緑の道とワラビ採り

【日  程】2016年5月15日(日)  【天 候】晴
【行  程】 宮城北部のお山→陶芸の里→田代高原キャンプ場→箕ノ輪山→屏風岩→上野々スキー場→鳴子滝の湯→帰宅
【メンバー】 マロ7とおっ家内 
前日の金華山の余韻を残しながら、県北の某山へワラビ採り、おっ家内とドライブを兼ねる。
北泉から船形山へ延びる長倉尾根もねらったが、出足が遅い。今朝は集会所の掃除当番だったので急遽ワラビ採りになる。
DSCN8733_R.jpg
サア、出陣です。
DSCN8738_R.jpg


もう、タニウツギの花が満開でした。
DSCN8741_R.jpg


無我夢中とはこのこと。
DSCN8745_R.jpg


2時間あまり、目標は昨年の20㌔でしたが、かなり及ばずでした。でも、ゼンマイもあります。
DSCN8747_R.jpg


船形山の残雪はなくなりましたね。右手は薬師岳ですが興味をそそられます。
DSCN8753_R.jpg


新緑と青空のなか、陶芸の里から田代林道に入る。
DSCN8757_R.jpg


林道に石碑があった。S31年、判読不能だったがこの地区の開発の謂れだろうか。
!DSCN8758_R.jpg

石碑を過ぎると、十字路交差点。
DSCN8759_R.jpg


鬢櫛林道に入ってここで折り返す。山神様から名残のコシアブラをいただく。
DSCN8765_R.jpg


ここは奥羽山脈の背骨にある箕ノ輪山、こんな山奥にピラミッドがと思うが…ここは二ツ石ダムの採石場となって山体 が削られてしまった。そして、今は福島第一原発の放射性廃棄物の最終処分場の候補地になって、地元で大反対が巻き起こっている山である。色んな考えはあるようですが、半年も豪雪にうずもれる地帯に最終処分場を造って管理すらできないでしょう。そして、岩質も脆く道路はズタズタとなっている光景を目にする。
DSCN8768_R.jpg


北側には未踏の「みみずく山」がいつ来るのと待ち構えていた。
DSCN8770_R.jpg


路肩崩壊が2ヶ所。
DSCN8773_R.jpg


昭和30年代まで、ここには田代分校があったという。
DSCN8775_R.jpg


田代キャンプ場、もちろん誰もいない。
DSCN8779_R.jpg


先ほどの十字路を鳴子方面に進む。長い道の途中には、東北大の管理の林もある。
DSCN8781_R.jpg


屏風岩は国土地理院地図にはと表記されている。秋には見事な紅葉でしょう。
DSCN8786_R.jpg


人里に入るとひと安心だ。車が来てもここは我の道だと老婆…。
DSCN8791_R.jpg


久しぶりに「滝の湯(150円)}に浸かりご機嫌のおっ家内。
DSCN8793_R.jpg

ワラビは予定した量ではありませんでしたが処理が大変だからこ、れで満足とおっ家内。
快晴、薫風のなか2回目の探訪となった宮城の奥深い地に入ることができました。
今度は、最上町へ抜けて「思い続けていた彼の地」へ行ってみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワラビ結構採れましたね。
今年は採りに行く時間がないので、新鮮なワラビはお預けです。
でも今日の山は未だにコシアブラが生えていましたよ。

No title

SONEさん
前日の土曜日に入ったようで、ワラビはもぎ取られたあとが結構ありましたね。
今日も、新鮮なワラビを山神様からいただいてきましたよ。
コシアブラは田代で採ってきました。

No title

ワラビたくさん採れて良かったですね。
鬼首の公営牧場の上側では、入れ代わり立ち代りワラビ採りに励む多くの方々がいました。
わたしも最上~宮崎間の県道は2009.06.26に、鳴子~切込の林道は2010.11.03にたどったことがあり、わが山への想いを再燃させてくれた懐かしい道です。また、行ってみたくなりました。

No title

やまぼうしさん
ワラビだけは間違いなくわかる山菜ですのでガッチリです。
鬼首の公営牧場の光景がいいですね。
田代から最上までの道は秋あたりにアタックです。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR