南蔵王・幻の3沼へ

南蔵王・「幻の3沼」を辿る幻のオジ山道中!(^^)!
【日  程】2015年10月12日(月)  【天 候】快晴~曇
【山  域】 南蔵王西側・幻の沼
【行  程】 ライザスキー場付近・朝日展望台~横川堰~第一沼~第二沼~第三沼~往路戻る~ライザスキー場付近・朝日展望台~~~~~~~ 
【メンバー】 okuさん、南陽さん、マロ7 計3名
【幻ノ沼とは】
南蔵王・芝草平の西側に位置する、3カ所からなる沼を指します。
上山市土地改良区の資料では、1沼はマタブリ沼、2沼は丸沼、3沼は大沼と呼ばれています。
地図上1300m台に均等に並んでおりますがルートもなく、原生林の中の静寂境にある沼を、3年前に連れて行ってくれましたナマステ隊長が〔幻ノ沼〕と名付けています。
ナマステ隊長、曰く…南蔵王の秘境と呼ぶ、幻の沼に踏み込んで5年、テーマの一つとして、探索(幻ノ沼~岩峰群~天狗平~杉ケ峰、)」そんな男のロマンは、未知の危険と深い藪との格闘だそうです。(^O^)…ということを思い出しました。
ナマステ隊長、お元気でしょうか。

幻沼
7時半に集合場所について天ぷらウドンを温めていますと、初対面のokuさん、南陽さんがやって来た。
挨拶を交わして準備に取りかかる。
今日の目的地の幻の沼は3年ぶりの訪問、
もう幻の沼へは行けないだろうと思っていたところへokuさんより同行コールがありひとつ返事で了解した。
DSCN2059_R.jpg


刈払いされた紅葉のブナ林の中を一路、横川堰へ向かう。
DSCN2060_R.jpg

山葡萄を食味、うまい。
DSCN2063_R.jpg

アケビをokuさんから採っていただく。
DSCN2064_R.jpg

横川堰に到着。このトンネルを通じて、水が宮城から山形へ引かれる。
DSCN2069_R.jpg

それにしても、文政4年(1821年)に中生居村の庄屋、七代奈良崎助左衛門が蔵王横川の分水を計画、山に登り絵図面を作成します。7年後の文政11年、伊達藩角田役所に分水許可の嘆願書を提出するのですが再三にわたり提出するも分水は認められないのです。
計画から47年後となる明治元年には伊達藩角田役所より上山藩へ分水謝絶の通知がありります。
時代が変わって明治12年(1879年)に、関山、栗子トンネルを造った山形県令三島通庸が登場します。
三島は宮城県令松平正直を楢下宿に招いて直接交渉し、あしかけ58年かかって分水の許可が出ます。
それにしても、鬼県令と呼ばれた三島通庸がここにも登場、民意を実現させた実力と先見の目には頭がさがります。
詳しくは、ネットで横川堰を調べてください。
DSCN2066_R.jpg

助左衛門堰跡を過ぎ一枚石沢へ向かいます。
DSCN2070_R.jpg

一枚石沢を俯瞰します。
DSCN2074_R.jpg

一枚石沢、来年はこの沢を遡上してみようかな。
DSCN2083_R.jpg

一枚石沢はコンクリート上を流れます。コンクリート下は二つ石沢から分水して流れてきます。左の流れは一枚石沢からの分水。
DSCN2084_R.jpg

この分水トンネルは先ほどの横川堰へ通じるのです。
DSCN2080_R.jpg

途中の分水ピット。
DSCN2088_R.jpg

ブナ林の紅葉。
DSCN2089_R.jpg

二つ石沢、この下はナメ滝でした。
DSCN2091_R.jpg

ナメ滝を見る。
DSCN2094_R.jpg

ヤブですが、以前よりピンクテープが増えました。
DSCN2097_R.jpg

そして、ナメコさんが出迎えです。
DSCN2099_R.jpg

第1沼であるマタブリ沼到着。
DSCN2102_R.jpg

幻の第1沼(マタブリ沼)に到着。水面は20×80mくらいか。
ここは清流となって川が流れバイカモが揺れ動いている。
東側には紅葉となった崖、そしてあの向こうは杉ヶ峰からの廃道となった破線が気にかかる。
DSCN2106_R.jpg


マタブリ沼のパノラマ
DSCN2107_R.jpg


1沼から2沼までは沢を遡上する。前回の時よりも水量が多いのでスパ長でギリギリ。
DSCN2110_R.jpg


幻の第2沼(丸沼)に到着。水面は20×50mくらい、名前のとおり丸く感じる。
ここはこ周囲にブナ林に囲まれ、こじんまりとした感じ。
DSCN2111_R.jpg


丸沼のパノラマ
DSCN2112_R.jpg

2沼から3沼まではガサヤブ漕ぎとなる。3沼には西側を回るように出たがヤブ漕ぎ地図読みに慣れていないと大変だろう。
時おり、質のいいムキタケを袋に入れて進むが、立ち止まり振り向くとムキタケが落ちてる。
アレッ、袋が破れて殆どが無くなっていた。(^^)
写真を撮り損ねたが、今まで見たこともない巨大ブナをみた。
DSCN2113_R.jpg

幻の第3沼(大沼)に到着、沼畔にはこれまた巨大な落し物があった。
大沼は一番大きい沼で半分はカススゲという枯草で覆われて、将来は谷地となって裸地化するのであろうか。
画像は沼の北西側から南東側を撮影。
DSCN2116_R.jpg

大沼のパノラマ
DSCN2118_R.jpg

回り込んで大沼の南側に立つ。今日はこの絶景を見にきたのです。
蔵王連峰は色んな顔があるけれど、神秘と静粛を兼ね備えた御秘所です。
前山、杉ヶ峰の西側に立つ岩峰と沼が素晴らしい。
DSCN2123_R.jpg

北側を望む大沼のパノラマ
DSCN2124_R.jpg

そして見たものは…。
DSCN2120_R.jpg

ナマステ隊長が言ってた「、芝草平の西側岩峰の「幻の滝」をズーム
DSCN2121_R.jpg


帰路はキノコ目になりながら…。
DSCN2132_R.jpg

時には、巨大な。
DSCN2135_R.jpg

香りのいいキノコでしたがわからず
DSCN2138_R_20151016071728f38.jpg

振り返ると南屏風岳の北西斜面、あそこにはBー29の一番機が眠ってるのです。
DSCN2145_R.jpg

駐車場に戻りご苦労様でした。秘境探索の、にわかオジサンチーム、楽しく歩かせていただきました。次はあそこですね。
往復14キロ、累積標高604m、7:18の行動でした。
ルート図は秘境ということでアップいたしませんのでご了承ください。(^_^)
DSCN2149_R.jpg

あっ、忘れました。収穫のキノコで、毎日がキノコ料理の洪水です。(^_^)
DSCN2151_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらも近々行く予定なんです。
あの隊長の体調は如何なのでしょうね。

お疲れ様でした

 ありがとうございました。
南蔵王の大自然、静寂・神秘な沼を探訪出来て思いが叶いました。

 きのこ結構有りますね。自然物は最高ですね。

 又の山機会、宜しくお願い致します。

幻の3沼

utinopetika2 さん
近々行く予定ですか。
2沼から3沼へはヤブ最好挑。
隊長さんへメールしましたよ。

幻の3沼

okusan
こちらこそ、ありがとうございました。
私はもう2度と行けないと思ってたので、ひとつ返事しました。
次はスムーズに行けそうですね。
幻の3沼、残しておきたい秘境ですね。
お陰さまで、副業もでき美味しくいただいてます。
次を楽しみにしております。

No title

おー、良いところですね。
機会があれば行ってみたいところです。

いい場所です

morinoさん
蔵王の御秘所ですよ。
身を清めていてくださいね。(・・)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いいですね~

こんなに素晴らしい所、行かせていただき感動しました。
南蔵王に行くたび、この下に沼が有るんだろうな~
行きたいな~
いつも思いながら眺めていました。
杉ヶ峰から見降ろす風景はこんなにも懐が広い所だとは思いませんでした。
 
 また色んな情報を教えて頂ければと思います。

蔵王の秘境

トシヒコ さん
私も初めて行った時は、息を飲みましたよ。
色んな蔵王の景観でここがナイスです。
南蔵王の稜線からは幻の3沼は見えませんが…見えないところがいいのですね。
杉ヶ峰から見降ろす西側には天狗平の池沼群がみえますね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR