小網取山

【日  程】2016年4月30日(土)
【天  候】晴れ突風
【山  域】船形連峰・大倉 小網取山824.5m
【行  程】 御伊勢沢橋P~~~小網取山~~~~~~御伊勢沢橋P
【メンバー】おっ家内・マロ7  2名
旧宮城町誌によれば、奥羽分水嶺が宮城・山形両県の県境を連互し、主峰の船形山を始め、白髭山、三峰山、北泉ヶ岳などの諸峰が聳えている。これらの諸峰から派生する支脈は延延として山並み東方に延び、深山幽谷をなし。大倉・作並・新川などの山岳地帯を形成している。
その支脈となる大倉には、高倉山(901m)、綱取山(962m)、大富山(1024m)、深沢山(825m)、間倉山(975m)の5山があり「大倉5山」とも呼ばれている。今回は、その5山に含まれないが、国道沿いの駐車場にデポしてすぐ取り付きできる小網取山を選んだ。
カメラとGPSを忘れました。今回の画像は、携帯電話の撮影ですのでガマンください。
CA3I0274_R_20160502055816abb.jpg
昨年4月に、間倉山を周回したときに次は、東側に聳える小網取山だと昨秋からチャンスを伺っていて、ようやく足が向いた。
未知なるルートだし、岩稜が出てきたらおっ家内の訓練をしようと沢道具を準備、枝はさみ、ノコギリ、そして山名板とザックに入れる。
CA3I0273_R.jpg


R48,御伊勢沢橋を仙台方面に渡りすぐ左折、旧道の石組みと橋基礎が残存しその時代の名残を彷彿です。
そこから、急斜面の尾根にあがります。
CA3I0277_R.jpg


息をきらして尾根にあがれば山頂までは一本道(ルートはありませんが獣道)です。
CA3I0282_R_20160502060653943.jpg


今日も風が強い。ラジオでは蔵王エコーラインが通行止めと流れる。
北側には昨年登った無名峰が見えてきた。おっ家内には、小網取山はあの高さだから水平になるまで頑張れ…。
CA3I0283_R_20160502061001b9d.jpg



途中、猪の痕跡があったが、藪はうるさくない雰囲気のいい尾根となる。
CA3I0285_R_20160502061924a52.jpg



南側の山稜をみると北斜面が崩壊している、ここは小山田新道を歩いた時、桂沢への降下地点でもある。
CA3I0288_R_201605020619244a9.jpg



アップダウンを繰り返しながら進みます。600mを越すとヒノキ、クロベ赤松、五葉松の大木が出てきました。
CA3I0289_R_20160502061925b3b.jpg


その中に、真紅の石楠花に目を奪われます。
CA3I0291_R_201605020619274ca.jpg


700mあたりまで右手に国道48号線を垣間見ながら濃くなっていく藪を進みます。
CA3I0292_R_20160502061929532.jpg


北面白山、矢尽が見えます。
CA3I0296_R.jpg


かなりの強風で、汗が乾いていきます。
CA3I0301_R_20160502063433bee.jpg


山頂到着と、おっ家内が叫ぶ。
CA3I0302_R.jpg


まさかの山名板がありました。でも、付近には三角点が見当たらない。
CA3I0318_R.jpg


三等三角点の山ですから辺りを探したら、この山名板から5m北側の藪に埋もれていました。
三角点の周りを刈り取りご機嫌のおっ家内でした。
CA3I0304_R.jpg


山頂からの展望は北側の網取山(961m)が真向かいに鎮座します。
CA3I0307_R.jpg


そして、定義方面と熊沢林道。
CA3I0308_R_20160502064241e9c.jpg


松沢山と右手にグリーングリーン。
CA3I0311_R.jpg


尾根を辿り北上し途中から小網取沢へ降りる考えもありましたが、藪もうるさいしGPSも持参しないのでここから戻ります。
CA3I0316_R.jpg


面白山を目標に降下と言ったのですがこれが下山時の恐ろしさ、黙ってみてたら右手にそれて行き、「お~い、戻れ」です。
CA3I0322_R.jpg


あの山稜は、来年の残雪期に行きましょう。
CA3I0326_R.jpg

登りは大変でしたが、あっという間に下ります。
CA3I0330_R.jpg


旧道の橋基礎を見分、昭和が見えてきます。
CA3I0334_R.jpg


藪山道中、沢道具を使いませんでしたが漕ぎがいがありました。
CA3I0337_R.jpg


やはり、ここまで来れば「おり久」のカレーラーメン、癒されました。
CA3I0341_R.jpg

ルート図。
DSCN7803_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

旧道の痕跡

 御伊勢沢橋付近で私も旧道時代の石垣を見つけまして、写真を撮ろうとしましたが、余りに交通量が多いので危険を感じて断念しましたが、ほぼ旧道は今のルートに沿った作りみたいですね。

 同様に山形側も旧道の痕跡はあります。恐らくですが、かなりのカーブできつい険路だったと思われます。それがタマタマ現道から見える所に遺構が残ったのでしょうね。

No title

羽前の国の旧車狂さん
御伊勢沢橋付近の旧道痕跡ははっきり現存してますね。
石組みもS12の改良当事だろうかな。
橋手前の小網沢林道入り口は広いからここに駐車すれば安心ですよ。

No title

藪漕ぎ道中お疲れ様でした。
この界隈の大御所になってきましたね。

大倉の山々

SONEさん
山も人生も藪漕ぎ道中です。。 (笑)
この界隈、国道からのアクセスがいいのでお気に入りね。
大倉五山、まだまだ遠い道です。

小網取山

ご無沙汰しております。小
網取山へ行きましたか、私は、2013・3・12に国道48から、地図をみたら一本尾根なので迷わず登れるようなので、行つてきました。山名板は、その時に私が取り付けたものです。かつてに「小網取山」となずけてきましたが、日本山岳体系北海道・東北の山や旧宮城町の資りようでは、深沢山と書いてます。点名は小網取です。。国交省の除雪ステーション近くにも、深沢山と名がつく地点があります。大倉五山は、どちらか?私が行つたときは雪がありましたので、792m地点まで行けました。大富山・網取山が谷をはさんで見えました。いつか十里平まで縦走してみたいと、思つてます。それから話しは変わりますか、5・2栗子山へ行つて来ました。今年は雪が少なく、栗子山隧道取り付から雪がなく、山頂までほとんど藪漕ぎでした。昨年の山行記録を利用させて頂きまました。いつも助かつてます。ありがとうございましした。


大倉の山々

ぴんぴんころりさん

こちらこそ、無沙汰です。
残雪期に小網取山へ行きたかったのですが、雪解けも早かったし時期を逃してしまいました。
山頂の山名板はやはりぴんぴんころりさんの設置でしたか。三角点から少し南の位置にありましたのは残雪期だったからでしょうか。
大富山・網取山も行きたいところですが、残雪期にあわせなければなりませんね。
栗子山、栗子山隧道取り付きと、山頂付近の藪漕ぎは良かったでしょう。また、お便りください。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR