おっ家内の…島田飴祭り

「島田飴まつり」に行ってくるからって…。
私を置いて、何だぁ、それ…。
DSCN4030 - コピー_R




 
大和町吉岡地区の古刹、吉岡八幡神社の冬の例祭「島田飴まつり」は、年に一度だけ、師走の12月14日に催される縁結びの神事。 縁日のみで限定販売される「島田飴」を買い求めて参拝祈願すれば、次の年に良縁が授かると言い伝えられています。
だから、おっ家内は本気になったんだ。
DSCN3973_R.jpg



 元和年間、吉岡がまだ今村と呼ばれていた遠い昔のとある暮れ12月14日。
八幡さまの神主が、偶然横丁で見かけた高島田髷の凛とした美しい花嫁にこころをうばわれ、恋慕の情に絶え難く、まもなく病に臥せってしまいました…とさ。
DSCN3974_R.jpg




 神主の病の噂はたちまち村中に広がり、皆々は名主の家に寄り集まって話し合い、高島田髷に似せた飴をこしらえて神社へ奉納し、神主の快気を祈ることにしました…とさ。それにしても、このお祭りは朝のニュースで放映してましたが、長蛇の列。
DSCN3977_R.jpg



 神主はこの島田の飴を大変気に入って薬がわりに服用すると、不思議と効験あらたかで、たちまち病は快気しました…とさ。
 DSCN3981_R.jpg

 昔々の花嫁達も縁日に登場して、会場は豪華絢爛…大賑わいだったようです。
 DSCN3985_R.jpg

 神主は村の皆々のまごころに深く感謝し、以来毎年歳の暮12月14日を例祭日とし、「相思の仲」の若者たちの幸せを祈ろうと、縁結びの神事を催すようになりました。
DSCN3988_R.jpg

この縁に因み、今でも歳の暮12月14日には吉岡八幡神社境内に島田飴の店や縁日が賑やかにひろげられ、たくさんの参拝者が良縁に恵まれるよう島田飴を求め、八幡さまに祈願するようになったということです。
DSCN3990_R.jpg

そして、花嫁登場です。
DSCN3992_R.jpg

イケメンのお兄さんも登場…拍子木を叩いて、口上を述べていざ、出発です。
DSCN3995_R.jpg


巫女さんも可愛いですよ。
DSCN4002_R.jpg


花嫁さん、お母様の介添えで、道中を歩きます。
DSCN4004_R.jpg


昔はあちらこちらで花嫁道中があったんでしょうね。
DSCN4006_R.jpg

DSCN4008_R.jpg


私が幼少のころ、近所で結婚式が行なわれました。
鼻を垂らした坊主達は縁側から花嫁を見て、こっちがめんこいとか、あっちがいいとか…。
DSCN4009_R.jpg

来年の12月14日、是非、お礼参りともども見に行きたいねぇ。
DSCN4014_R.jpg



この島田飴は、神棚に上げて来年の正月に家族で召し上がります。
マロ子は見るだけですよ。お神酒のお土産もありました。(^-^)/
DSCN4026_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ家内さん、行かれたのですねー!
飴、初めて拝見しました。

「独眼竜花嫁道中」の撮影を懐かしく思い出します。
たいへんだったなぁ(^_^;)

島田飴

ナカシィさん
おっ家内は、秘かにこの日をねらっていたようです。
飴は神棚で正月を待ちます。 v-7
「独眼竜花嫁道中」は面白かったですね。
録画保存してます(^_^)

No title

毎年この時期にやるお祭りでしたか。
2月にまほろばホールで開催する七ッ森展で、毎年このお祭りの写真が入選しているのですが、12月14日に開催と初めて知りました。
花嫁が白無垢で登場するシーンまでは観なかったですかね?

花嫁道中

SONEさん
祭りは知っていましたがこの時期とはその朝に…。
まほろばホールの七ッ森展、見に行きたいですね。
写真家がいっぱいいたようですよ。
おっ家内にはカメラ乱れ打ちでいいから撮ってこいと。
花嫁さんが白無垢で登場するシーンまではいなかったようです。
どこかに行ってたかな。

No title

初めて知りました。
来年は見てみたいものです。
そして「七ツ森の四季」吉岡限定ですね。今度買ってきます。

七ッ森の四季

morinoさん
近場にこんな豪華絢爛なお祭りがあるとはね。
御利益が叶うよう来年に期待です。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR