長谷倉川から黒森周回

【日  程】2014.9/6(土)     【天 候】晴
【行  程】8:40高野原林道駐車場~長谷倉林道~8:50長谷倉川入渓~10:00土管橋~二又~10:25小滝~二又~11:30源頭~ヤブ漕ぎ~11:50ヒノキ林~12:10黒森12:20~798峰~カラマツ林~作業道跡~コンクリート橋~土管橋~13:50高野原林道駐車場
【メンバー】 マロ7、おっ家内  計2名
このところ泉ヶ岳山麓で楽しんでいます。近場だし、難しいところもないし、帰宅も早いからおっ家内も着いてくる。
今日は長谷倉川を遡上し黒森へ辿る。長谷倉川林道は以前から興味を持っていましたが、沢を遡上して登山道へ辿る。
黒森は厳冬期に来ただけですがどんな顔をしてるのでょうか。
おっ家内もこれで沢登り(歩き)、二口の小行沢、船形の保野川、長谷倉支流とまあ、沢登りにならない沢歩きばかりですが段々と馴染んできたかな。
今日の愛車もおっ家内もご機嫌良さそうだな。(^o^)
DSC03545_R.jpg

真っ赤なトマトみたいなタマゴタケがお出むかえ。
DSC03547_R_2014090709421634a.jpg


前回と同じ踏み跡から沢に入ります。
DSC03548_R.jpg

長谷倉川が先週に続きまた来たのかいって…(^o^)
DSC03550_R.jpg

入渓してすぐに二又が現れます。前回は左俣でしたが今回はここを右俣へ進みます。
DSCF9696_R.jpg

癒しの小滝。
DSCF9698_R.jpg

DSCF9700_R.jpg

里山にして、なかなか楽しめる沢ですよ。
DSCF9706_R.jpg

この日は、虫もいなくてご機嫌のおっ家内。(^^;)
DSCF9708_R.jpg

滑りそうって…(-_-)
DSCF9711_R.jpg

ならば四つ足で這いつくばる。
DSCF9713_R.jpg

このくらいの小滝は、アタックしていくようになったな。
DSCF9715_R_201409070958025cc.jpg

笠が開いたタマゴタケ?どの段階が美味しいのでしょうか。採っても私は料理しないからって…(>_<)
DSCF9726_R.jpg

滝だと思ったら、林道でした。帰りはこの林道を下ります。
DSCF9730_R.jpg

林道から進むと二又、右俣へ入って15分くらい進むと小滝が現れてここでストップ、戻ります。
DSCF9735_R_201409071005576ff.jpg

本流に戻って進みます。
DSCF9738_R.jpg

ツーショットでしたが、フライングだったな。(>_<)
DSCF9740_R.jpg

ふわふわの緑の絨毯は良かったです。
DSCF9750_R.jpg

水量も減り、源頭はソロソロかな。
DSCF9752_R.jpg

トリカブトが好きならしい。(>_<)
DSCF9755_R.jpg

源頭から10分くらいの藪漕ぎでした。
DSCF9757_R.jpg

薄暗いヒノキ林を登ると踏み跡が出て尾根に、後ろには北泉が見える。
DSCF9759_R.jpg

黒森山頂へは登山道が外れている。ヤブ漕ぎをしてたどり着き少しだけ刈払いした。
DSCF9760_R.jpg

地図上の798峰、右へ辿るが左には踏み跡が?進めば高倉山へ行ければ楽しいだろう。
DSC013553_R.jpg

トマトとスッポンダケもどき?今回は昼飯抜き(3時まで帰宅)なので歩きながらトマトを食べた。
DSC03556_R.jpg

カラマツ林を過ぎると作業道に出るもかなり荒れている。ここを山岳マラソンするという。
DSC03560_R.jpg

泉ヶ岳と北泉ヶ岳。先週はあの左手を歩いた。
DSC03564_R.jpg

登りに横断した場所に着いた。沢が名残惜しいので沢を下ることにした。
DSC03570_R.jpg

堰き止めで、懸垂降下をしてみる。なんだヘルメットをつけないで。(T_T)
DSC03573_R.jpg

やっぱり転けてしまった。(>_<)
DSC03574_R.jpg

なかなかの癒しの里山沢でした。無事にゴールイン(^o^)
DSC03578_R.jpg

ルート図です。
コピー ~ 長谷倉_R

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結局タマゴタケは採取しなかったのですか?
>採っても私は料理しないからって…で笑ってしまいましたよ。
癒しの沢を楽しめましたね。

No title

若かりし頃、魚を追い求めて入渓した事がありました。
こうしてみますと、近場で楽しめる沢がたくさんありそうですね。

No title

SONEさん
スッポンダケは食べたのにタマゴタケはまだ食味してません(^o^)
ここは近場の沢では癒しの上級でした。

No title

utinopetika2 さん
若かりし頃って、ん十年前…(^o^)
今回の遡行では魚影がありませんでした。
水が濁っていたようです。
近場で楽しめる沢、教えてくださいね。

No title

少年のように冒険を楽しんでいますね。
おっ家内さんの笑顔もアップで、いよいよ顔出し解禁ですかー?

No title

morinoさん
少年??いや、老人です(^o^)
まだまだ冒険に至らず、探求かな。
おっ家内画像、ぼやけていましたからアップ。
顔出し解禁はしませんよ。

No title

楽しそうですねー。
急な流れをものともせず、滝もよじ登る。おっ家内さん、凄い進歩!! 

No title

tkさん
お山だと好みがあるみたいで、沢だと何処でもいいって。
ロープを使わない沢から始めましたがそろそろ進歩しないとね。
9月中は楽しみたいと思っていました!!(^o^) 

No title

おっ家内さん、楽しんでいらっしゃいますね!
私も来季は沢へ入ろうかな・・・という気持ちになってきました。

No title

ナカシィさん
オバサンでも十分楽しんでいますから、娘さんはもっと楽しいよ。
来季と言わず、10月はじめまでは…(^^;)ダイジョウブ

No title

怪しげなキノコの臭いがしてきましたので書き込みました(^_^;)

スッポンダケもどき?

おそらく「タケリタケ」でしょう。
その名の通り女性にはちょっと恥ずかしい形?のキノコで、元々はベニタケ科やイグチ科のキノコに特殊な菌が寄生してこのような形になるようです。

No title

みどぽんさん
スッポンダケもどきは、「タケリタケ」でしたか。
はじめてお聞きする名前です。
珍しいキノコだったんですね。(^o^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR