友と登る三方倉山

【日  程】2015年10月25日(日)     【天 候】曇、雨 
【山  域】蔵王・二口山塊三方倉山<971.1m> 
【行  程】三方倉山登山口~ブナコース~ブナ平~石組~三方倉山頂上~姉滝分岐~三方倉山駐車場
【メンバー】マロ7/康さん、喜さん計3名  

大東岳の前衛峰である三方倉山はお手軽に登れて静寂な山歩きが楽しめます。
今日は年2回目の山岳部登山…であるが…雨模様は誰か雨オジサンがいるんだ。
DSCN1941_R.jpg
よって、近場で雨を覚悟で登る山はやはり三方倉山になった。
一人が足らないって、某所でコック長するからって…。
DSCN1946_R.jpg


大行沢、小行沢入渓点を見ながら、雨の中を進みます。…(^^)/
DSCN1949_R.jpg


早速、クリタケ登場です。
DSCN1950_R.jpg

ブナ平の一本ブナ…紅葉が始まったばかり。
DSCN1952_R.jpg


いつ来ても惚れ惚れする頼んだようにできた石組み、急登のはじまりです。
DSCN1959_R.jpg

800mから紅葉がまばゆくなってきた。
DSCN1963_R.jpg

今夜はナメコ汁と思って望んだ三方倉山でしたが、いつもの場所にはキノコひとかけらも無かった。
DSCN1965_R.jpg

三方倉山頂上では雨が降ってきたので撮影のみ。
DSCN1967_R.jpg

そそくさとシロヤシオコースを下山、キノコ物色したが皆無でした。
DSCN1969_R.jpg


大東岳が顔を見せてくれました。
DSCN1972_R.jpg

大東岳をバックに写しましたが…。
DSCN1978_R.jpg

でもね、キノコは待っててくれましたよ。
DSCN1986_R.jpg

河原では芋煮会、ヨダレを垂らしながら通過…。
DSCN1988_R.jpg

私らもキャンプ場にて、懇親会。
DSCN1992_R.jpg

メーンは卵キノコウドンでした。
DSCN1991_R.jpg

秋保のサイチで夕食材料を仕込み向かったのは青根温泉の某別荘へ。
DSCN1993_R.jpg

早速、カンパ~イ。
DSCN1997_R.jpg

キノコ鍋、私は箸を持ってただけでした。
DSCN2001_R.jpg

クリタケの大根おろし。
DSCN2002_R.jpg


クリタケのバター炒め。
DSCN2003_R.jpg


気仙沼の「別格」というお酒はうまかった。4人だからひとり2.5合、あっという間に空っぽ。
DSCN2012_R.jpg

昔話に花が咲き、今宵は更けていった。
明日は、私だけ早起きして蔵王の御秘所へ行くのです。
DSCN2009_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

行ってみたいです。

マロさんこんにちは。
三方倉山に興味があったのですが,ぶな林あり,石垣のような岩壁ありの楽しそうな山ですね。ぜひ行ってみたいです。
きのこづくりの料理も羨ましいです。その上,秘所に行かれたなんてますます羨ましい限りです。またそのうちお会いできることを楽しみにしています。

男の料理

八木山さん
おはようございます。
そしてしばらくです。
三方倉山は手軽に登れる楽しい山ですね。
降雪までチャンスがありますからお奨めいたします。
おんつぁん達の手料理、楽しく飲食し次は新年会です。
蔵王の御秘所は、うなずくしかない景観ですよ。
いつ、お会いできるでしょうかな。

No title

雨の三方倉山、ご苦労様でした。
別荘でキノコと日本酒三昧は羨ましい限りです。
同窓会は盛り上がったでしょうね。

雨おんつぁん

morinoさん
雨の三方倉山、やはり雨のときはここしかない。
別荘では翌朝が早いので優等生でお酒をいただきました。
次の同窓会は新年会ですね。:
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR