北泉の大桂

さて、3連休は山行かずでしたので「桂の木」の話です。
ネットで。宮城の巨樹を開きますと、画像の一覧が表示されます。
各樹種の64本があり、このうち3本の桂の木がランクされています。
1位は気仙沼の久保の大桂   幹囲 13m
2位は大崎の玉の木の千本桂  幹囲 9.8m
3位は南三陸町の払川の千本桂  幹囲 8m
 【参考】http://www.hitozato-kyoboku.com/miyagiken.htm
DSCN6596_R.jpg
桂の説明(ウィキペディアより転載)
日本各地のほか、朝鮮半島、中国にも分布する。街路樹や公園樹に利用され、アメリカなどでも植栽されている。日本で自生するものはブナ林域などの冷温帯の渓流などに多く見られる。
高さは30mほど、樹幹の直径は2mほどにもなる。葉はハート型に似た円形が特徴的で、秋には黄色く紅葉する。落葉は甘い香り(醤油の良いにおいに似ている)を呈する。成長すると主幹が折れ、株立ちするものが多い。日本においては山形県最上郡最上町にある「権現山の大カツラ」が最も太く、地上から約1.3mの位置での幹周が20m近くにまで成長している。
長野県上田市別所温泉 愛染カツラ 2013年
dscn0336[1]


秋になると葉は一斉に黄色く色づきます。黄変した葉は美しく、甘いカラメルの様な香りがありますね。
黄葉期に樹のそばを通るとふわりとその香りを感じる山歩きは私のお気に入りです。
katura-p1000745[1]


さてさて、本題です。
北泉ヶ岳の東尾根コースは冬季限定コースです。
今冬は、おっ家内の希望もあって入山し桂の大木に迫ります。
この時のブログは」こちら→http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-610.html
DSCN5959_R_20160322054827bc1.jpg

今回は天候にも恵まれましたので早速計測開始です。アレッ、10mの巻尺が足らない。
DSCN5963_R.jpg

細紐を足しての計測となりました。
計測日 2016年2月27日(土)
DSCN5974_R.jpg


自宅で、計測を再現です。オレンジの細紐と巻尺を繋いで円周を現しました。
マロ子と比較してください。直径は4mを超えます。
DSCN6091_R.jpg


左に30m巻尺、右は細紐を繋いだ巻尺で長さを計測。なんと幹囲は13.5mの数値と出ました。
DSCN6093_R.jpg



画像に収まらない桂の大木は見事です。
本来なら幹囲の計測は地上高さ1.3m?の位置で計測ですが、ここは急斜面ですので正確な高さではありません。
今回の計測は13.5mと出ましたが、1割を引いても幹囲は12m。
宮城県第1位、気仙沼の久保の大桂に匹敵しますが、所詮素人計測ですので参考数値でしかありません。
山深い場所にあります北泉の大桂ですが、公の機関による公式な計測ができればと思います。
DSCN5978_R.jpg

余談になりますが
尾形大作さんが歌う「吉田松陰」の歌詞です。
昔は、カラオケで歌いましたが歴史群像の背景から賊軍に対しての官軍の横暴さを知り、この歌は封印。
でも、心の中に1番歌詞の末尾の…「花は桂の枝に咲く」が脳裏にあります。
DSCN6604_R.jpg


マロ子はこの日、我々に追いかけようとしたのですが、雪庇乗り越えの課題がありましたので自宅待機です。
白いご飯を食べませんが、五目ご飯が大好きです。海苔を巻いたご飯を置いて「待て」をかけ、ヨダレを垂らすまで耐久です。
DSCN6599.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

わたしも

わたしもこの③連休は山行かずでした。
私的に重い重い重圧業務をこなしてきました。
で、かなりお疲れモードです。
来週からは山ガール(スイマセンオバに訂正)再開します!!!マロちゃんめんこい♪

花粉よなくなれ

とむかのさん
意気込みはあったのですが、モチベーションがあるんだよね。
重い重い重圧業務…弾力で跳ね返しましょうぜ。
山ガール再開、お待ちしてます!!!
今日、マロ子は東根まで同行ぢました♪

立派な木ですね。

初め、その大きさがピンとこなかったのですが、マロ子ちゃんとの比較写真を見て、驚くべき大きさであると分かりました。
何年かかって、ここまで大きくなったんでしょうね。

今日も快晴

pilさん
寒さも遠のきましたが、花粉に悩まされています。
御地は花粉症があるのでしょうか??無いなら羨ましい。
奥山に入れば大木がありますが計測となる難しさがありますね。
昔はこのような大木が沢山あったのでしょうが、伐採されてしまいましたね。。
おそらく600年~800年???かな

おおっと

あら、そんなに有りましたか。
私の目測は9メートルでした。
急斜面ゆえ横に踏ん張ったせいでしょうね。
http://lc4adv.exblog.jp/25497679/
http://lc4adv.exblog.jp/25379466/

雪が消えたら行けるかな

コジ君飼い主さん
正確でない人間が計測したのだから…。
私も巻尺10mで間に合うかなと思ったらビックリ。
1割引いて12mとしましたが、公式計測が欲しいところですね。


No title

1.3mの高さって傾斜しているから何処から計ればいいのか分からないですよね。
ところで三方倉山の北面にも物凄く太い桂の木があります。
崖の根元まで登るので、非常に分かり難い位置にありますが・・・

株立ちの桂

SONEさん
木の測りかたには何通りかあり、測る位置も胸高(120cm)、目通り(150cm)、ヨーロッパでは胸高を(130cm)としているそうですね。
桂の木のように株立ちの木は別な計測の仕方もあるようです。
今回はあくまでも幹の円周で水平ではありませんから1割引きましたが正式な計り方をしても10mはありそう。
三方倉山の北面の桂の木はあそこかな??

No title

ラッセルの東尾根であの桂を見た時は驚きましたね。
10メートル越えとは凄い。
久しぶりに見たくなりました。来年かな。

もう週末

morinoさん
あのときは猛烈な吹雪だったから、ちら見した程度でしたね。
今回はじっくり拝見、見事な桂でした。
計測がイマイチなのですが県内トップクラスでしょう。

No title

おはようございます♪ 世の中は春爛漫ですね。
すてきなHPの紹介をありがとうございます。
この木は2月27日の写真、雪がなくなって芽吹いた姿はどんなでしょう。想像しただけでも楽しくなります。
まずは多賀城周辺の巨樹を歩き回りたいです。

寒い土曜日

yamanbaさん
こんにちは~。
春爛漫ですが今日はあいにくの曇天で山行かずね。
芽吹いた姿を見てみたいですね。でも、熊さんの過密地帯みたい。
多賀城の巨樹、奏社の宮のモクレンは見事ですよね。
大木のエドヒガンザクラもお奨め。
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR