関山峰渡・関山街道フォーラム探訪会<第5回>

【日  程】2016年4月29日(金) 【天 候】曇/強風・雨
【行  程】 関山P~坂下番所跡~~峰渡り交差点~旧関山隧道~戻る~峰渡尾根~関山・大峠~羽前の国展望所~いつぷく平~永晶橋P
【メンバー】 「関山街道フーラム探訪会」約30数名

明治15年に開通した関山隧道(宮城側)と明治初期まで「峰渡り」と呼ばれた敷山古道の探索に参加しました。作並温泉の岩松旅館に集合して一路、関山トンネル・宮城側旧道入口に向かいます。
募集は20名でしたが、80名近い申し込みがあったそうです。
同じ山域に3週間連続(実は翌日も関山山域へ)で通うのも稀であるが、最近では安達太良の迷い沢へ4週間連続で捜索に行った以来である。
毎年一般募集されます探訪会が、超人気のようで当選の確立は25%、参加者は今朝までの荒天から回復気味の天気に笑顔が溢れていた。いつも顔を覗かせる大東岳は雲隠れ。
DSCN7733_R.jpg

作並温泉の岩松旅館に集合、ここで受付とミーティングしてマイクロバスに乗車します。
DSCN7740_R.jpg


ストレッチを行いさぁ出発です。天気はあがり模様、もってくれればいいですね。
DSCN7742_R.jpg


あまり腕章とは縁のない自分ですが「無口の多弁症候群」の私は、これをいただいて元気ハツラツ。
DSCN7790_R.jpg

広瀬側上流に架橋…最後尾が渡れば撤去されます。
DSCN7743_R.jpg

坂下御番所跡、ここから峰渡りがはじまります。
DSCN7747_R.jpg

ダイナマイトが爆発し受難された方々へ御焼香いたしました。
DSCN7750_R.jpg

早速の急登、ロープが頼りです。
DSCN7752_R.jpg

標高差80mを登ると旧道と峰渡りの交差部です。ここは崩落がありますので登らず100m西側にアルミ梯子がありますのでご利用ください。
DSCN7753_R.jpg

奥羽山脈の背骨が近づいてきました。
DSCN7759_R.jpg


関山隧道で集合写真、山形側から吹き抜ける風がとても冷たかったです。
DSCN7764_R.jpg


以前の交差部からロープを使っての登りは凄い時間がかかりました。やはり、梯子効果はよろしい。
DSCN7767_R.jpg


樹齢数百年の「大ぶな」。
DSCN7770_R.jpg


お花見もします。
DSCN7773_R.jpg


山頂での昼食、風が凄くてバーナーは使わず速く切り上げです。
DSCN7775_R.jpg

大峠で集合写真。
DSCN7779_R.jpg


関山の集落を見ながらくだります。ここは凄い藪でしたが、見違えるようになりました。
DSCN7781_R.jpg


「羽前の国展望所」、葉山と月山が見えるのですが。
DSCN7783_R.jpg

名残のイワウチワと開花前のマイヅルソウを見ながら降下、雨と風が強くなって乱川を渡河です。
DSCN7791_R.jpg

山形側の標識も元気でした。
DSCN7793_R.jpg


軽トラは渡河用のはしごを積んで「はしご車」となりましたよ。
DSCN7794_R.jpg

峰渡りは「オムレツ」のような形をしています。皆さん、美味しかったでしょう。
DSCN7795_R.jpg

とにかく暴風雨、皆さんは国道の橋の下、樹木の陰とか、この方々は防護壁にジッとガマン。
DSCN7799_R.jpg

荒天で危ぶまれましたが、タイムリーな峰渡りとなりました。
そして、当ブログを見ていると挨拶いただきました山レコの女史等々、お山でなければできない出会いがありました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱり大人気のイベントですね。
わたしは2年前に参加申込してハズレました。

またハズレ

毎度、愉しいブログでプフッ(^-^)と、癒やされてます。
関山、またハズレました。ひょっとすると年齢?と、
ひがみ(>_<)ゞ少し若い友人は当たった~と、参加。
しかし、歳ではない事がわかりました。
画像の中に私と同年齢の方を発見(@_@)
全員黒メガネですが、尊敬している方なので
すぐわかりました(´V`)♪

今度は当たる…かも

やまぼうしさん
仙台市制だよりだけの案内で応募が凄いですね。
2年前に参加申込み…次回はあたりそうですよ。(*^▽^*)

峰渡り

オカチャン
おはようございます。
年齢は関係ございませ~んよ。。
黒メガネにしてもわかりましたかぁ~(´V`)♪
関山のまたハズレ、連続応募で頑張りましょう。
峰渡り、案内いたしますか。(*^▽^*)
お友達によろしくです。

No title

毎年凄い応募総数で、当たって参加できた方々はとても運が良い感じですね。
今年は天候が芳しくなく、引率するのは大変だったでしょうが、事故なく楽しく催行できて何よりでしたね。

春紅葉の峰渡り

SONEさん
事務局は応募多数で大変だったようです。
天候が危ぶまれ、室内での講座に切り替える案も出ましたが、回復に向う天気にかけました…が、下山時点で荒天になりだら濡れ。
タイミングのいい峰渡り、岩松の露天風呂で癒されましたよ。

No title

定員20名に対して80名とは凄いですね。

それだけ皆さん関山に興味関心があるのですね。

関山

羽前の国の旧車狂さん
仙台市制だよりだけでこの応募ですね。
宮城、山形にとって関山は近代化の生き字引、ここに行くと甦ります。
だから、翌日も関山頑張りました。

プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR