安達太良連峰・湯川で沢登り

【日程】2014年7月7日【天候】曇【山域】安達太良連峰・湯川
【行程】駐車場発~塩沢登山口~入渓(丸木橋)~三階滝~八幡滝から右俣~中ノ滝~霧降滝で引き返す~八幡滝~登山道~登山口
【メンバー】福島登高会・相馬散歩会・フィエスタの谷、郡山労山、朋友会の皆さん(ブロ友会Racco家、まきchin隊、fwix、さん、HATさん、マロ7)注・ Soigaさんは安達太良空中散歩へ行きました。(^o^)

今年の初沢は福島県勤労者山岳連盟が主催しました「第43回登山学校・沢登り教室」に参加です。
3年前に御連盟企画に参加してから、沢の魅力に引き込まれ昨年は後追いして8本の沢を登ることができました。
あだたら高原キャンプ場をあとにして、塩沢スキー場へ集合。
DSCF9287_R.jpg

参加者26名が5班に分かれこれから湯川を遡行しま~す!
塩沢スキー場に登山道入口がありスキー場の中を通り登っていきます。
夏道の塩沢コースはくろがね小屋をに行きますが、ここの紅葉は素晴らしいそうで何年も前からねらっていたのですが実現していません。(>_<)
DSCF9291_R.jpg


湯川は中村成勝著の『沢登り』にも紹介、沢はどれも面白くってハズレがないですし。
『意外と深山幽谷の雰囲気が味わえるなかなか味のある美渓である』と紹介、どんな沢か楽しみ溢れます♪
スキー場の駐車場から10分ほど歩くと馬返し分岐です。ここは右の道を進み2分ほどで湯川に降ります。
登山道が横切る丸木橋を渡り入渓しました。
DSCF9294_R.jpg

今回は某大の若者が二人参加、この年代から沢登りをできる羨ましさが、おんつぁんにありました。
装備は借り物だそうで、見覚えのあるネームがありました。
DSCF9295_R.jpg


やっと滝が出てきました。大きな釜を持った5M滝でここより先、多少小滝が出てくるようになります。
DSCF9303_R.jpg


どれもこれも安易な滝です。
DSCF9309_R.jpg


登山口から歩くこと約1時間で三階ノ滝下に到着。ここでは各班がそれぞれの登はんを行いますので1時間かかりました。
最後尾の5班でしたので滝壺からの冷風で寒かったです。
DSCF9317_R.jpg

今日はドボンしたらかなり大変だ。
DSCF9320_R.jpg


DSCF9322_R.jpg

ようやく5班になりました。かなり」体が固まってしまいましたな。
DSCF9326_R.jpg

三階の滝の二段目からです。山渓社・中村成勝編”沢登り”には、下から 7m、12m、10mと書いてある。
DSCF9344_R.jpg

三階の滝右岸には、しっかりとした巻き道があり木梯子、鎖があったのにはビックリです。。
DSCF9345_R.jpg


三階ノ滝を超えると、この沢の面白味が増えていきます♪
DSCF9351_R.jpg

ナメとナメ滝が連続し上手くルートを探しながら進みます。
今日は寒いのでドポンは避けたいと思いました。右岸を見上げれば、やがて屏風岩が、ここから人影、話し声が聞こえてきました!
DSCF9359_R.jpg

やがて二俣に到着し、そこで登山道が横切っています。右俣には10Mの八幡滝がかかっています。
ここで昼飯休憩と訓練となりました。
DSCF9376_R.jpg

トラ先生、まきchinに丁寧に教示です。(^o^)
DSCF9367_R.jpg

Raccoさんの美しい懸垂降下…(^o^)
DSCF9372_R.jpg

この八幡滝の左岸には鎖がかかっていて楽に登れます。沢屋でしたら鎖を使うまでもありませんが…。
合羽を着ましたが、ずぶ濡れなりながら登はんです。
DSCF9388_R.jpg

懸垂降下で8環が無かったら…(^_^;)
これはハーフマスト、ロープに負担がかかりますからあまり使わないほうがいい。
DSCF9374_R.jpg


次はカラビナ2ヶで…これはいいですね。
DSCF9375_R.jpg


八幡滝でそれぞれの班の訓練を終えて左岸より登ると延々と美しいナメが続きま~す!
そのナメは左岸に鎖が見えるものの、登山道になっているらしく(今は廃道)、
DSCF9405_R.jpg


八幡滝からの右俣ルートを辿り霧降滝へ、1班は滝上へ向かいましたが、いつかは行ってみたい衝動になります。

DSCF9401_R.jpg


下りは走るように下山!1時間で塩沢スキー場の駐車場に到着。
DSCF9415_R.jpg

一人ずつ感想を述べたりしてるうちに、最後の班も無事到着記念撮影をしてから解散となりました
三階ノ滝から上部はナメやナメ滝の連続でまったく飽きさせず、そして美渓の沢でしたよ。
DSCF9423_R.jpg

湯川素晴らしい。美しいナメが延々続く。天国でした。楽しかった。
紅葉の時期にぜひ再訪したい。
引率してくださった福島岳連関係の方々、同行の皆様どうもありがとうございました。
来年もぜひ参加ですよ!
DSCF9424_R.jpg

ルート図です。
安達太良湯川i_R


コメントの投稿

非公開コメント

いよいよレポ完成♪

おはようございます。
いよいよ真打ちのレポ完成ですね。
首を長くして待っておりました!

さて、前夜祭~当日とお世話になりました。
1班と5班ということで沢中ではなかなかご一緒出来なかったのは残念ですが。
それにしても、今年も有意義な教室でした!!!

また、来年も関東軍で参加予定ですので、宜しくご指導ください!

No title

raccoさん
こんにちは~。
年に1回の出会いになってますが、毎回楽しい一時を過ごさせていただいております。(^o^)カンシャ
それにしても、あの寒い沢の中で滝に打たれて、泳いだ方もいれば若者は凄いね。(^o^)
関東軍、お待ちしておりまぁ~す。

No title

拝見していても寒そうな感じです。
水量もかなり多い印象ですね。
塩沢コースは登山道としても面白く、確かに紅葉の時期に行った時は最高でしたよ。

No title

交流会楽しかったですね…たぶん(^^ゞ
早速と記憶が無くなってしまい、あとは夢の世界でした。
マロ7さんとも話しをしたようなしないような(笑)
何はともあれまた次回もお出でくださいませ(^^)V

お疲れさまでした

年に一度の七夕ですねぇ
できれば泊まりで東北の沢に行きたいところです
焚き火で焼き上げた岩魚は旨いですよ~

No title

SONE さん
寒かったですが前日のほとぼりも残っていてなんとかです。
水量も多く、でも難儀したところはありません。
塩沢コースは船明神経由で紅葉の時期にねらいますね。
そして、硫黄川に浸ります。(^o^)

No title

トラ山さん
交流会では私の方が早く飛んでしまいましたな。(^^ゞ
でも、夢の中ではいつもトラ山さんが傍らにおりましたよ。
とにかく、今年初の沢登りは楽しかったですよ(^^)V

No title

fwix さん
乾杯の時にいなかったから、今年はイワナ薫製が…アララ?(^^;)
登場したときには、…バンザイです。
是非、東北の薫製イワナも口にしたいなぁ~。

No title

まだ寒そうですが面白そう。
機会があれば行きたいものです。
でも簡単なとこね(^^;)

関東軍

にゃーも、関東軍に入れてほしいんだにゃー(汗)

同じ日に猿ヶ城渓谷沢登りイベントを立ててしまいました。湯川は、去年遡行しましたが、中ノ滝は登っていないので、また、行きたいですね。

ありがとうございました!

交流会から当日の沢講習まで、大変お世話になりありがとうございました!

交流会は楽しすぎて、私もやや記憶が。。(汗)
そして翌日の沢講習も、沢はキレイだし、いろいろ学ぶことも多く、いやはやほんと楽しかったです。

また関東軍で参加させてくださいませ!
よろしくお願いします~(^^

No title

morino さん
沢ははまっちゃうよ。
沢靴が行きたいと呟いているんでは…(^_^;)
その、簡単なとこがね、見つからないの。

No title

NYAA 隊長
入隊すれば、関東軍はさらに強固になるにゃー(嬉)
中ノ滝はヌメリで左また岸を上りました。
ここもいいコースですね。

No title

まきchin
こちらこそ、大変お世話になりました。
交流会は時間が早すぎて記憶が追いつかなかったネ。(大汗)
沢で学ぶことはいつも新鮮、1年経つとすでに記憶が…(^^;)
関東軍、お待ちしていますね。

No title

すごい! 楽しそう!
あの八幡滝を登ったのですね。

気がかりだった台風が週末をはずしてくれました。
今週末もまた、滝登りなんでしょうか。

No title

tkさん
既に八幡滝は行ってましたか。
秋は最高に素晴らしいだろうと思って沢を登りましたよ。
台風はそれましたが、今朝の地震とつなみ注意報はいい訓練だったかな。
きょうはオンボロ家の続・リフォームです。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR