四方山~七峰山へ

【場 所】亘理地塁山地・ 四方山~ 七峰山
【期 日】2015.12.20(日)   天候:快晴  
【メンバー】soneさん,morinoさんmaronさん、ますさん、うめさん、maro7 計6名
【コース】  八幡神社~四方山~黒森山~月山神社分岐~夜討坂~閉居山~鴻巣峠~割山峠~160ピーク~箕輪峠~三門山~~七峰山~槻木大橋

今回のコースは、阿武隈山地の最北端に位置する亘理町の、四方山(274m)→黒森山(255m)→愛宕山(185m)→三門山(みつもんやま、205m)→七峰山(ななうねさん、124m)と北上して阿武隈川に至ります。
元旦の初日の出は例年6時53分ですが、今朝は雲がありましたから遅かったね。
DSCN4036_R.jpg

【これまでのみちしるべ】
③深山~四方山で手をあげた…(^^)
2013年2月11日 http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

②亘理地塁山地を辿る…小斉峠~深山
2011年2月26日   http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-156.html

①七峰縦走路をマロ<先代>と辿る晩秋時~(ヘ。ヘ)  小斉峠~鹿狼山
2009年11月23日    http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
DSCN4164_R.jpg
亘理地塁山地は、数年前に福島県境の鹿狼山から辿ってきて途中でストップしていました。
今日は、残っていた四方山から阿武隈川の七峰山まで残されたコースを歩きます。
画像は、朝日を浴びる鳥鳥屋山です。山肌が削られ痛々しいですが、これも震災復興で加速した採掘現状でしょうか。
DSCN4044_R.jpg

槻木大橋付近にデポ車を置いて、八幡神社から登山開始です。以前来た時には、イノシシ除けの柵はありませんでした。
DSCN4047_R.jpg

水神社の鳥居を右に見て登ります。
DSCN4048_R.jpg

1.2キロを歩くと四方山です。わかりやすい案内板が設置されていました。
DSCN4053_R.jpg


仙台平野、遠くに仙台港が一望です。
DSCN4055_R.jpg


展望台には登りませんでしたが、南側を展望、遠くに亘理山地の南端である三角峰の鹿狼山が見えます。
DSCN4064_R.jpg


北側は、七ツ森の笹倉山、中山の観音様が白く見えます。
赤白の鉄塔はこれから辿る三門山の電波塔です。
DSCN4073_R.jpg


四方山から黒森山へは1.4キロの快適な道、山頂から蔵王連峰の展望は最高(雲がかかっていました)です。
DSCN4087_R.jpg


ここは県内で十数か所ある一等三角点のひとつです。
DSCN4080_R.jpg


要所に案内板が設置されており安心して歩けます。
DSCN4091_R.jpg


わたり歩行会の赤布も要所に、ルート整備ありがとうございます。
DSCN4093_R.jpg


ここも歴史の道なんですね。
DSCN4095_R.jpg


閉居山へ向います。
DSCN4096_R.jpg


閉居山は展望なしの3等三角点の山。
DSCN4099_R.jpg


里山とはいえ、危険箇所もあるのです。
DSCN4100_R.jpg


ルートは右ですが、そのまま直進し展望地へ。
DSCN4102_R.jpg


直下は崖、やはりビューポイントです。
DSCN4103_R.jpg

DSCN4105_R.jpg


一旦戻り、正規のルートはロープが固定されここでは難関?ルートでしょうか。
DSCN4108_R.jpg


削り取られた鴻巣峠の名残の石柱でしょうか。
DSCN4118_R.jpg

鴻巣峠とうめさん。
DSCN4115_R.jpg


アップダウンを繰り返しながら割山峠口に向います。
DSCN4127_R.jpg


割山峠口に出て安心…まだ、ここで半分です。
DSCN4129_R.jpg


割り山峠から尾根に入るには、ガードレールをまたぎ斜面を登ります。
DSCN4132_R.jpg


急登を終えると鉄塔がありましたので、休憩タイムヾ(o´∀`o)ノ
DSCN4133_R.jpg


少し進んで159m峰から愛宕山を俯瞰。
DSCN4138_R.jpg


北側に目を転ずれば、三門山の電波塔が待ち構えています。
DSCN4140_R.jpg


そして、ヤブ道となり、以前の亘理山地を思い出します。
DSCN4145_R.jpg

160m標高点の向こうはこれまた」砕石場。
DSCN4146_R.jpg


人工物でありますが、ナカナカの景観です。
DSCN4148_R.jpg

やはり、高い所が好きなのね。
DSCN4153_R.jpg


ここから箕輪峠までは東側の斜面を下りました。
車道に出て一安心、平日ならば工事車両で大変だろうと思います。
DSCN4159_R.jpg


道形がない斜面を登ります。
DSCN4164_R.jpg

石碑が出て来ました。植林の功績を称えた内容です。
DSCN4165_R.jpg


まさかこんな場所と…左は崖ですので倒壊危険ですね。
DSCN4168_R.jpg


左は切り取られた崖、右はヤセ尾根です。ヤブで掴む木々がありますので安心ですが、無かったら進めないナイフブリッジです。
DSCN4171_R.jpg


そして、またもや砕石場。
DSCN4174_R.jpg

南蔵王の展望も良くなってきました。
DSCN4176_R.jpg


この斜面は正面突破です。
DSCN4177_R.jpg


お昼を過ぎてのヤブ漕ぎは辛く足も重くて、ようやく三門山に到達。
DSCN4179_R.jpg

三門山には立派な電波塔が建つています。
DSCN4181_R.jpg


三門山 三角点は北側にありました。
DSCN4182_R.jpg

三門山から南側を展望、出発地点の四方山が望めます。
DSCN4185_R.jpg

四方山の通信施設。
DSCN4186_R.jpg


腰を落ち着けて遅い昼食です。
今日は鍋を担いできましたよ。マスさんの味つけの天ぷらウドン…温まりましたヨ。
DSCN4189_R.jpg


グライダーが宴を、覗きにきましたネ。
DSCN4191_R.jpg


七峰山の南側はヤブか伐採されて歩きやすい道です。
しかし。笹竹は鉈で刈り取りしたのでしょうか、45度の角度で刈られていますので体に当たったら大変に危ないです。
DSCN4196_R.jpg



七峰山の手前、阿武隈川と白石川の合流地点は最高の展望地でした。
春になれば、菜の花、桜、そして蔵王の残雪を思い浮かべてしまいますね。
DSCN4199_R.jpg


DSCN4200_R.jpg

不忘山が顔を出しました。鞍部から右手はアイハギの峰。
DSCN4201_R.jpg

南屏風岳、左手は水引入道、右手は馬ノ神岳。
DSCN4203_R.jpg

最後のピークは七峰山。
DSCN4206_R.jpg


七峰山の三角点。
DSCN4205_R.jpg

七峰山からの下山ルートは東側に下るのが一般的なようですが、ヤブ漕ぎ覚悟でこのまま北進しますとこれまた、素晴らしい展望が開けました。槻木大橋。
DSCN4221_R.jpg

北東方面。
DSCN4217_R.jpg

DSCN4224_R.jpg



南雁戸山と北雁戸山(^-^)/
DSCN4236_R.jpg

真っ白い船体のカーフェリーが仙台港に入港しようとしています。
砂浜には大津波に洗われかろうじて残った黒松、そして陸地には復活した亘理イチゴのハウスが画像に映し出されます。
もう5年目を迎えるのだと、様々な出来事が脳裏をかすめ家路につきます。
DSCN4242_R.jpg

ルートの9割は展望なしです。
そして、ルートは整備されたとはいえ北上するごとにヤブは密度増します。
時おり現れる砕石場からの展望に感激しつつ、蔵王連峰を背に阿武隈川と白石川の合流点に目を奪われました。
最高地点でも200mばかりの里山ですが右手に太平洋、左手に阿武隈川と蔵王連峰を垣間見ながらアップダウンを繰り返し、ヤブ歩きのおまけつきで私にとっては眉唾の山歩きとなりました。
同行の皆さん有難うございました。

歩行14.5km  累積標高差1,066m
ルート図は待っててね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

六年越しの亘理地塁山地完全縦走でしたね。
今回は今年整備された区間もあり、効率よく縦走できて楽しかったです。
三門山でいただいたうどん、身体が温まって最高でしたよ。

亘理地塁山地

SONEさん
2009年に登りはじめて、簡単に繋げるかと考えていましたが六年もかかりましたね。
亘理地塁山地、当時は笹薮のトンネルがありルートミスもあり、里山ながら楽しかった。
今回、割山峠からは未整備のルートを辿ってこれが真髄だったかと…。
寒い時のアツアツうどん、マスさんの味付けでしたから最高。v-7

No title

お世話様でした。
先代マロちゃんと一緒に七峰縦走してから6年かかりましたねー。
うどん美味しかったです。、ごっつぉーさまでした(^^)

忘年登山

morino さん
お世話様でした。
七峰縦走の最後はマロ子連れも考えましたが、ヤブだから敬遠ね。
楽しい忘年登山でした (^^)

No title

宿題がようやくできたね~
初代マロ子からだから長かった~
採石場が何か所も出てきて・・・復興のためとはいえ、
山がなくなってしまうんですね・・・・
花丸な1日でした。
うどんの旨かったこと~ごちそう様でした。

20年越し

maronnさん
○十代から○十代までかかったのだから20年越しの宿題だったね。
採石場巡りみたいだったが、山がなくなることに一抹の寂しさを感じました・・・・ 。
道中、ザックから放出されるネギの匂いにクラクラ、寒い日はアツアツうどんに限りますね。

先日はお世話になりましたm(__)m
みなさんが「思ったよりも大したことなくてよかった」といっていた藪漕ぎ、私にはなかなかハードな道のりでした^^;
マロ7さんにいただいたうどん、とても美味しかったです!おかげさまで元気がでました(^^)
へろへろでみなさんの足をひっぱってしまいましたが、亘理のお山歩きが出来て楽しかったです。

また来年もよろしくお願いいたしますm(__)m

オンツァン

うめ さん 
こちらこそ、お世話になりました。
ところどころ整備されたから藪漕ぎはそんなに…、翌週の河南の龍ノ口山が短い距離ながらハードでした^^;
元気が出るウドンで良かったでぇ~す(^^)
亘理のお山、低山ながら楽しかったです。
また来年も、オンツァンをよろしくです。
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR