船形連峰・残雪の長倉尾根を辿る

【日  程】2015年5月17日(日)   【天 候】快晴
【メンバー】tomさん、shigeさん、maro7の計3名。
【コース】旗坂平キャンプ場→鳴清水→旗坂平→一群平→三光宮→不動石→瓶石→草原→蛇ヶ岳→三峰山→熊の平→水源→北泉分岐→大倉山→氾濫源

北泉からつ三峰山につながる長倉尾根は私の青春ロード、もう二度と訪れることはないだろうと思った日々。
ひょんなことから昨秋40数年ぶりで、おっ家内とキノコ採りしてあらためてこの長倉尾根の素晴らしさを味わった。
この時、燃え盛るブナの紅葉を見て、来春は萌の紅葉を見ようと待ち望んでいたところ。おっ家内は、足指負傷(私に蹴りをいれたのだが…)で自宅待機(謹慎)。
こんなにタイミングの良さはあるまい。駐車で…アレッ、tomさん。新しい新車でねぇすか。(笑)
私は三峰へ行くのだが……おら方さいぐべで二人を道連れ。
DSCF6153_R.jpg
旗坂平キャンプ場から登山開始、30番表示は船形山頂上まで続きます。
DSCF6157_R.jpg

ムシカリが満開。
DSC08005_R.jpg


DSC08006_R.jpg


標高1000mを越えると残雪ロードです。
DSC08008_R.jpg

樹間からは船形山の東斜面が見え隠れする。
DSC08012_R.jpg

三光の宮で休憩、ソロの女性が立ち寄りしたが、すぐに立ち去った。
DSC08017_R.jpg

これがお尻ブナだよと…shigeさん…お知り合いになりましたよ。
DSC08022_R.jpg

途中、高校生の集団と会う。今年の高校総体は船形連峰だそうだ。
DSC08024_R.jpg

タムシバも真っ盛り。
DSC08031_R.jpg

瓶石から草原に向かう。もう、泊まりの方は山頂から降りてきた。
tomuさんはここで、アイゼンの片方を失くしたようである。
DSC08034_R.jpg

そして男3、女1のグループ、東京からだそうです。こんなマイナーな山にって言ったけど、200名山なんだよね。
深田久弥は身長が足りないから100名山に加えなかったようですが、十分の資格がある船形山である。
東京組さん、船形は楽しかったかい。
DSC08039_R.jpg

東京組の彼女と遠隔会話…このブログ見たら返信くださぁ~いネ。
DSC08040_R.jpg

草原を過ぎれば若い声が聞こえてきた。
蛇ヶ岳山頂にはこれまた高校生のグループ、どうやら我地元の高校山岳部である。同郷の方はって言ったら一人の女子がハァイ、それでは「浜おんつぁんのパワー」をあげるって合法的に握手を挙行。
tomuさんのアイゼンを拾ったら、旗坂にある黄色のバイクに引っ掛けておいてとお願いした。
DSCF6163_R.jpg


蛇ヶ岳山頂から見る西側、仙台カゴをズーム、ここと、南側にある池にはいつか行きたいですね。
DSC08047_R.jpg

艫(とも)の峰から山頂、今度はウスユキソウが満開の夏に来るか。
DSC08051_R.jpg

白髭分岐の手前でソロの男性…ブナの会のTさんでした。
何と、泉ヶ岳駐車場から船形山のピストンだそうです。Tさんには途中で待ってるからと…。
DSC08056_R_20150519065657183.jpg

三峰山が迫ってきた。
DSC08058_R.jpg


ショッキングピンクのショウジヨバカマが出迎えです。
DSC08059_R.jpg

三峰山到着、山頂の標柱
DSC08076_R.jpg


向町青年…昭和33年と刻まれている。
泉ヶ岳から三峰山を経て後白髭分岐に到るルート(長倉尾根)は昭和20年代に泉村の有志により開かれた。
DSC08075_R.jpg

360度展望の三峰山、風が強いのですぐ退散。
DSC08078_R.jpg

北泉ヶ岳西側の崖、いつかはあの上まで行ってみたい。(上もちろん上から行くんですよ)
DSC08084_R.jpg

そして。コシアブラが出迎え。
DSC08080_R.jpg

長倉尾根の展望は…いえ、コシアブラに手がいくのです。
DSCF6166_R.jpg


風を避け、大倉(定義)方面を見ながら遅い昼飯となった。
DSCF6167_R_201505190726525b6.jpg

残雪のブナロードが眩い。
DSC08091_R.jpg

水源で休憩していると、ブナの会のTさんが追いついてきた。
私らがコシアブラ採りに夢中にもなっていたが時間差は2時間あったと思う。すごいパワーのTさん。
DSC08093_R.jpg

水源からの急坂を越えて大倉尾根に入る。東側の種沢倉は丸裸になっていたのは寂しい。
DSC08095_R.jpg

桑沼展望。
DSC08098_R.jpg

大倉山から俯瞰、すごい風ですね。
DSC08099_R.jpg

渡渉。この奥の黒滝越えはまだ実現していない。
DSC08102_R.jpg

林道に出ればバンザイ。
DSCF6176_R.jpg

旗坂に戻るとtomさんのアイゼンがぶら下がっていた。
多高山岳部のみなさんありがとうございました。
DSCF6177_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

上手く二人を拉致できて楽しい道中になりましたね(笑)
船形連峰は朝方、東北道から見えていたので、風が強くても結構楽しめたと思います。
Shigeちゃん長丁場の登山をいきなりって、なかなかやりますね。

コシアブラ

SONE さん
上手く二人に拉致されましたかね(笑)
船形連峰は禿よりも雲がなかった、風が強いのは同じでしたが…。
Shigeさん、冬場から脱出して20キロの道のりをこなしましたよ。
コシアブラ大量で満喫してました。

No title

おっ、shigeちゃんはもうどこでも大丈夫ですね。
出会いに、景色に、コシアブラにと、大満喫の大縦走でしたね。
今度は秋にでも行きましよう。(キノコ狙いね)

長倉尾根

morino さん
Shigeさんは採取民族だったようで(笑)、コシアブラに満足だった。
強い風でしたが虫にあまり悩まされませんでしたね。
秋の紅葉は最高ですよ。

No title

17日の日曜日ですね。山の上は風が強かったですか。
前日に雨だったので、空気が爽やかで気持ちよさそう!
残雪に咲き出した花がきれいですね。

今日はパソが機嫌がいい。i-179
車のハンドルの上のラーメンのいきさつ、よくわかりました。i-175

朝ラーメン

yamanba さん
17日の日曜日、快晴でしたが風あたりは良かったネ。
でも、展望は蔵王がようやくわかったくらいかな。
残雪に咲き出した花々、ツバメオモトが膨らみました。
でも、花々を尻目にコシアブラに夢中になってしまった。
パソ上機嫌でよかった。。
朝ラー、うまかったですよ。

お世話様でした

お世話様でした
私も久しぶりの長倉尾根とまたまたコシアブラゲットで満足ですう。

高校生には行動食でお礼をしておきます

今日はコシアブラ…不発

tomさん
こんばんはー。
一週間経つのが早いですね。
お世話様でした
長倉尾根とコシアブラ、何とも申し分のないお山でしたね。
高校生には行動食でお礼、良きオジサンですね。

お世話様でした!

先日はお世話になりました。
往復11時間でした。
長倉尾根でマロさんにお会い出来て
最高でした。
ブナの会T

今度はどこで会いますかな

ブナの会Tさん
いやいや、見たことあるなと思ったら…アレレ、何処から来たのでしたね。
30数キロを、往復11時間とは凄いですね。
もっと若ければ私も真似したかったのですが。
長倉尾根での出会い、その後はコシアブラ大量でした。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR