七ツ森の題目塔

【日  程】2015年11月28(土)   【天 候】晴→曇
【メンバー】maro7.マロ子
【コース】9:05南川ダム下P~ムーミン谷入り口~9:45たがら森~10:15遂倉山~11:00鎌倉山~11:30キツネノカミソリ広場~金太郎道~11:50南川ダム湖畔~12:10南川ダム下P

タイトルの題目塔(だいもくとう)は、南無妙法蓮華経と刻まれた、鎮魂を目的とする供養塔だそうです。
そして、七ッ森の題目等の設置の謂れは、2013年1月20日(日)の「冬の七つ森3山」にアップしています。
http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-326.html


お山は一変して雪化粧してしまいましたね。
雪の来ない前に主脈をねらってましたが、色んな計画がオジャンになりました。
鶴巣から見る七ツ森、泉ヶ岳、船形連峰。
DSCN3569_R.jpg
¥夕方は「お山の忘年会」なので近場のお山に行こう。
おっ家内は反逆し「新寺小路の市」行くと言う。
で、マロ子はどっちって…引っ張り合い、ご馳走のあるお山に行くって。
DSCN3571_R.jpg

秋に行けなかった長倉尾根のルートがわかる。その下の尾根は1027m標高点の峰で沢を遡上して到達した場所だろうか。
三峰山は真っ白になっていた。
DSCN3574_R.jpg


最初はたがら森から登る。斜面の角度は45度と急ですな。
DSCN3575_R.jpg

今日登る3山が並ぶ。マロ子は意気揚々だ。
DSCN3578_R.jpg

春には満艦飾になるムーミン谷手前から左に入る。
DSCN3580_R.jpg

たがら森に至るルートは地図上に記されていないが、テープが目印だ。
先行したマロ子からソフトボールくらいの石が飛んできた。
DSCN3582_R.jpg

たんがら森山頂には新しい碑が建っていた。
DSCN3586_R.jpg

急斜を下り、急斜を登る。正面にはこれから登る遂倉山が鎮座、里山は標高がない分、急だからもう汗だくとなる。
DSCN3587_R.jpg

分岐に到着、マロ子はダニもいないし、暑くもなく快調です。
DSCN3589_R.jpg

遂倉山に到着。
DSCN3590_R.jpg

山頂に薬師如来の坐像が鎮座しています。江戸時代に、山麓を領地とする仙台藩の家老・但木氏の家臣・八巻親子が、七ツ森の峰々に担ぎ上げたという石仏のひとつです。石碑の上に鍵がありました。
無くした方が見てればいいな。
DSCN3591_R.jpg

マロ子をリックに結んで裏手に回ると…以前は社があったのですが朽ち果てて…、今まで気づかなかった石碑がありました。
DSCN3596_R.jpg

あれっ、これは今から辿る鎌倉山中腹の石碑と同じですね。…ということは、七ツ森山中にはふたつあるんですね。
DSCN3598_R.jpg

少し下って東斜面を俯瞰、おっ、ここルートはありませんが下から登れる気配です。
DSCN3600_R.jpg

マロ子が、置いてけ堀されたと思い、かん高い声で鳴く、急いで戻った。
DSCN3593_R.jpg

遂倉山中腹からみた泉ヶ岳と北泉ヶ岳。
DSCN3603_R.jpg

鞍部に降りての登り返し、マロ子に引かれ登って行くと「題目塔」が鎮座していた。
DSCN3604_R.jpg

ここの「題目塔は」、鎌倉山方山頂から北側へ少し下った尾根上に自然石を利用して彫られている。
高さ2メートルはあるだろうか自然石の正面に、『南無妙法蓮華経』と彫られ、150センチの日蓮宗独得の髭題目の磨崖題目塔である。
脇には「天保十三壬寅年(1842)廣潤山拾七世 但木成之代建之」とある。仙台藩家老の但木に代わって、廣潤山の住職が建てたというのである。
江戸末期の「戊辰戦争」は東北にとっては悲惨な戦争であった。賊軍を汚名を着せられ奥羽諸藩、仙台藩は但木土佐はじめ坂英力、玉虫左太夫など有能な方々が責任を取らされたことから、残された方々は戦後処理に難儀を来たしたと思う。
DSCN3608_R.jpg


鎌倉山山頂には、同年代のギャルが3名、一瞬マロ子を見て熊だと思っただろうか。スミマセン(´・Д・)」
マロ子は、褒美をいただくと静かになる。ヾ(o´∀`o)ノ
DSCN3616_R.jpg

キツネノカミソリ広場に出て、名残のムラサキシキブと対面。
DSCN3620_R_201511291959100b5.jpg

さてさて、ここから七ツ森湖畔出るのだが、以前から気になっていた道が刈り払いされているので左に進み道草をする。
DSCN3622_R.jpg

快適な道は色んな表示があったが、金太郎の道というようだ。
DSCN3631_R.jpg


名残の紅葉を見て。
DSCN3637_R.jpg


湖畔に出た。ここは今まで歩いたことがなかったので知らないはずだ。
DSCN3639_R.jpg

マロ子、今日は堂々と橋の端を歩いている。
DSCN3646_R.jpg

3時間ばかりの山歩きでしたが、楽しいルートです。
<歩行5.3km.総上昇量530m>
DSCN3649_R.jpg

長倉山、難波森、蘭山、赤崩山、高倉山がいつくるのと呼んでいた。
DSCN3650_R.jpg

ルート図。
2015七ッ3山_R

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新しく伐られた遊歩道は春には花が咲き乱れる道らしいですよ。
次の花シーズンに歩いてみたくなりました。

金太郎の道

SONEさん
今まで気づかなかった空白地域でした。
小道にはいろんな名前が表示されていました。
来春の花シーズンが楽しみですね。

No title

新しい道ですね。
いろいろできると迷いそう(^^;)
でも、七つ森は楽しいところですよね。
来春も花の撮影が楽しみです。

七ツ森

morinoさん
以前から気がついていたのですが刈払されたので辿ってみました。
七つ森はもっと迂回コースがあってもいいかなぁ~。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR