オボコンベ…秋の裏街道を辿る

【日  程】2015年10月24日(土)     【天 候】晴れかな?
【行  程】 9:50栃原・尾根ルート登山口―滝倉沢 ―西の森沢 滝 ―11:20止め滝 ―11:30・尾根 ―11:55オボコンベ・マンモス岩12:40 ―鞍部 ―熊の昼寝坂 ―13:30桐の目山13:35 ―14:00鉄塔14:10 ―14:50林道・作業小屋1―15:00オボコンベ山登山口 ―15:00栃原・尾根ルート登山口
【メンバー】 マロ子/おっ家内/マロ7   計1匹と2名
マロ子の秋山デビューです。
今朝は所要があって出遅れ、夕方に川崎町でこれまた所要があるので、しばらく行ってないオボコンベ山へ決定です。
「オボコンベ裏街道」とはマロ7が勝手に命名しました。
2012年11月25日に訪れていますが、このルートは栃原の染色家「由季」さんの所から沢を遡上し585ピークに辿りオボコンベに至ります。深野稔生さんの著書1999発行「宮城産土の山を行く(山でタコに合う)」でこの沢の遡上を書いてあります。

秋保温泉の「さいち」で食料確保しようと寄ったらごらんの行列で取りやめ。
DSCN2448_R.jpg

栃原の染色家「由季野」さんの所を過ぎ橋を渡れば左手の道路が広くなっています。
DSCN2449_R.jpg

駐車場に着くと1台の車が駐車していました。、
マロ子は泉ヶ岳でダニにやられてから久々のお山です。
DSCN2450_R.jpg

駐車場から南に進むと渡河です。(^^;)
DSCN2451_R.jpg


マロ子、軽快にナメ沢で滝倉沢を歩きます。
DSCN2456_R.jpg


最初の二俣は、ここを左俣に入ります。
右俣の山居沢は直接オボコンベに突きあげており、最後は超急峻な土壁に阻まれてしまい、尾根に抜けるのはかなり危険です。
DSCN2460_R.jpg


ナメの沢は続きます。各所で土砂崩れが起きていて、倒木の乗り越えに苦労するところも出てきました。
DSCN2461_R.jpg


次の二俣は、ここを右俣の西森沢に進みます。
左俣の山居沢は直接三森山突きあげており、最後は猛烈なヤブだとか…。
DSCN2464_R.jpg


キノコはないなぁ~と思ってたら少しばかりのムキタケがありました。
DSCN2470_R.jpg

源頭近くに10mと6mの滝(水無し)が連続して出てきます。
マロ子、滝を途中まで登りましたが、爪をたてても滑って撃沈しました。
DSCN2481_R.jpg


高巻きすれば簡単に通過できますが、最初の10m滝が登れるので、右壁から登って立木にロープを巻いて後続を引き上げます。
DSCN2483_R.jpg


前回のときは最後の滝から右尾根へ上がりました。今回はそのまま源頭まで突き上げ尾根へ辿ります。
桜の倒木にムキタケが付いていましたよ。
DSCN2487_R.jpg

三森山からの稜線はヤブ道となり不明です。笹薮なのでマロ子を肩に乗せてダニ対策。
DSCN2493_R.jpg

589m独標の脇を通り過ぎると、その途中でオボコンベの岩塔が梢越しに望めます。
DSCN2498_R.jpg


オボコンベ山゙ルートに出ると素晴らしい展望が待っていました。
DSCN2500_R.jpg


木を掴んで攀じ登ると尾根コースに合流、もう少しで全方位展望のオボコンベに到着です。
DSCN2503_R.jpg

山頂にはひとりの男性登山者が休んでいました。
展望の良い山頂から四方を見渡す。一番目立つのは端正な三角形をしている桐ノ目山である。
DSCN2513_R.jpg


DSCN2512_R.jpg


彩雲かな。
DSCN2521_R.jpg

マロ子、マンモス岩に挑戦しようとしましたが、ただちに撃沈す。
DSCN2530_R.jpg


マンモス岩から、一旦鞍部に向かい桐ノ目山へ辿ります。
DSCN2534_R.jpg

DSCN2537_R.jpg



急坂を登ると展望のない桐ノ目山です。
DSCN2546_R.jpg

桐の目山頂は風強し、休まないで退散。
DSCN2557_R.jpg

生きのいい、ヌメリスギタケ。
DSCN2560_R.jpg

鉄塔下で梨だけをいただき、昼飯は無し。…(?_?)
DSCN2566_R.jpg


アレッ、つり橋がない。
DSCN2569_R.jpg

林道に出て一安心です。
DSCN2571_R.jpg


オボコンベ登山口を過ぎて、東に30分弱歩くと駐車地点に戻りました。
今回の滝倉沢から西森沢コースは一般ルートではありません。
道標は一切なく道はもちろんありませんし、一部で滝を登り、倒木地帯を数か所越え、落石の危険性もあります。読図やルートファインディングが要求されます。
DSCN2575_R.jpg

宮城の鋭鋒です。
DSCN2583_R.jpg

ルート図、前回に追加です。
blog_import_5379e51ca9c34[1]


おまけ…夜の部は川崎町、R286沿いにある「木勘坊」さんへ。
「一品持ち寄り会」食事(飲み会)と歌の会に参加です。
DSCN2591_R.jpg

今日も、楽しい一日でございました。(笑)
DSCN2611_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

紅葉も楽しめてマロ子ちゃんも満足の山でしたね。
橋が無くなってしまいましたか。渡渉は?

桐の目山の紅葉

morinoさん
オボコンベから見る端正な桐の目山の紅葉は、好きなアングルです。
橋が無くなって…こんな時はスパ長の活躍です。
マロ子も久しぶりの山で元気に右往左往でした。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR