大東岳周回

【日  程】2015年10月2(土)   【天 候】晴
【山  名】大東岳 1365.8m 
【行  程】7:50登山口P~8:37立石沢~9:40標高点~10:30鼻こすり~10:50大東岳11:15~11:40弥吉ころばし~12:50樋の沢出合13:20~石橋分岐~裏磐司展望所~15:48登山口P
【メンバー】おっ家内、マロ7   計2名
 
おそらく10年ぶりくらい?久しぶりのに大東岳へ行ってきました。
県内では登山口から山頂までの標高差が1000mを超えるのはあまりないですね。
おっ家内は未踏だし、近場だし、朝寝でしてしまい、決行です。
DSCN1557_R.jpg
登山口には乗用車が数台(県外ナンバー車も)止まっている。
今日は表コースを登り、裏コースを下山周回する予定です。
大東岳山頂へ5.3km(表コース)8.6km(裏コース)
登山口から右へ進むと表コース(山頂まで4時間)、左の林道が裏コース(山頂まで5時間)の表示板があります。
DSCN1565_R.jpg


杉植林地の中を登ると左下に沢が見えます。小行沢で昨年、おっ家内が沢登りデビューした沢です。
そして登山道は沢に合流し、渡渉します。
DSCN1568_R.jpg

キノコ採りのおっさんが、さっぱり採れないと戻ってきましたが、早速、カノカをいただきです。
DSCN1573_R.jpg

ここ、見覚えがあるっておっ家内…そうです沢を遡行した後は昨年はここを戻ったのですよ。
立石沢、 本小屋から2.3km、山頂へ3.0km
DSCN1576_R.jpg


ようやく展望が出てきました。まだ5合目って、登りはまだまだ続くんだよ。
山頂まで2.1km、 山頂から南東方向に伸びる尾根は色付きが始まったばかりです。
DSCN1580_R.jpg


分岐着、 山頂へ1.9km。
鹿打林道分岐点の表示板が立っている。右に下ると穴戸沢林道を経て野尻に至るが未踏である。
DSCN1582_R.jpg

 標高点着、 山頂へ1.6km。
1019mという半端な標高が書き込まれた表示板が立っていますが、傍らには標柱ある。
DSCN1586_R.jpg

黒伏山塊の柴倉山をズーム。
DSCN1592_R.jpg


おっ家内が率先して藪漕ぎしたと思ったら、ナメコでしたよ。
DSCN1597_R.jpg

さあ、ここから急登の始まりですよ。
 八合目からは鼻こすりの急登が始まります。
このコースきつい登りが、それは山頂までの距離が5.3km、登山口の標高が370m、山頂が1365.8mだから標高差が約1000mもある。…たっぷりの汗でだらだらになりながら鼻こすりを登ることになります。

DSCN1599_R.jpg

鼻こすり坂なのに…
DSCN1602_R.jpg


鼻がこすれねぇ~つて????鼻が高くないんだよって、言ってしまったのは…後の祭り。
DSCN1605_R.jpg



山頂付近は色付いてきましたよ。
DSCN1608_R.jpg

誰もいない大東岳山頂っへ到着です。
DSCN1614_R.jpg

山頂からの遠望はマズマズでした。やはり目が行くのは、面白山東端の「矢尽」。
DSCN1611_R.jpg

DSCN1627_R.jpg




少し遅れておっ家内到着、キノコ採りながら3時間で登ってきたのだから、合格点あげます。
DSCN1617_R.jpg

合格点の記念写真だよ。
DSCN1619_R.jpg

山頂の祠と石碑、色んな人の名前がありますが…判読不能。
DSCN1620_R.jpg


面白山駅から登ってきた彼氏、美味しそうにカップ麵を楽しんでいました。
下山はまた、面白山駅に戻るそうで、若さが羨ましいですね。
DSCN1623_R.jpg


弥吉ころばしへ向かいます。蔵王は雲のようでやはりこちらが良かったね。
DSCN1637_R.jpg


弥吉ころばしから、「奈落の底へ」みたいに急斜を降ります。
本来の弥吉ころばしはここではないと、何かの本で読みましたが…。
DSCN1662_R.jpg


ここからの俯瞰は高低差もあり、県内ではトップレベルの景観です。
DSCN1646_R.jpg

やはり、あの笹薮を歩きたい衝動が起こるネ。
DSCN1660_R.jpg


弥吉さん、また来る日までさようなら。
DSCN1671_R.jpg



絶対にここのブナ林の紅葉は最高だと思う。10年前にそう思って、今も変わらない。
DSCN1679_R.jpg


そしてブナシメジがお出迎え。
DSCN1690_R_20151005212107a61.jpg

樋の沢避難小屋で軽い昼食です。
DSCN1696_R.jpg

立派な手すりが山奥にあります。当時の宮城県は、健康育成に費やしたのですね。
中学の全校遠足で樋の沢避難小屋(当時はなかった)まで行った記憶がある。
DSCN1704_R.jpg

深まり行く秋を愉しみながら、次はあのコースを歩きたい。
DSCN1716_R.jpg


ブナに食い込む標識、往時はトラックが通り林業(地場産業)に寄与したんだろうね。
DSCN1731_R.jpg


キノコもそれなりにいただき、おっ家内、見事大東岳周回を完歩です。
DSCN1732_R.jpg

ルート図です
大東ル^と

コメントの投稿

非公開コメント

大東岳に行ったんですね。
やることが素早く尊敬してます。
面白山高原からの青年が居たとか、権現様峠からの上りは、はなこすり以上の急斜面です。あの距離を往復するとは感心します。
多謝!

No title

あれれっ、おっ家内さん大東岳は未踏でしたか。
これは意外でした。
キノコの収穫もあり充実した山歩きになりましたね。
今まで大東岳ではあまりキノコに当たった試しがないんですよ。

面白山駅

津久井さん
やっぱり刺激があったので、弾みで行ってきました(笑)
熊ヶ根駅みたら自動券売機がありましたので納得です。
大東岳から面白山駅へは次回に持ち越しです。
面白山高原からの青年は弥吉ころばし経由で周回していきました。
権現様峠からの登りはやめて、くだりましょう。    深謝!

大東のキノコ

SONEさん
おっ家内の大東岳は大事にとっていたのです。(笑)
まだまだ宮城には未踏の山がありますよ。
ナメコとブナシメジ だけでしたがまさか、登りで採れるとは思いませんでした。まさかのキノコの収穫、帰りはリックが少し重かったです。

一度、登りたいです

大東岳は一度、登りたい山です。
二口峠開通時、トシヒコさんに頼んでみます。

記録の、あの笹藪・・・(写真)は、
南の無名峰から南面白山を見た写真ですか?。

体力ある~!

大東岳と甑岳、連チャンとは!驚き!
若い・・・・よく体力持ちますね、大東岳登ったあとは酷い筋肉痛だった記憶があります(笑)
ワタシもまた登りたくなりました!
おっ家内さんにもリスペクト!
3連休どこの紅葉見に行くか、幸せな悩みを抱えてます♪

笹薮の稜線

okusanさん
大東岳は宮城の岳人にとっては一入の山です。
表高差1000mは耐力のバロメーターかな。
二口峠からでは、かなりの距離ですね。
笹藪写真は、弥吉ころばしから見た南面白山ですね。
笹藪写真の前のパノラマ写真の右端ですね。

耐力だけかな

とむかのさん
年をとったので、体力がなくなり、あるのは耐力ですかぁ~!
大東岳と甑岳の標高差は倍の開きでしたね。
もう、筋肉痛から遠ざかった老体があります(笑)
おっ家内、獲物(キノコ、山菜)があるとブレーキが壊れますだ。
3連休の、幸せな悩みがいいですね♪
私は、蔵王の裏表かな。

No title

紅葉の大東岳、良いですね。
随分昔に紅葉を楽しんだことを思い出しました。
初めて猿と遭遇したのもその時です。
面白山駅から大東岳、歩いてみたいですね。

No title

初めまして。仙台市在住者です。大東岳は何回か登りましたがハードな山ですよね~。キノコはかなり見かけますが素人には敷居が高いので手をだずじまいです。因みに広瀬川沿いに住んでますが自宅前の川岸にはアミガサダケが群生しています。

南面白山

morinoさん
紅葉の大東岳はこれから、樋ノ沢は私のお気に入りですね。
小東岳から南面白山への笹ヤブ稜線に釘付けになりました。

二口の盟主

晴釣雨読 さん
こちらこそ初めまして、よろしくお願いいたします。
大東岳は体力の目印になり山ですね。
キノコ採りながら3時間は満足してます。
キノコは代表的なものしかわかりません。
特に土に生えるキノコは自信ありません。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR