大震災から5年

あの震災から5年が経ちました。
時の経過とともに、日常を取り戻すことができている人も多い反面、まだまだ困難な状況の中、復興への長い道のりを覚悟しながらも、 必死にがんばっている人がたくさんいます。
何もなかった漁港岸壁は、県の水産施設ができてしまい手狭になってしまいました。
DSCN6323_R.jpg
わが町の、道路や施設、交通など面のインフラ復旧は他より早く進んでいます。
堤防の嵩上げだと思ってたら、旧堤防は解体して基礎からやり直しのようです。
DSCN6330_R.jpg


幼稚園のとき、堤防の上から砂浜にジャンプ、もう見納めでした。
DSCN6329_R.jpg


住宅地は買い上げられて、松ノ木が植得られました。
一説では、広葉樹と混在させれば津波の抵抗に強いということでしたが…。
DSCN6339_R.jpg



仮設に住む方々は少数となり、今夏は一時期ながら海水浴場が開かれます。
でも、景色が変わり、多くのことが失われ変わってしまった5年です。
忘れかけていた大切なものが、新しい時代の流れの中に芽生えているものもあります。
DSCN6327_R.jpg


この5年間の出来事
□マロ子家族の仲間入り □孫2人の誕生 □退職と第2の人生
□妻の失業と就職  □義父との別れ   □義母が施設入所
□竹馬の友との別れ   □倅がアフリカで活動

震災10日後に帰宅したら、近所の方々が屋根に青シートをかけてくれていた。<謝謝>
DSC02_R.jpg

10年ひと昔といいますが、5年ひと昔のサイクル、あの大震災がだんだんと遠い過去のことになりつつあります。
お山に行ける自分の環境に感謝しつつ…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう5年なんて早いものですね。
三陸に行くと復興はほとんど進んでいないように見えます。
あの大規模な土木工事を考えると、後10年はかかるでしょうね。

No title

SONEさん
あっという間に5年ですね。
仮設住宅は3年でおしまいと期限つけられましたが、まだまだのところがありますね。
仙台に近いのと遠いのでは復興の差がありますね。
後10年は長い期間ですね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR