小湯山石神石仏 ・観音岩 とまほろばの国で宴だよ

【日  程】2016年5月7日(土)【天 候】雨・曇
【山  域】高畠町・小湯山石神石仏 ・観音岩
【行  程】二井宿地区公民館到着~ 「わくわくプロジェクト」蕎麦処~ 小湯山登山口~ 小湯山登山口ゴール~ 観音岩登山口~ 観音岩登山口・ゴール~ 高畠太陽館(温泉入湯300円)~ 旅館エビスヤ~手打ち蕎麦の伊澤~ 旅館エビスヤ帰着~幹事部屋にて二次会
【メンバー】高畠町の皆さん、みやぎ街道交流会の皆さんとマロ7・おっ家内
毎年恒例となりました二井宿古道ハイクに参加して来ました。
前日は新田企画によります小湯山と観音岩のハイクで汗を流して、夕げは宴なのです。
マロ子は高畠町、初登場です。挨拶とミーティングして、さぁ出発ではなくソバやさんで腹ごしらえしましょう。

DSCN8031_R.jpg



徒歩5分で、最近開設しましたわくわく交流館のソバ何処「二井宿そば」へ到着です。
DSCN8035_R.jpg

美味しいソバをいただきましたよ。
DSCN8039_R.jpg


気がついたのは、御神棚の神様が当地とは違うね。
DSCN8046_R.jpg


小雨のなか、小湯山登山口へ移動します。まほろばの里案内人の戸田さんと二宮さんが待っていてくれました。
DSCN8053_R.jpg


【小湯山石神石仏とは】
小湯山は標高約800mで、古くから庶民信仰の山として知られています。
また、全山凝灰岩の風化作用による景観が有名で、江戸時代末期に奉納されたと推定される、478体の石神、石仏が確認されています。
DSCN8054_R.jpg

あそこまで行きます。
DSCN8055_R.jpg


至る所に石神、石仏があります。
DSCN8058_R.jpg


雨宿りには最適でした。
DSCN8060_R.jpg


支え…頑張ります。
DSCN8061_R - コピー

どこかでお会いしたような旦那もいました。
DSCN8066_R.jpg


お休みになってる旦那、いくら呼んでも起きません。
DSCN8082_R.jpg

奥の院から下山です。
DSCN8086_R.jpg


二見ヶ浦です。
DSCN8084_R.jpg

ここからの展望はここが最高です。
DSCN8094_R.jpg


カラマツの萌です。
DSCN8103_R.jpg


皆さんでパチリ。
DSCN8111_R.jpg


そして観音岩へ移動、雨が上がりましたのでマロ子登場します。
DSCN8117_R.jpg


【観音岩】観音岩は、景勝の地として知られてきましたが、幕末から昭和にかけて三十三観音、十三仏、線彫りした観音像などが奉納された信仰の山です。岩陰からは高畠町では少ない弥生時代の遺物や出土品が発見されています
DSCN8119_R.jpg

十三仏。
DSCN8127_R.jpg



昭和の時代作ですが、見事な壁画です。
DSCN8130_R.jpg


これは山でよく見かけますが、説明では春にスズメバチの女王蜂を閉じ込めて繁殖しないようにするそうですね。
DSCN8143_R.jpg


鎖場からの展望。
DSCN8147_R.jpg


マロ子、元気に下山です。若い声がしたと思ったら、芸工大のギャルたち、明日は古道ハイクに参加するというから…(^^)
DSCN8148_R.jpg


下山して、宴会前に汗を流そうと高畠駅構内に併設されている綺麗なモダンな建造物で「太陽館」へ。
今夜のお宿は「エビスヤ」さんですが、マロ子は車中泊で…不機嫌状態かな。
DSCN8154_R.jpg

ニコニコと高畠の街路を歩くおじさんおばさん一行がいました。
DSCN8155_R.jpg

手打ちそば「伊澤」入店。
DSCN8156_R.jpg



各自持ち込みの地酒が…今夜は飲み干さなければと、脳が勝手に命令する。
DSCN8159_R.jpg


ご馳走は、このあとも出てきましたよ。
DSCN8162_R.jpg


目が回ってきました。
DSCN8165_R.jpg



これはマツタケ、保存していたマツタケを日本酒に入れて…芳香豊なマツタケ酒をいただきましたあとは、ガブリ。
DSCN8171_R.jpg


〆は、美味しいトロロそば。
DSCN8173_R.jpg


女将さん出てきて東京オリンピックを振り返る。だって、400mリレーで依田郁子さんと頑張ったんだもんね。
DSCN8200_R.jpg


美味しい酒と料理とお姉さまたちがいて楽しい高畠の夜でした。
DSCN8203_R.jpg


2次会はハッスルオジサンが頑張りましたよ。
えっ、マロ子はどうしたかって…就寝です。
DSCN8206_R.jpg


ルート図です。
小湯山石仏・観音岩探訪ハイキングコースマップ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

観音岩にコウモリいなかったですか?
以前あの大岩の下に入ったら、コウモリが沢山飛んでいて怖くなってしまいました。
雨でも風情溢れる山歩きになりましたね。

コウモリ

SONEさん
観音岩には小鳥くらいしか見えませんでした。
コウモリっていえば、おっ家内が自宅で何で黒いハンカチが…掴んだらギャーって悲鳴、何とコウモリが牙をむいていました。
低山だったので雨天決行できましたよ。。
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR