前川大滝沢でナメを愉しむ

【日  程】2015年7月5日(日)     【天 候】雲~
【山  域】吾妻連峰 大滝沢  
【行  程】滑川橋駐車場→F-1滝→大滝→巻き終了→ネコノ沢→ヒョングリ滝→登山道→滑川橋駐車場
【メンバー】福島登高会・郡山労山ほか、指導者の皆さん一般参加者
4回目となります大滝沢は何度来ても楽しい…(*^_^*)
これまで大滝沢は3回訪れています。  ①2012.7/8  ② 2012.7/28 ③2013.9/1
今年も沢登り教室(主催:福島県勤労者山岳連盟、実施主体:福島登高会)に参加です。
今回で4回目の参加、お馴染みはMt.Raccoさんご夫妻、fwixさん、そして昨年の二口エシコ沢でお会いしたみどぽんさんが参加です。峠駅に立ち寄り、前夜祭の余韻を検証、いつもfwixさんが釣り上げて来ますモークイワナの香りが…。(笑)
あっ、誰か足らないと思ったら「まきchin&ごろちゃん」がいない。
DSC09172_R.jpg


計画では前夜祭から参加したかったのですが、マロ子散歩の関係で早朝の出発です。
3年前にトラさんのお誘いで没入してしまった沢登りです。
「吾妻大滝沢登り研修会」にはおっ家内も初参加、これまでは沢歩きに近かったのですが、2級の沢ですが醍醐味がたっぷりです。
DSCF9095_R.jpg


駐車スペースは満車。大滝沢はアプローチがゼロで、車から100m歩いただけで入渓できるのはありがたい。
7時半集合、挨拶と注意事項など等…みんなウキウキです。
DSCF9098_R.jpg


滑川橋を渡り左へ、アプローチなしでこの沢はいきなり赤ナメで迎えてくれます。
今日はどんな渓相を見せてくれるのでしょうか。
DSCF9100_R.jpg

いよいよ1班から入渓です。(オットートー)
DSCF9103_R.jpg

続いて、恐る恐る…おっ家内。
DSCF9104_R.jpg

F1の滝までに10分く歩けば到達です。1回目の参加です雨上がりの増水で2時間かかったのですよ…。
DSCF9108_R.jpg

F1までヘツリ、壁際を行きます・・・♪
F1の滝は三段15mです。左岸派、右岸派と分かれました。我ら3班は左岸派です。
※沢は向かって右手が左岸、左手が右岸です。2班と4,5班は右岸から登ります。
DSCF9116_R.jpg

おっ家内に緊張が走ります。
DSCF9120_R.jpg

順番がきてしまいました。誰か変わってくれない…って(笑)
DSCF9121_R.jpg

何とか、クリアーしました。
DSCF9124_R.jpg

F1の滝を越えれば、大滝まで快適な沢歩きとなります。大ナメ天国スタートです♪♪
本当に、こんな広大で延々と続くナメ床があるんですねぇ~。
DSCF9131_R.jpg

余裕がでておしゃべりしながら…。(^_^)
DSCF9132_R.jpg

前方に滑川大滝が姿を現します。
「ウァおおーすごい」って、!思わず息を呑むとはこのこと。
迫力と美しさを兼ね備えている日本の滝百選なのですから堂々としたもんです。
DSCF9136_R.jpg

滝の真下まで来ると見上げる首が痛くなるほどだ。大きいのでカメラに全容が収まり切れません。
DSCF9139_R.jpg

Mt.Raccoさん、fwixさんと洗礼を浴びました。
DSCF9143_R.jpg


休憩を終えて少し戻り、登山道を使って大滝を巻きます。
DSCF9145_R.jpg

巻き道からの大滝を眺める。
DSCF9150_R.jpg


前回は大滝脇を登りましたが、今回は、尾根ルートで吾妻大滝上部に達します。
降り口は小さなロープだけ、見逃してしまいますので注意です。。(‘;’)
DSCF9152_R.jpg

DSCF9153_R.jpg

大滝の上流側の沢床に降り立ちひと安心。です
DSCF9157_R.jpg

大滝上部に到達、高度差は凄いですね。まさに「奈落の底」なんです。
DSCF9158_R.jpg

再び遡行開始。
DSCF9160_R.jpg

こういうのは苦手だって言ったって…。
DSCF9165_R.jpg

余裕ポーズかな。
DSCF9166_R.jpg


…(^^)(^^;)ナメを歩き、小滝を越えて、中滝もあり、ナメ滝、ナメ床、浸食された釜が続き出だして絶好調!
滝は難しくもなく簡単すぎでもないし、まさに快滝です。休憩の3班。
DSCF9168_R.jpg


ここはネコノ沢合流地点、ここでお昼かな。
DSCF9171_R.jpg

3班班長の、デモンストレーション。
DSCF9174_R.jpg

数回、ボチャンしました。拍手喝采でした。
DSCF9175_R.jpg

そしてここからも「ナメとカマ」とを楽しみながら進みます。
DSCF9179_R.jpg

迫力のある5m滝・・・1,4、5班は左岸から、2,3班は右岸から登ります。
DSCF9181_R.jpg

ここは、ワラジ履きの方はスタスタのぼりました。
DSCF9186_R.jpg

続きます6m幅広滝。
1~4班が水流右又は右端から、5班が右岸(左)からそれぞれアタック。
DSCF9193_R.jpg

おっ家内、全体重を腕力で登るなんて、fwixさんの手が伸びてきたどー。(嬉笑)
DSCF9197_R.jpg


その先、8mヒョングリ滝で本日はオシマイ・・・集合写真タイムです。
DSCF9205_R_20150707071020352.jpg

それぞれ童心に帰って…パチリ
DSCF9209_R.jpg

お昼が過ぎたばかりなのに暗くなってきました。手前の枝沢から登山道に向けて上がります。
DSCF9211_R.jpg


幾らも登らず、ヤブもなく登山道に出て、沢装備を解きました。大滝展望台では展望不能…。
DSCF9215_R.jpg

ブナの林をジグザグに降って吊り橋を渡れば滑川温泉に到着です。
DSCF9216_R.jpg


最後は、各班長の総評と初又は2回目の沢登りだったメンバーからの感想があって終了となりました。
DSCF9220_R.jpg


車に戻って沢装備を片付け、露天風呂(入浴料は500円)で汗を流しました。
それにしても、郡山の皆さん、露天から沢風呂にも入ってご機嫌でしたね。
福島登高会の皆さんそ、して関係者の皆さんには熱いおもてなしをありがとうございます。
来年は是非、前夜祭から参加したいですなぁ~。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一昨日はお疲れ様でした~1年ぶりの再会でしたね。
前夜祭の方は残念でしたが、次回はマロコ共々南下で如何でしょう。

さて、大滝沢はとても素晴らしい所でした・・・。
早速、復習会をしたいと思っております。合流如何でしょう~^^

お疲れ様でした~
岩魚の燻製は、次回どこかの沢泊で
焚き火囲みながらやりたいですね~
もちろん、釣れたら。ですけどね

No title

参加したかったぁ~
ここは一度も行った事がなく、興味津々なのです。
奥さまも素晴らしいです。
沢では、みんな童心にかえりますね。

No title

お世話になりました。初めての参加でしたが、一般参加の方の多く?が顔見知りのためか、あまり緊張せずに済みました。またご一緒する機会があることを楽しみにしています。

奥様も

駐車場から直ぐ沢ってのが、ここだけなんですかね?
奥様の画像が臨場感200%です。

大滝

mt.raccoさん
日ごろのトレーニングの効果でraccoさんはスタスタと遡行しましたね。
七夕みたいに1年ぶりの再会でしたが、やはり前夜祭に入らないとね。
マロ子はダニーズがつくのでシーズンオフに…。
大滝沢はいつ行っても素晴らしい沢です・・・何しろ4回もなんだがいつも初心者です。
復習会、日にちがあえばご指導賜りたいですど~^^

イワナ燻製

fwixさん
お世話様でしたぁ~。
岩魚の燻製はご馳走になってから病みつきなんです。
そう、次回はどこかの沢泊でお願いしたいですね。
絶対釣って来てください。

最高の沢

utinopetika2さん
来年は是非、参加してくださぁい~。
沢はじめのトレーニングにはもってこいですよ。
おっ家内も、お気に入りの沢になったようです。

いぶし銀のみどぽんさん

みどぽんさん
こちらこそ、お世話になりました。
初めての参加にしては堂々と遡行でしたね。
来月はザンネンですが、次の機会を楽しみ荷しております。

年増の沢魔

lc4advさん
そういえば4年前はご一緒でしたね。
大滝からの上もいい沢でしたよ。
駐車場から直ぐ沢は、昨年行った二口の小行沢、白糸の滝からも数本ありますね。
おっ家内、年増の沢魔になりそうです。。


No title

沢登り教室、今年は諸事情にて失礼させていただきました。。。
・・・がっ、行きたかった!!
マロ7さんのレポ見てたら、うらやましくてそわそわ(><)

来年の教室には、ぜひ参加したいと思っています。

大滝は最高

まきchin
てっきり沢登り教室に来てるのかとおんつぁんは…(キョロキョロ)
来年は前夜祭から参加しましょう。

No title

参加したかったにゃーv-283v-356

所用ができて、キャンセルしてしまいました(泣)単独で、遡行しちゃおうかにゃーv-283v-356

No title

お疲れ様でした。
久しぶりにお会いしたので色々と話したかったのですが、リーダーしてるとなかなか余裕がなくて残念でした。
やはり前夜祭?交流会?からですよね。
それにしてもご夫婦で沢登りなんて素晴らしいです!

楽しそう

ちょっと怖そうなところもありますが、楽しそうですね。
来年は私も参加しようかな(^^)

姥沢魔女

トラ山 さん
幻となりましたグズラ肉はお預けとなりました。
そうです。沢の楽しみを教えてくれた師匠、リーダーもご苦労さまでした。
1年、この日が来るのを待ってるんですね。
テントを張らなくても車中泊しますから来年はもちろん前夜祭&交流会ですよ。
夫婦での沢歩き(登りにならず)、おっ家内は姥沢魔女改名すっかな!

沢は直登できないんだニャー

NYAA隊長
来るのかと思ってましたよ。
所用ができたとはザンネン。
ここはいいところですよ。

福島登高会

morino さん
沢は何処でも転落危険があります。
ガッツリ、ホールドすれば安心かな…。
ここの会は顔見知りとなり、1年が来るのが待ち遠しいですね。 (^^)

No title

噂では、あっという間に定員になるらしいですね。ひそかに沢登りもデビューしたくて勉強中です。来年は速攻で申込みしたいです(^^)

沢歩きからでも

モンキィさん
そう、あっという間に満杯ですね。
4年前は講師の方が多かったかも…。
沢歩きからでもいいですよ。
来年は前夜祭からよろしくです(^^)

No title

おっ家内さんの本格沢デビューおめでとうございます。
これでご夫婦で夏場は沢遊びですね。
お天気心配しておりましたが、結局降らないで良かったですね。
これも日頃の行いかな(笑)

素晴らしい大滝

SONE さん
おっ家内は大滝に満悦でしたよ。
秋がきてキノコに移るまで沢遊びですね。
お天気は福島市内を越したら明るくなってきました。
日ごろもまじめにかな…(笑)

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR