与蔵峠へ…(^^;)

【日  程】2014年11月11日(火)  【天 候】晴
【山  域】 山形県・ 出羽丘陵
【行  程】  10:15羽根沢登山口→10:45一等三角点(702.56m) →11:15つつじヶ丘→11:30みはらしの丘→分岐→12:05与蔵沼12:35→13:00大芦沢登山口方面へ1㎞進み往路を戻る一14:5羽根沢登山口
【メンバー】 マロ7・おっ家内・マロ子  計2名と一匹
冬が来るまえにもう少しナメコに会いたいという羨望があり、そこで、新庄市の西側にあります鮭川村の与蔵峠に行くことに…(^o^)
朝5時に出発の想定でしたが、朝寝オヤジはやはりなかなか起きず6時半の出発となってしまいました。
鍋越峠は盛んに工事がされており早く通年走行ができればと思うのは私だけではないでしょうネ。
DSC05143_R.jpg

3時間かかり羽沢温泉へここから林道を通りますが、マロ子が窓を開けてと言うもんだから…。
箱乗りかなと思ったら車外へジャンプ、低速だったから良かったが…(T_T)クワバラ
DSC05156_R.jpg

大きな広場があり、表示板もあったからここが登山口だと思って鉄塔まで辿ったら藪で道がありません。(T_T)
DSC05158_R.jpg

ここから戻って、車で3㎞ばかり進んだら階段があり登山口の表示があって安堵、古道入口で羽根沢登山口である。
DSC05166_R.jpg


15分位登ると唯一の沢を渡ります。マロ子は水分補給。
DSC05231_R.jpg

刈り払いされた鉄塔のルートの向こうには神室連峰が見えます。
DSC05172_R.jpg

月山を背に、春に登った高倉山のシルエットがわかりましたが画像では見えませんネ。
DSC05175_R.jpg

展望のいい鉄塔ルート、酒田共同火力まで続くそうですが管理が行き届いています。
DSC05176_R.jpg

ルートを迂回し山形県の一等三角点の一つに到達。
DSC05178_R.jpg

赤テープと踏み跡に導かれて辿りつきました。
点名は「与蔵峠」標高702m一等三角点(本点)、記録では明治27年(1894年)に設置とか、登山的にはここが山頂なんでしょうね。
DSC05179_R.jpg

尾根の南側を歩きますが時折、鳥海山が見えます。
陽当たりがいいのか、キノコは皆無…(T_T)
DSC05184_R.jpg

アップの鳥海山です。画像の黒点は虫ではあrません。カメラレンズのゴミです。
DSC05186_R.jpg


つつじヶ丘というところですが、春はみごとなつつじが咲くのでしょうね。
DSC05190_R.jpg


みはらし台では鳥海山が丸見え、マロ子はそれより食べ物が欲しいいってネ。
DSC05195_R.jpg

アップダウンを繰り返しながら、を通りますと与蔵沼に到着、お昼にいたします。
DSC05199_R.jpg

飯はまだかぁ~と待つマロ子です。
DSC05213_R.jpg


与蔵沼は、往時は最上地域と庄内地域を結ぶ重要なルートであった与蔵峠にあります。
ブナ林に囲まれた静かな沼で地域一帯はブナ林が多く、登山道はそのなかを縫うように続きます。
大芦沢方面には、まぼろしの滝があるいうことで、まぼろしの滝群へ1㎞ばかり進んでみたが13時で折り返します。
次回は大芦沢から登ってみましょうか。
DSC05214_R.jpg

私の帽子がないことに気づき、一等三角点のところと思い出しました。
帽子を見つけた途端私は笑顔ですが、マロ子は親分の帽子を気にせず通過には…(>_<)マイlッタ
DSC05228_R.jpg

1時間50分で折り返し地点から戻りました。
往復10㎞、累積標高差は550mと程よい山歩きでした。
DSC05232_R.jpg

それとムキタケとナメコの収穫。(^^)/もう少し採りたかったな。
DSC05236_R.jpg

帰路、おっ家内が止めてぇ~。
DSC05240_R.jpg

スタコラサッサと、えっ、木登りするんだぁ~、やはりワンパク、いえお転婆でした。(^_^)
DSC05244_R.jpg

ここで収入、いえ、収穫は倍増…(^_^)バイゾウ
DSC05246_R.jpg

小杉地区にある「曲川の大杉」(通称トトロ杉)へ。
地元では芯が2本あるところから夫婦杉、縁結びの杉といわれ、夫婦で手をつないでこの杉の根元で休むと子宝が授かるとか…。根元に山神をまつっているところは原始信仰の跡を留めており、また、周囲の大地からは、縄文土器や石器が出土しているとか。
DSC05249_R.jpg

ついに新庄の一茶庵支店へ入店することができました。
DSC05254_R.jpg

チャーシューと名物のとりもつラーメン、SONEさんお奨めの極味でした。(^o^)
DSC05257_R.jpg

車外脱走というハプニングがありましたが、新庄から2時間半で帰宅、秋味の与蔵峠でした。
DSC05252_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もっとドカンとなめこが取れるかと思っていましたが、そこそこでしたね。
車2台まわしてもっと長い距離をすすんだらもっと取れたのかな??

No title

車道でナメコを採れるなんて人が入っていない山なんですね。
この山は幻の滝群が一番の見どころなんで、次に行く時はどうぞそっちの登山口から往復してみてください。

ナメコは森の宝石

マスさん
ザックはいつもより空腹にしていきましたが、これだけはどうしょうもないですね。
そう、長い距離だったら倍増でしたかもネ??

降雪があったから寒中ナメコだね

SONEさん
車道脇のナメコですが近くには作業現場があるんですよ。
次は幻の滝群に行きますね。

こんばんわ!

マロちゃんの顔、私好みです、相変わらずめんこいですね♪
さてヘタレ登山オバにとって山選びが大変な季節になってきました・・・。
こないだも大滝根山頂付近の切り立ったところで吹雪の中、下をみてヒエ~~~ッテ引っくり返りそうになりました(大笑)

冬は里山ですね…(^-^)

とむかのさん
何々…マロ7ちゃんの顔、私好みですッテ…(=^・^=)
あっ、マロ子だったか♪ <(`^´)>ザンネン
山選びですねぇ・・・。
雪山は無理せず好天の時だけ目指して、冬場は里山ですよ。
近場だから朝寝して早く下山したら美味いもん食えるね。
時間があれば土地の人とのお話もできるし、凝縮した歴史も味わうネ…
引っくり返りそうになったって、落ちたら駄目だよ(^◇^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR