船形山・ナグサメの滝と湯谷地の石碑…(^o^)

【日  程】2014年7月26日(土)【天 候】晴
【山  域】船形山  保野川遡行
【行  程】8:40大滝キャンプ駐車場→8:50保野川→8:55/F1二条の滝→9:15/F2なぐさめの滝9:55→11:20升沢小屋11
11:40→千畳敷→艫ノ峰→12:45船形山山頂13:25→前船形山分岐→13:40眺望所→湯谷地→14:40大滝キャンプ駐車場
【メンバー】 マロ7 ・おっ家内(2回目の沢だぞ~(^_-))
7/25、石○の閉店セールに行きまして、おっ家内用の沢装備をゲット。
目的は渓流スパッツだけでしたが、ハーケン3本とカラビナ、スリング、8環、その他を購入、。(^o^)
DSC03057_R.jpg


近年の定番コースとなりつつある保野川遡行は、昨年休んでしまい2年ぶりです。
先の小行沢で沢の味を知り始めたおっ家内に声をかけましたら同行決定。
保野川は鳴瀬川の支流で、大滝キャンプ場から三光宮に至る渡渉点でもあります。
遡行し升沢小屋へ出て船形山山頂へ辿りますが、保野川遡行は登山ルートでありません。
沢自体は膝程度の深さで2回目までは長靴で遡行しました。
DSC03066_R.jpg

直進すれば船形山への最短コースですが、ここから左へ三光宮コースを辿ります。
DSC03068_R.jpg

保野川には1ヶ所だけ硫黄臭の場所がありますが文献によれば、明治の頃には湯治場で賑わっていたそうです。
さてさて、入渓4度目となる保野川は気分的にも楽でございます。
<一度目>2009.7.11  http://maro407080.exblog.jp/8613215/
<考 察>2011.1.6   http://maro407080.exblog.jp/11857050/
<二度目>2011.7.18  http://maro407080.exblog.jp/13116854/
<三度目>2012.8.11 http://maro407080.exblog.jp/15950703/
DSC03072_R.jpg

途中、滝と呼べるところが3ヶ所あり、最初は画像の滑滝?、そしてF1となる2条の滝、左を遡行すると三光宮と瓶石の中間にでますが最後はヤブ漕ぎです。
DSC03077_R.jpg

トップを行くおっ家内…(^o^)
DSC03082_R.jpg

F1/2条の滝は簡単に登れます。
DSC03084_R.jpg

旧図では三光の宮へ至るルートはここを通って次の2条の滝を左に遡上するのです。
DSC03085_R.jpg

F2となる滝は高さ10mでしょうか。これこそ、探し求めていました「ナグサメの滝」で、昨年の5月にテレビ放映され地元の方が紹介していました。
DSC03091_R.jpg

今日は登ろうと秘かに思ってきたのですが、おっ家内と二人だし今回はアタックをやめて高巻き決定です。
DSC03099_R.jpg

今までのヤブ漕ぎとは違って、腕力重視ですど。「しがみついて、手は離すなよー」次は懸垂降下だぜ(^o^)(^^;)
DSC03100_R.jpg

ハイライトは10mの懸垂降下。
DSC03107_R.jpg

満足げにロープ収納かな。(^o^)
DSC03114_R.jpg

ナグサメの滝からは沢歩きです。
DSC03118_R.jpg

今日の仙台は猛暑のようですがここは清涼感バッチリでした。
DSC03123_R.jpg

「お助けロープ」なんて言ってましたが…(^o^)
DSC03129_R.jpg

何とかクリアーしたようです。
DSC03132_R.jpg

途中休憩は、採れはじめた我が家のトマト。(*^_^*)
DSC03134_R.jpg

流れがゆるくなって、ゆとりの顔に豹変です。
DSC03139_R.jpg

2時間半で升沢小屋へ到着です。
DSC03147_R.jpg

千畳敷に来るともうすぐ山頂です。
DSC03152_R.jpg

「艫の峰」は私のお気に入り場所です。
素朴なウスユキソウがいいですね。
DSC03156_R.jpg

久し振りの山頂は、あまり人がいません。
DSC03164_R.jpg

風があり寒い、納涼の山頂です。(^o^)
DSC03167_R.jpg

目がいくのは。荒神山と三角峰の前森。
DSC03171_R.jpg

前船形山への分岐、最近行った小野田コースはガスだったからリベンジしないとね。
DSC03182_R.jpg

刈り払いされて高速道路になっていました。
DSC03185_R.jpg

真夏なのに目はキノコモード…(^_-)
DSC03187_R.jpg

そして湯谷地へつきます。
明治の頃まで温泉があったと何かの本で読んだことがありますがこの場所も謎ですね。
さてさて、ここで探し求めていたものが見つかりました。(^_-)ヤッホー
DSC03193_R.jpg

まさか、こんな所にあったとは…。上は欠けていますが明治26年…はっきり読めます。
荒神山、船形山、??山(何山なんでしょうか)
そしてうっすらと「湯」と刻まれているように見えませんか??
DSC03190_R.jpg

その本には、この写真があります。
右の石碑は「湯泉」と、まさにここに源泉があったのでしょう。
1DSC03266_R_R.jpg

s62のルート図です。
明治の頃、湯谷地へはどうやって辿ったのでしょうか。
やはり、三光宮から下ったのでしょうね。
1DSC03267_R_R.jpg

コピー ~ 1DSC03267_R_R

この本は、山形の古本屋にて探し当てました。船形のことがビッシリつまってます。
1DSC03268_R_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やりますねぇ~。
奥さま凄いっす!

No title

家庭内特訓中・・・・?

No title

utinopetika2さん
惚れた二の腕がようやく活躍…(^o^)
腕力も○けます。

No title

mt.raccoさん
暑いから涼みに行くかぁ~って。
船形山頂は寒いくらいでしたよ。

No title

いいなー。

No title

下界はとんでもない猛暑でしたが、山頂は寒いぐらいですか。
行って見るもんですね。
奥様も沢とは羨ましいです。

No title

morinoさん
この沢で悲劇がありました。
防水のはずの携帯がアリャ(>_<)

No title

N田 さん
吉岡で車外に出たら猛暑だったんだ。
山頂は時折ガスがかかり寒かったです。
ウスユキソウはまだまだ咲いてます・
おっ家内は段々と沢マジックに突入です。(^_-)

No title

1週間ずれていたら・・・七夕以来の遭遇でしたね~!!

No title

mt.raccoさん
いやぁ~、際どかったですね。
仙台はもうすぐ七夕ですよ。(*^_^*)

No title

沢の初心者には手ごろでそこそこ楽しめる沢ですね。
下界とは違いここも寒いくらいでしたか。

No title

SONEさん
初心者用の沢を探すのの大変です。
ここは山頂へ行くのに通りたい沢ですね。
沢では汗をかきましたが山頂は寒かったですよ。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR