栗駒山・裏掛コースを辿る

【日  程】 2015.9/23(水)    【天 候】快晴
【行  程】6:45いこいの村跡~新湯沢渡渉点~8:10草地1200ピーク~ 8:40ドゾウ沢の土石流発生場所9:05~産女川源流~9:50磐井川源流~10:10東栗駒コース分岐~栗駒山~11:00天狗岩~11:15栗駒山11:50~12:00東栗駒コース分岐 ~東栗駒山~13:20新湯沢~13:50いわかがみ平P    【メンバー】 マロ7単独 
最近行った栗駒山は4年前の表掛コースの登山で、しばらく遠のいていました栗駒山です。
 裏掛コースは湯浜コースと取り残しておいた二つですが、是非とも歩きたいと思ってから、岩手・宮城内陸地震が発生しそのままとなっていました。
画像は耕英開拓地から見る栗駒山
DSCN1159_R.jpg


 
 歩くなら紅葉時期と思っていましたが、おっ家内が孫の世話で同行できないことから早速計画実行となりました。
 昔の栗駒山登山は、御室にある駒形根神社の奥宮を参拝するために行なわれ、 世界谷地にありました宿坊を発ち、御沢の表掛けコースを御室に向い、栗駒山山頂を経て裏掛けの道を駒ノ湯に下るのが当時の栗駒山登山だそうです。 
 昭和40年代半ばイワカガミ平まで車道が出来て短時間で山頂に立てるようになり、歩く人も少なくなった信仰の道、その頃の私は駒の湯から表掛コースに上り周回のコースでしたよ。
もう、6時半なのに山頂には人がおりました。イワカガミ平に車を置いて自転車で下ります。
DSCN1171_R.jpg

 今回の計画は、帰りの車をイワカガミ平に残して『いこいの村』の登山口から入山し裏掛けコースを登りに使い東栗駒経由です。
 イワカガミ平からは下りで3,8キロ15分の行程です。
DSCN1174_R.jpg

このコースは健脚向けだそうですが、軟脚な私でも大丈夫でしょうか。
DSCN1178_R.jpg

はっきりした入り口標示ですが、一発でここにはいけなかった。
DSCN1179_R.jpg

何でこんなコンクリートの階段があるのでしょう…??
DSCN1180_R.jpg

中は待合の腰掛とトイレもありました。あとで調べたらスキー場の施設だったそうですね。<納得>
DSCN1184_R.jpg

新湯沢を渡りますが、スパ長なので何処でも渡れます。
DSCN1186_R.jpg

それにしても、このコースは整備がされており標識と番号赤札が差してあります。
昔はヤブを歩くコースでしたが、整備された担当の方々に感謝いたします。
DSCN1188_R.jpg

登山道を登りふと目に付いたのがコレ、今まで見たことがないし化け物にしか思えなかった。
採るまでに至らず、帰ってからSONEさんと、みどぽんにいただいた教示が「ヤマブシタケ」。
刺身にできるそうだから、もったいないことをしたと…後悔する欲張りオジサンでした。
DSCN1189_R_201509241954454a5.jpg

次は形のいいナラタケ。(9・24お汁でいただきました)
DSCN1197_R.jpg

そして、ムキタケだと…形はそうなのですが何か変だった。でも、中身を裂いてみても黒筋はないからお土産でおっ家内はご機嫌だろうと…採取。でもね、おっ家内曰く、剥けないキノコだからムキタケではないって。
SONEさんと、みどぽんも毒のツキヨタケでお見通しでした。
柄の付け根がリング状になっておりこれは間違いなくツキヨタケなのでした。(爆失)
DSCN1204_R_201509242001061ff.jpg

このコース至る所に赤布があり、鐘があれば神社の参拝所みたい。草原に出ますと南の対岸からは車の音が盛んに聞こえてきます。
DSCN1209_R.jpg

振り返ると文字三山が見え遠くに泉ヶ岳も遠望できました。
DSCN1210_R.jpg


1200ピークを過ぎると北側の派生尾根はまさに錦秋の山肌が見えてきました。
DSCN1213_R.jpg

ドゾウ沢の源流部、1220m独標の尾根を越える手前でドゾウ沢の沢筋の高いところまで、土石流が流れた跡があります。
DSCN1222_R.jpg

キノコ採りしながらここまで約2時間でした。
DSCN1226_R.jpg

テレビで新聞で見ていた光景でしたが、この崩落場所に立つと言葉を失います。
2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震(マグニチュード7.2、奥州市と栗原市において最大震度6強)により、東栗駒山東面:ドゾウ沢の源流域が幅300m。奥行200mの範囲で地滑りを発生(地すべりの厚さは最大 30 m,土砂量 15万m3と推定されている)。
ドゾウ沢の右岸の駒の湯温泉を地滑りの土砂が土石流化して飲み込み、温泉旅館の宿泊客 と経営者・従業員など死者・行方不明者 7 名の尊い命が失われました。
この登山道は2013年に立ち入り禁止が解除され、道が整備されましたが、落石などには注意が必要な場所です。
DSCN1234_R.jpg

誰もいないと思ったら先行者??秋田出身の専○大のAさん。
就職戦線の最中、昨夜は笊森避難小屋に泊まり調査に来たそうです。
見立ては、安山岩質、もろい岩石が上部に層をなしており、地震で揺すられてこれが引き金に、黒い地層は泥、黄色は硫黄が混じってると…我はうなずくばかり。
DSCN1237_R.jpg


ドゾウ沢の崩落場所を過ぎるとお花畑の名残が…初夏にはヒナザクラが満開になるという御秘所だ。
DSCN1241_R.jpg

道中、木板があったので裏返してみたら懐かしい駒の湯の表示です。
DSCN1246_R.jpg

ドゾウ沢を振り返ります。
DSCN1247_R.jpg

雰囲気のいい尾根は紅葉が楽しめます。
DSCN1253_R.jpg

ナナカマドが赤い実を膨らませています。
DSCN1264_R.jpg

裏掛コースは笊森コースと合流し東栗駒コースに向かいます。笊森避難小屋はお茶タイムで3回行きましたが泊まりたい雰囲気のいい山小屋です。
DSCN1272_R.jpg

激写成功・手を振りましたが…。
DSCN1276_R.jpg

笊森方面、焼石岳も見えましたが写らない。
DSCN1278_R.jpg

東栗駒コース分岐の慰霊碑に合掌し山頂に向かいます。
遭難者のお二人とは年が近いこともあり、生きていれば良きおばあちゃんになっていただろうと…呟きました。
DSCN1283_R.jpg

山頂は間近です。
DSCN1284_R.jpg


山頂はかなりの混雑なので天狗岩へ行きます。
DSCN1298_R.jpg


山頂西側です。
DSCN1303_R.jpg


須川温泉も満車みたいで、かなりの方が登ってきます。
DSCN1308_R.jpg

秣方面。
DSCN1309_R.jpg

天狗岩で折り返し。
DSCN1321_R.jpg

やっぱり山頂まで戻り、ここで月見(生タマゴ持参)うどんにしました。
DSCN1324_R.jpg

山頂からの東栗駒方面。
DSCN1331_R.jpg

東栗駒コース分岐まで秋田弁を聞きながら同行を楽しみました。
「10円あったら2回会いましょう…」なるほど御縁が2回ね。
DSCN1341_R.jpg

やはり、栗駒山は東栗駒コースから見るのがいいですね。
DSCN1343_R.jpg

DSCN1350_R.jpg

東栗駒山から。
DSCN1356_R.jpg

新居沢を渡渉します。頭を横切るのは、いこいの村登山口から沢登りはどうかって…。
DSCN1366_R.jpg

イワカガミ平に到着です。
なかなか行けなかった裏掛コースは素晴らしいの一言です。
それなりにキノコも採れたし、静粛な山旅を楽しめました。
今度は、源頭部の雪田植物が咲き出す頃に来たいですね。
DSCN1367_R.jpg

ルート図ね。
裏掛栗駒

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あら、ニアミスでしたね。
昨日は9時20分には栗駒におりました。
このコースは3回ほど使っていますが、いつも長く感じます。
地震の傷跡も凄いですね。

激写

utinopetika2さん
やはりそうでしたね。
ウルトラビーム、届きましたか。
このコース、地震の傷跡に驚きながらも御秘所だと感じました。

No title

裏掛は去年11月に登りましたがとっくに紅葉は終了、今年は紅葉シーズンに行こうと考えてました。
実は今日予定してたのですが雨で中止。。
来週には行かないと、また枯葉見物になってしまう~

ヤマブシタケ

Yossyさん
やはり裏掛は今時が紅葉ですね。
日曜日は天気も回復でしょうからアタックしてはどうでしょうか。
逃すと、また枯葉見物ですね。
刺身にできるヤマブシタケ、わからなかったから手をつけないできました。
是非、お奨めします。(笑)

こんばんわ!

栗駒山の景色がこんなに変わってるとは!
真夏に行った東栗駒山から望む栗駒はマ緑でした。
やっぱこのアングルって最高ですよね。
今週は日曜日しか休みがなくて山は無理。来週末、紅葉狙いです。また須川からかな~(笑)ワンパターンですがここも大好きですね。

9月もわずか

とむかの さん
おはようございます。
こちら雨ですがコレから孫の運動会でぇす。
久々の栗駒山、錦秋の景色を見られて満足でした。
紅葉1200mくらいまで降りていましたよ。
須川からなら秣岳経由もいいですよ(笑)

No title

マロ7さんの二時間前に山頂に僅かな時間だけ滞在していました。
この日はutinopetika2も登られていたようで、栗駒は盛況でしたね。

No title

紅葉の栗駒はやはり良いですね。
それにしても、この日皆さんが栗駒だったとは。
私は飯豊の疲労回復の日でした(^^;)

紅葉最盛期

SONEさん
まさかこの日が栗駒だったとは…。
須川コースと東栗駒コースからの景観は丸っきり違いますね。
私も混雑の山頂を通り過ぎて天狗岩へ、でも結局、山頂へ戻りました。
utinopetika2さんは下界を見ていたのかな。

天気良いで

morinoさん
栗駒は山岳部に入部する前、単位取りに登った山ですから懐かしいですね。
やはり、この快晴と紅葉ではここに集中するしかないですね。
飯豊の疲労は疲れましたかな。(笑)

No title

23日は山頂が真っ赤だったんですね
私は27日に登ってきました。
赤い紅葉が美しく感動しました。
あの沢、ナメが綺麗で沢登り・・・同じこと考えました。

新湯沢

NONさん
しばらくです。
23日は久々に栗駒の紅葉を堪能しました。
27日は天気が回復してもいい天気になりましたね。
新湯沢、登山道にはロープが張られていましたが、下から遡上するのは別にいいかもと…。


プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR