北泉の御秘所は上ソバ倉…(^o^)

【日  程】 2016.3/5(土)    【天 候】快晴
【行  程】9:15泉ヶ岳登山口~9:30関口~9:52水神平~10:00水神10:10~10:30大岩~11:55泉ヶ岳山頂11:05~熊笹平~11:40三叉路~11:50御秘所(上ソバ倉)~12:55黒鼻尾根入口~黒鼻尾根~14:10ヒザ川~関口~14:25泉ヶ岳登山口
【メンバー】 マロ子、マロ7  
何も言うまい…この絶景かな
袖倉3枚 - コピー
夕方に所用があるので今回も近場の山は泉ヶ岳へ。
山頂まで行って、下山はどうするか判断しよう。
泉ヶ岳スキー場は土が見えてきた。
DSCN6136_R.jpg



泉ヶ岳駐車場は半分程度…でも、多くの登山者がいました。
DSCN6137_R.jpg


ガス庫跡で皆さんはアイゼンを装着、私は半分以上もピンの欠けたスパ長でした。
DSCN6138_R.jpg


マロ子、快調です。
DSCN6144_R.jpg



水神碑到着。
DSCN6148_R.jpg


大岩手前の急坂をスタスタ登るマロ子…ついて行けない。
DSCN6152_R.jpg


大岩を過ぎると、展望が抜群。
DSCN6156_R.jpg

二口方面。
DSCN6158_R.jpg

長倉尾根(三峰山)と船形山。
DSCN6160_R.jpg


泉ヶ岳山頂に到着。
DSCN6165_R.jpg


15歳の柴犬が登ってきて、マロ子(4歳半)はビックリ。
DSCN6166_R.jpg


マロ子の前を行く彼女は滑降コースを1時間半で登ってきたそうだ。(=゚ω゚)健脚ですね。
昨日も来たそうだ。(´・Д・)エッキノウモ……おとといも来たよ。ヽ( ´_`)丿アララ凄いなぁ~。
今年で30数回目の泉ヶ岳登山だそうで、昨年は百回を越えたって…パワフルお姉?さんです。
DSCN6170_R.jpg

北泉ヶ岳とマロ子。鳥海山は見えなかった。
DSCN6180_R.jpg


袖泉に向うという方が何組かいた。
袖泉と言う名前は定着してしまったようだ。長い年月がかかって修正されるのだろうが、私的には「水神尾根」がいいと思う。
北泉ヶ岳から派生する東尾根は先週登った。あの大カツラは何となくあそこかと…。
DSCN6173_R.jpg


三叉路に到着、ここで燃料補給(昼食はパンとヨーグルトをマロ子と分け合う)。
DSCN6185_R.jpg


三叉路から寄り道しようとここで路線変更、西側のピークに登り尾根を下ることとする。
DSCN6187_R.jpg


マロ子ソワソワする。熊だなも沢山、まさかこの辺りに目覚めた奴がいるのでは…ヽ( ´_`)フアン
DSCN6187_R.jpg


ブナ林が切れたと思ったら展望が出てきた。
DSCN6195_R.jpg

昨年、三峰山から見たときに目立つ断崖で、いつかはと狙っていたのである。
ここは北側の大倉尾根に匹敵する断崖で垂直落差は100m以上である。
DSCN6197_R.jpg

名前はあるのだろうか。「○○倉」だろうか、とりあえず「御秘所倉」と呼んでおこう。
追記2017.3.3、宮城の名山・柴崎徹著H4.8発行によれば、泉ヶ岳周辺の概念図があり、この場所は「上ソバ倉」と記載されております。
DSCN6198_R.jpg

マロ子は絶景に見とれる。
DSCN6200_R.jpg


ツーショット、マロ子はソッポ。
DSCN6234_R.jpg


この崖は、グーグルで西側から見るとこんな感じです。

左・北泉ヶ岳   中央・三叉路上の標高点    右・泉ヶ岳
DSCN6319 - コピー_R



南側の斜面を水平ラインで東側に進みます。
DSCN6236_R.jpg


登山道に出て赤布を結んだ。
DSCN6242_R.jpg


急斜面を降りると、黒鼻尾根へ通じるルートは踏み跡ができたおり、もう一般ルートになったようだ。
DSCN6247_R.jpg


それにしても、ここにもかとビニールテープが短い間隔で結ばれていた黒鼻尾根にはガッカリでした。
DSCN6248_R.jpg


マロ子をフリーにしたら、段々離れていく。でも、ヒザ川があるもんね。ヾ(o´∀`o)ノ
DSCN6249_R.jpg



マロ子のジャンプ…いえ、コケマシタ。(^-^)/
DSCN6254_R.jpg


三叉路からワカン装着しましたが、雪が跳ね上がり長靴に侵入、もうダズブズブでした。
DSCN6260_R.jpg


【注意】① 「上ソバ倉」は積雪期にしか行けません。この日は雪融けが進み何回もはまってしまい、抜け出すのに苦労しました。②崖の上部はもろい土砂ですので滑落の危険が増大しますのでロープで身体確保してください。③ここは熊の生息域ですのでそれ相当の覚悟で望んでください。
ルート図は青色、手書きですね。
blog_import_5379d2ee63877[1] - コピー

コメントの投稿

非公開コメント

マロちゃん。

マロちゃんはかわいー顔してかなり山イケてますね!やっぱ若いなー(笑)
雪山とマロちゃんのコラボってセンスいい!絶対いい写真。
15歳の柴犬ちゃんには驚き、しかも連チャンでしょ?
お姉さまはワタシ位のご年齢かしらん。
見ごたえのあるレポでした!さっすが!

弥生のお山

とむかのさん
マロ子が15歳になったら、親分は70代(笑)
雪山とマロちゃんのコラボは黒犬に白い背景ですからね。
暗闇だと見えないんですよ。
お姉さまはワタシ位イエイエ、俺くらいかな。

No title

この山を知り尽くした方のマニアックなコースどりですね~。
「御秘所倉」・・・がぜん興味が湧いてきました。
でも、その前にまずは黒鼻山に行かねば!
ここも登ったことがないものですから・・・。

袖倉…

やまぼうし さん
この山を知りはじめたばかりですよ。
仮名「御秘所倉」・・・袖泉の裾だから「袖倉」っていうのはどうかな。
見晴しは最高でした。。
黒鼻尾根は右手に泉ヶ岳を見ながら登ったほうがいいかな。

No title

あの岩場の上はガレ場になっていましたか。
想像では樹林帯からスパッと切れ落ちた岩場だと思っていましたよ。
横川の滝、見えませんでしたか?

No title

SONEさん
ようやくあの岩場に到達できました。
名前がないなら袖倉と呼びたいね。
上はもろいガレ場、でもかなりの急斜でした。
横川の滝、雪で判別できません。

袖倉ナイス!

良いところに行ってきましたね!
僕もずいぶん前に行ったことがあって、三峰と後白髪の展望がサイコーだった記憶が蘇りました。
古地図によれば、三叉路西の1115mピークは「上倉」と言うらしいです。
上から、北泉ケ岳→袖泉→三方塚→上倉→(水神)→関口という地名のようです。
仮名「御秘所倉」→「袖倉」ナイスなネーミングだと思います。

「袖泉の袖倉」

大和町 チバさん
三峰山、後白髭山からの展望で釘付けされるところがこの場所でした。思い立ってからしばらく経ちましたが、この日は展望が良かったので決心しました。(笑)
古地図の地名有難うございます。
三方塚は三叉路?、塚ともなれば宝物が埋まっていそうです。
「袖倉」いいですかね。

No title

「袖倉」
グッドネーミングです。
船形山頂避難小屋で満場一致でしたよ(^^)

袖倉

morinoさん
「袖倉」 グッドネーミングって…。
船形山頂避難小屋の総会に諮ったのかな(笑)
水神尾根はどうでしたかな。(^^)
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR