泉ヶ岳のヒザ川の沢登り…(^o^)

【日  程】2014.8/24(日)     【天 候】晴
【行  程】8:05泉ヶ岳登山口~8:15黒鼻山登山口~ヒザ川~10:00水神10:20~11:35熊笹平~11:45昼食12:40~2:50泉ヶ岳~滑空コース~大壁~13:30見返平~14:25泉ヶ岳登山口
【メンバー】 マロ7、おっ家内  計2名
8月も終わろうとしているのにまだお山に行ってなかった。いや、天気も恵まれなかったし、所要もぶつかって行けなかったのだ。
土曜日は倉庫の片付け、不要となってしまったハーベスタ(自走脱穀機)、もらい手ができたので嫁に出した。
15年くらい使っただろうか、チョツピリ寂しい自分と、倉庫の風通しが良くなって気分がすぐれたおっ家内がいた(^o^)
さて、日曜日の朝は久々の私の青空。畑仕事があるからと早く帰宅したいおっ家内の意見を取り入れて近場へ。
ここは冬場が来れないから夏場にと思っていたところ。勿論、マロ子は置いてけぼり…(^^)


残雪期に黒鼻山からヒザ川を渡渉した時、水神でヒザ川を渡渉した時、袖泉の尾根を降りたとき、そして熊笹平でここから水神まで行けるのでは…と欲望が生まれた時がありました。(^o^)
さほど、危険な場所はないだろうと、おっ家内3回目の沢はヒザ川の遡上に決めたのです。

さて、泉ヶ岳から北泉に至り、長倉尾根を越えて三峰山、蛇ヶ岳に至るコースは意外と歴史が浅い。
その昔に、船形山へ至るコースは、旗坂、色麻、観音寺、後白髭コースなどがあったようですが前述の泉ヶ岳から西方は戦後に開削されました。
時は、昭和25年7月20日仙台市の助役から、御所山(船形山)から泉ヶ岳に通じる登山道開削の構想を聞きその実現の可能性を検討するように依頼があったそうです。

早速、検討し8月15日に結論を出し17日から着手することとなった六人衆。
作業に当たった方々は、福岡の早坂一郎、相沢太左ェ門、新田久太郎、根白石の鷲尾永一、早坂太右ェ門、五百城幸治さんである。御所山道新設開発隊隊長には五百城幸治さんが就任。
作業延人員は64人、賃金一人300円、所要経費19,200円、工期8日。
さて、前置きはこのくらいにして今回のコースは水神から泉ヶ岳西方の鞍部である熊笹平に到達する。
60有余年の雰囲気を少しでも味わいたいと心を躍らせた。
DSC03437_R.jpg

駐車場はキャンプサイトとなっていたのには驚き。
DSCF9553_R.jpg

おっ家内は、たまにはここも良いねと呟く。(^o^)シャワー完備だそうだが登山者は使えないとか。
DSCF9554_R.jpg

この暑いのに人気の泉ヶ岳だが、沢装備で歩くのは少し違和感があるようだ。
DSCF9555_R.jpg

いつの間にか、黒鼻山登山口の表示ができていた。
DSCF9559_R.jpg

ヒザ川に入渓(^o^)
DSCF9562_R.jpg

少しは難所を期待したのだが…出てこない。
DSCF9564_R.jpg



DSCF9567_R.jpg

ロープは使わず進める。
DSCF9570_R.jpg

標識が出てきたりして、ここは子供達向けの沢だと思ってしまう。
DSCF9573_R.jpg

ゴールでもないのに…。(^^)
DSCF9576_R.jpg

あまりにも余裕があり過ぎるな。(^^;)
DSCF9585_R.jpg

下流から見た水神、10人くらいの方々が休んでおり一人の旦那がやってきた。
おっ、五輪の旦那とは久し振り、船形と泉で3回くらいはお会いしただろうか。
DSCF9589_R.jpg

水神からヒザを遡行する。この日の水は浅く登山靴でもいいくらいだった。
DSCF9593_R.jpg

やがて、枯沢となりヤブが出てきた。
DSCF9596_R.jpg

はじめて持ったハンマーはこの日は役立たず。(>_<)
DSCF9597_R.jpg

20分くらいの藪漕ぎをして登山道に出て、左手に赤布を着ける。
DSCF9599_R.jpg

話は変わりますが、時代はS25.8/17の午後1時、五百城隊長たちは泉ヶ岳山頂から西へと進む。泉と北泉の鞍部を目指して下り、100m下ったあたりから本格的な刈り払い作業となった。西へ西へと下ったが、雑木地帯が過ぎたら地竹が密生し丈も長く方向定めも木に登り作業が難しくなる。そのご鞍部(熊笹平)まで作業するのに夢中となって夕闇には水を求めて苦労した記述がされている。
まさに、この画像あたりだろうか。
DSCF9600_R.jpg

展望の良い場所にて昼食、木陰がないから相当に暑いが時折吹き抜ける風が秋を感じさせる。
DSCF9602_R.jpg

水神でお会いした五輪の旦那がやって来て立ち話、何とこの前は泉ヶ岳の250回登山をしたって。(^^)オメデトウ
DSCF9604_R.jpg

今日のおかずはワタリガニ、バッチリ実が入って(^^)バツグン
DSC03439_R.jpg

泉ヶ岳山頂。
DSC03443_R.jpg

おっ家内は滑空コースを知らないって言うから、着いて来い。
DSC03449_R.jpg

いつの間にか萩の花咲く頃になってしまいましたね。
DSC03455_R.jpg

シャジンも終わりかけていました。
沢登りと意気込んで装備を揃えて、おっ家内の訓練を兼ねて辿りましたがロープを出すことはありませんでした。
鞍部に出るヤブを刈りはらえば、ここはまさにエスケープルート、ヤブはいつでも熊さんが出てきそうな気配なのでハンマーで石をカンカンたたきながら進みました。
さあ、次は何処へ。おっ家内用の軽い沢はどこがあるかな。(^^)
DSC03460_R.jpg

本内容の一部は、「泉岳~船形山道路開発記」昭和25年五百城幸治氏筆記、庄司健治氏編集の一部を参考にさせていただきました。
DSC03469_R.jpg

ルート図です。コピー ~ ヒザ川i_R

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おめでとうございます。
レポを楽しみにしています。

No title

mt.raccoさん
4週間ぶりのお山は近場の沢にしました。
レポ、今夜は撃沈しましたので、浮上してから(^o^)

No title

おっ、面白いコースでしたね。でも物足りない?
熊笹平からの沢筋ルートは冬に歩かれているようですね。
五輪の旦那は私もよく遇っていますよ。

No title

morinoさん
泉ヶ岳の違う一面を垣間見ましたよ。
冬の沢筋ルートはショートカット向きですよねぇ~。
五輪の旦那とは、前船形山の標識を取りつけに行きましたよ。(^^)

okaちゃん

ちょっと(--#)マロさん、奥様の美形を御披露目したくない気持ちは理解できますが、(>.<)
あまりにもキツイ変身ぶり(>_<)ゞでもでも~これまた愛するためのジョークかな(^_^)v
泉ケ岳イコール虫(>o<)という固定概念がありあまり足が向きません。先日の遭難騒ぎ?も
~私も沢でなく登山道で目の縁を刺され、片方でしたが殆ど見えなくなりましたので
良く分かります。アップされるのを楽しみにしていましたが、まさか泉ケ岳とは
恐れ入りましたm(_ _)m

No title

ヒザ川は広いクロカンゲレンデの西側に子供さん向けの沢コースが作られているのですよ。
あのゴールの看板から左岸に登る道があったはずなので、看板を移動してはまずかったかもしれません。
よくこんなルートを考えつきましたね。

No title

okaちゃん
肌寒くなってあの酷暑が…(^^)
おっ家内はこれから変心させてみようか。
やはり左腕と首まわりが刺されてしまいました。
片方が殆ど見えなくなるなんて大変でしたね。
私はポイズンリムバーを携帯し、刺されたら毒を抜いていますが。心の毒は溜まったままかな。(>_<)
泉ケ岳はまだ未踏のエリアがあります。

No title

SONEさん
ゴールの看板はかなり下流に流れて沈んでいましたから、てっきり水神がゴールだと思いました。
また流れてしまいそうな所に置いてきましたので戻るでしょう。
今回のルートはキノコを考えて、太いブナは皆無でしたね。

No title

やっとお山へ行けましたね(^_^)
おっ家内さん、スゴイ!頼もしく見えますよ。

No title

ナカシィさんのお山歩きを見て、羨ましく思っていましたよ。
おっ家内は格好だけですが、あっ、腕力は頼もしいかな。(^^)

No title

ハンマーを持つと一気に沢ヤっぽくなりますね・・・。
持ったらハーケン打ちたくなるのが人の常・・・。

No title

racco さん
ハンマーは熊さん打撃用にと…。
ハーケンはまだ打っていないのです。
こんまま、秋に突入し大工用ハンマーになるのではと・・・・・・。 (>_<)シンパイ

No title

山でワタリガニ、なかなか思いつかない発想ですね。
キャンプ場が出来ていたとは驚きです。

No title

N田さん
ワタリガニは、近所からのお裾分けでどうせ食べるなら山が良いかなと…。
夏前でしたらシャコエビですよ。
キャンプ場家族連れで賑わっていましたよ。
シャワー完備がいいですね。(^^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR