、安全確保。


DSC00973_R.jpg
1箇所だけ残置ロープあり(^o^)


DSC00989_R.jpg
大沢まで下りながらトラバースすると、道は沢に入り込み、渡渉し対岸の大沢コースへと進む。
お休みタイムは、マスさんのお菓子とニヤァーさんの茨城ウィロウ、ゴチになりますぞ。(^^;)


DSC00990_R.jpg
ナカシイの串三兄弟もいただきまぁ~す。


DSC00992_R.jpg
大沢コースを上っていくと、最後の水場・大沢渡渉点に着く。対岸(左岸)が広くなっていて休憩するには良い場所だと思う。すぐに胸をつくような急登が始まった。(T_T)


DSC00997_R.jpg
morinoおじさんは復調し快適に登る。

DSC01000_R.jpg
このスラブを見ながら登るのもこれまた楽しい。振り返れば残雪の山々が見えてきた。

DSC01008_R.jpg
急登はしばらく続く、シャクナゲ坂の標識を過ぎ、屏風岩の標識を過ぎるも急な斜面はまだ終わりません。

DSC01010_R.jpg
ここは屏風岩、直下を俯瞰のナカシィ。
急な斜面はまだ終わらない。三本松まで来てようやく平らな所に着く。休憩ポイントには良いところだ。


DSC01016_R.jpg
志津倉の稜線、尾根の分岐に出る。左が国土地理院の地形図に志津倉山と記される志津倉山本峰(1203m)への道だが、今では歩く人もほとんど無く、踏跡はヤブに覆われていた。


DSC01035_R.jpg
標識に従って右に折れると10分ほどで「志津倉山」の山頂に到着、思いもかけなかった素晴らしい見晴らしが待っていた。


DSC01040_R.jpg
日光連山る

DSC01048_R.jpg
羨望の、御神楽岳。


DSC01051_R.jpg
山頂で景観つきのおかずで美味しい昼飯となった。

DSC01058_R.jpg
帰路は西に向かって尾根伝いに進み道は右に折れ下降する。
大辺峠へのコースは今では使われていないそうで樹木が生い茂っている。ブナの林は気持ちが落ち着く。


DSC01071_R.jpg
尾根から外れて下降し、斜面が一気に角度を増す。トラバースするように下降し、ステップの着いている鎖場に出合う。
ここを降りると細ヒドである。さらに下ると小さな滝が出てきた「白糸の滝」である。

DSC01076_R.jpg
取手が着いてましたが抜け落ちている部分もあり要注意です。
さらに下降していくとブナの大木が生い茂る、ブナ平に着く。深呼吸したくなる素晴らしい樹林帯で紅葉も素晴らしいであろう。


DSC01093_R.jpg
各自、登山口の「志津倉の鐘」に手を合わせ鐘を鳴らして志津倉山登山の最後を味わった。

DSC01094_R.jpg
調べたら、2007年11月3日時点。 午後1時頃、下山途中の○○市の女性が糸滝付近の登山道で足を滑らせ100m程下に滑落し死亡したという。(情報提供:地元報道機関)


DSC01102_R.jpg
帰路は、坂下ドライブインで馬肉を堪能した。焼肉派と刺身派に半数分かれた。はじめて食べた馬肉はこれで910円、美味しくいただいた。
(^_^)v皆さん、楽しいお山に連れてっていただきありがとう。

ルート図は待っててね。

コメントの投稿

非公開コメント

上手く引っ越しできましたね

悪戦苦闘しておられたようですが、新規ブログの開設おめでとうございます。
これでブログ容量の心配なく記事がアップできますね。
皆で同じような場所から写真を撮っていますが、各々構図が違うのが面白いです。
山の河岸を変えて大正解でしたね。

良かったです(^o^)

SONEさん
お陰様で、蓄積した過去の歴史お荷物と引っ越しできました。
悪戦苦闘したので、今、開放感を味わっています。
前ブログは1Gになるまで5年かかりましたから、この計算だとあと9Gありますので45年はかかるみたいですよ。
羨望のお山に連れてっていただき嬉しい限りです。(^o^)

No title

お引越しされたんですね。
エキサイトよりも見やすいかも・・・。
今後ともよろしくです。

お世話様&おめでとう

お世話様でした。そしてお引越しおめでとうございます。
ダイナミックで面白い山でしたね。
あんなに素晴らしい山へ行くと、会津にも通わなければいけませんね。
10ギガ、魅力的です!

楽しかったにゃー♪

お疲れ様でした。展望もスラブも楽しめました。

次は、馬刺しが食べたいにゃーv-283v-266

No title

utinopetika2 さん
ワンルームから10倍広いお家に引っ越しましたよ。
これからどんな彩りをするかもう一つの楽しみです。(^o^)

No title

morino さん
こちらこそお世話様でした。
色々とアドバイスいただき有り難うございました。
引越しは何とか単独で、パソコン音痴は苦労しましたよ。(^o^)
会津のお山は奧が深く面白い山ですね。
10ギガに続けぇ~!

もう週末だニャー

NYAAさん
これで2回目の同行、ニャー節を聞いて楽しく歩かせていただきましたよ。
新車の乗り心地も良かったよ。 (^o^)
会津の味噌カツもいいなぁ~。

お世話さまでした~

こんばんは。お引越し完了おめでとうございます。
写真大きくて良いですね!

志津倉山ではマロさんが後ろでフォローしてくださったので心強かったです。
ありがとうございました!

すごい!!

ブログの引越しなどという高級技術も駆使するマロさん、すごい!!
山もすごいけど。
わかります。ブログで何かをみんなに伝えようと思う時、画像って大きな力を持っていますよね。
引越しで゜今までと同じように迫力あるマロさんの写真が見られてうれしいです。ありがとう。
もちろん、新しいURLはしっかり登録しますわよ。

会津のお山(^o^)

ナカシィ さん
こんばんは~1週間が早いね。
引越しはクリックだけですが、老体にむち打ちましたよ。
志津倉山では、皆さんにつて行くのがやっとで後ろにいたのですよ~ん。(^o^)

No title

tkさん
ブログの引越しは悩んだいたところ、教えられて着手です。
なんとかやれた自分に満足です!!
そういえばニュースで、8/11は山の日が制定ですね。
今年からだっら良かったな。(^o^)
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR