三階の滝と不動の滝で晩秋三昧

宮城岳連・遭難対策訓練 兼 沢登り講習会に参加してきました。
日時:平成27年10月31日(土)~11月1日(日) 1泊2日
場所:宮城県蔵王自然の家(ロープレスキュー講習・自然観察会)
澄川支流 小阿寺沢(初級沢登り講習) 
13:00蔵王自然の家→自然研究路→13:25木の橋(澄川)→13:45舟石(ふないし)→自然研究路→14:00三階の滝(澄川淵)→自然研究路→15:00不動滝15:00→戻る→16:45蔵王自然の家     所要3時間45分
12時半に集合し、開講式を行い、午後の行程は三階の滝と不動の滝のピストンです。
DSCN2641_R.jpg

早速、自然観察会ということで、三階の滝と不動の滝コースの現況を確認します。
DSCF1168_R_20151102212639e3c.jpg

蔵王自然の家の北側には観察路が沢山設けられておりますが一路、澄川に向かいます。
DSCF1172_R.jpg


澄川の対岸は雨に濡れた鮮やかな紅葉が待ってました。
DSCF1173_R.jpg


木橋を渡ります。
DSCF1177_R.jpg


澄川の左岸を歩きますが、気分は自然観察会なので当然、みんながキノコ目。
DSCF1181_R.jpg

「船石」にて、山ガール登壇。
DSCF1185_R.jpg

雨の中を進むと鮮やかな紅葉の間から、三階の滝が現われた。
DSCN2646_R.jpg


三階の滝は数年前に4人で遡上して途中で「落石」最後尾の私は立ち止まり、目の前を大石がすっ飛んで行った。
先行の3人は、てっきり落石で私は落下したと思った。何秒かして岩陰から顔を出した私を見て先行の3人は、胸をなでおろしたことがあった。だから、この三階滝コースは私の鬼門としている。
DSCN2662_R.jpg


三階の滝をバックに、山ボーイもいたが、山オジだな。
DSCN2654_R.jpg

三階の滝の説明。
澄川(すみかわ)の支沢にかかる三階の滝は落差181㍍、幅7㍍、滝つぼ12㍍とされ、三段に落ちる壮大な段瀑は日本の滝百選の一つに数えられています。
DSCN2656_R.jpg

三階の滝までのコースは普通の登山道ですが、やはり荒れてきた。
人工的な切通しの壁があって、昔はかなり整備されていたらしい。
DSCN2666_R.jpg

崩壊場所はロープ展長して安全確保。
DSCN2670_R.jpg


やがて前方に大きな瀑布が現われた。左の柱は往時の標柱でボルトが残っていた。
DSCN2673_R.jpg

真夏だったら水浴びをしながら遡行でしょうが、寒い。
DSCN2676_R.jpg

ようやく訪れることができた不動の滝、豪快に水を落としていた。
澄川中流にある不動滝は 蔵王山中の瀑布の中でも、もっとも規模が大きく、高さ54㍍、幅は16㍍有り、青根あおね温泉、峩々ががぁ温泉、遠刈田とおがった温泉の効能を生み出していると言われ、不動滝の大ウナギとカニの伝説が残っている。紅葉の名所です。
DSCN2691_R.jpg

帰路は山ブドウにも目がいった。
DSCN2704_R.jpg

秋田の名勝沼にウィルソン桂なるものがあるが、規模は小さいものこちらも見事である。
DSCN2712_R.jpg

ヤング山ガールの鎌○さん、茶目っ気を出しましたど。
DSCN2714_R.jpg

澄川の木橋はこの前の豪雨で位置がずれたようです。
DSCN2724_R.jpg

ヘッデンなしで自然観察会を終了です。
三階の滝から不動の滝へ至るコースは崩落箇所もあり一般者の入山はお奨めできません。
不動の滝は一見の価値がありますが、整備されてからの方が無難です。宮城県当局の努力を願うものです。
DSCN2729_R.jpg

夕食は健全に、上級ヒレカツと蔵王米、美味しくいただきました。もちろんお代わりです。
DSCN2735_R.jpg

風呂に入るまでは座岳(学)のロープワーク、今回は蝶結びも登場し私の出番でした。
DSCN2737_R.jpg

風呂に入ってからはロープレスキューと盛りだくさんです。
DSCN2740_R.jpg

澄川自然研究路は、見事なミズナラの巨木と今が盛りの紅葉に目を奪われます。
雑木林に水滴の光が眩しく輝き、木の葉の彩りが鮮やかでした。
でも、倒木と崩落が数ヶ所あり、整備を必要とする箇所がありロープを展張し安全確保を行うことが肝要です。
三階の滝は澄川から距離があり 迫力と全体が見れないことは、エコーライン沿いの滝見台からの展望がいいかな。
澄川本流に架かる不動滝は、ごうごうと音を上げ 水しぶきを拡散し、滝壺へ落ちる水流は圧巻で、これぞ蔵王の滝と感じました。。

22時消灯、清く正しく美しくの「蔵王自然の家」でございました。(エッヘン)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR