関山の小網取沢

【日  程】2015年8月8日(土)   【天 候】曇
【メンバー】おっ家内、maro7
【行  程】 R48御伊勢沢橋・P→第1堰堤→第2堰堤→第3堰堤→第4堰堤→二股→600m→往路戻る→R48御伊勢沢橋・P
易しい沢はブログにも掲載されていないので探すのが難しい。
昨年の秋に、山形の帰りに小網沢林道を往復して沢歩きができると思っていた。
毎日が猛暑だから今日も沢に浸かろうと思って出かけましたが…。
今朝は出掛けが23度で寒し、すこしばかり温もりが欲しかったです。
DSCN0258_R.jpg


林道からすぐに入渓すると、R48の脇に旧道の橋基礎が見られ懐かしさが漂う。
DSCN0261_R.jpg

すぐに堰堤が登場、ここは左に巻いて林道に戻る。
DSCN0262_R.jpg

林道はヤブがうるさいので再び沢に戻るが、何と水がない河原歩きとなる。
おっ家内は、別の沢に行こうと言う始末である。
DSCN0263_R.jpg

何度も河原と林道歩きを繰り返してここぞと入渓すると、おっ家内は笑顔となっった。
DSCN0267_R.jpg

なかなかいい雰囲気の癒しの沢かな。
DSCN0268_R.jpg


天国のナメには遠いが、ナメがあって喜ぶ。
DSCN0269_R.jpg


S50年代に造られた堰堤は3回巻いた。帰りは藪の林道を歩きたくないから堰堤を降下しようかな…呟く。
DSCN0270_R.jpg

滝といってもこの程度、長靴でもいいくらいの沢水(渇水なので)である。
DSCN0273_R.jpg


堰堤はこれが最後、10年前の設置なのですが、木製なので朽ちはじめている。
DSCN0282_R.jpg


堰堤の上で、我々を見つめていた鳥…。
DSCN0284_R.jpg

コース中、最大の滝が見えてきた。どっち登るのって、好きなほうでいいよって、無責任発言。
DSCN0290_R.jpg

おっ家内は右岸、我は左岸を選んだ。
DSCN0293_R.jpg

落ちたくないので、躊躇しているようだ。
DSCN0296_R.jpg


コース中で唯一の双股は左岸へ、右岸は小網沢林道の行きどまりである。
DSCN0304_R.jpg


行けるところまで進んでみたが荒れてきたので標高600mで折り返す。
DSCN0306_R.jpg

双股まで戻り、ここで懸垂降下の練習。
DSCN0319_R.jpg

林道下の暗渠を潜れば休憩地点。
DSCN0325_R.jpg

今日のお昼は軽く。自家製トマト、色麻のガンズキとスープだけ。
DSCN0326_R.jpg

いつ、熊さんが出てきてもいい雰囲気のなかでの休憩でした。
DSCN0327_1R.jpg


帰りは藪の林道を敬遠、沢下りとなりました。
DSCN0334_R.jpg

フリーハンドで登れたところも、ロープ確保。
DSCN0336_R.jpg


堰堤は懸垂降下。
DSCN0340_R.jpg

最初より慣れてきたようですなぁ~。
こうやって、更におっ家内は強くなってネ、俺は衰退していくのでしょうな。(笑)
DSCN0351_R.jpg

無事に到着です。平凡な沢でしたが、関山の地形の把握で次のバージョンを…。
おっ家内は懸垂降下で楽しかったって…。
DSCN0354_R.jpg

ルートです。
DSCN0388_R.jpg

おっ家内、今日の褒美は、おり久の味噌ラーメンと、おにぎりだぜ。
DSCN0358_R.jpg

私は冷やしを食べましたが、カレーラーメンを食べればよかったかな。
DSCN0359_R.jpg

おまけは、孫たちに会いに。タッチしてお盆に来てね。
DSCN0374_R - コピー_R

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良いですねー。涼しい沢。
私は汗だくで祓川コースを登っていましたよ(^^)
おっ家内さんはますます進化ですねー。
今度こそご一緒しましょう。

北丸松保沢で

morinoさん
曇りで涼しい沢を堪能しました。 (^^)
おっ家内は、降下だけは深化ですねぇ~。
30日、楽しみにしております。


涼しくていいですね

こんにちは。
沢は自然の凝縮を感じて、夏の沢登りいいですね。
しかも奥さんとザイルワークの息もぴったりでしょうね。
滑川の道路脇(橋)の沢を見ると初心者のオラも入りたくなります。

場所は違うのですが、
南蔵王の幻の沼(マタブリ沼、丸沼、大沼)のブログ記録を教えて下さい。
上山市の横川堰概要図には、この3沼を第3区水路と書かれています。

幻の3沼は蔵王の真髄です

okusan
こんばんはー。
こちら、ようやく雷が鳴り待望の雨です。
夏の沢登り、地球と密着した体感ですよ。
滑川の道路脇(橋)の沢は最高。
おたずねの南蔵王の幻の沼。
深野さんは(マタブリ沼、丸沼、大沼)と表記してましたね。

ブログ記録は、南蔵王・「幻の3沼」を辿る幻のオジ山道中!(^^)!
【日  程】2012年10月14日です。
マロのページⅡ、マロのページⅢでも開けます。

そうですか、上山市の横川堰概要図には、この3沼を第3区水路と書かれているのですね。

蔵王はほぼ歩きましたが、こここそがまさに蔵王の真髄だと思います。
3沼からの上はザイルワークと藪こぎでかなりの満足疲労です。
行くのなら、紅葉時期ですね。

関山の遺構

  やはり関山の旧道時代の遺構があちこちに残って居るんですね。私の愛車トヨペットクラウンデラックスが走った昭和38年~43年までの遺構は興味あります。

 概ね路線は変わらないとは聞いては居ますが難儀な道だったと思います。

関山の財宝

羽前の国の旧車狂さん
日本の近代化、関山に数多く眠っているようですね。
トヨペットクラウンデラックスはオリンピックの前年からかな。
職場のバンがこれでした。
コラムシフトでギヤが抜けやすかったのだけ覚えてます。

No title

これはマニアックな沢に突入しましたね。
遡行記録のない沢ですが、春先には釣師が入っているようで、よく入口に車が駐車していますよね。

平凡な沢

SONEさん
凡沢でしたが、懸垂降下で満足しましたよ。
魚影は第一堰堤したまでで、その先は見かけません。
尾根筋へ到達したかったのですが、荒れていて断念です。

No title

ご夫婦の気合いの入り方がレポからヒシヒシと感じます。
我が家にも稽古をつけてください。

No title

mt.raccoさん
あらら、夫婦の気合ですか。
気合負けしていますね。(笑)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR