怪峰・仙台カゴ

【日  程】2016年5月22日(日)  【天 候】快晴
【山  名】 仙台カゴ(1270m)
【メンバー】日本山岳会の皆さん、maro7,おっ家内…計31名
【コース】10:16観音寺コース登山口~10:55粟畑11:00~11:15山頂分岐11:20~11:50レリーフ11:55~12:15仙台カゴ12:25~12:45レリーフ・昼食13:15~14:20観音寺コース登山口

仙台市青葉区と山形県尾花沢市との境には「仙台カゴ」、山形県尾花沢市と東根市との境には「最上カゴ」と呼ばれる1200m級の峯が存在します。カゴとは加護を意味し、修験道の道場であったそうで、船形山の周囲はかつては羽黒派の山伏による山岳修験が盛んに行われており、黒伏山,黒伏山神社)、観音寺など山岳修験にちなむものが多く残っています。
ちなみに、仙台カゴには日の神(天照大神)を祀る山だそうで、最上カゴ(1210m)には月読命を祀り、五所山の一掛所として尊ばれた山だそうで、爽快な気分にさせる展望を持つ山であります。。
マロ子は行けないのね…とグレ気味。
DSCN9011 - コピー_R

日本山岳会宮城支部の登山教室に参加、一般参加者総勢31名の大所帯です。 
夏道のない超岩場の難所ですが、驚くことは一般参加も数多くびっくりです。
DSCN9036_R.jpg


黒伏山の絶壁を眺め、40数年前にピナクルに初登頂された高橋さんより、当時の思い出を聞きました。
DSCN9043_R.jpg


登頂まで3日間要したそうで1日目は途中まで登り下山、2日目は崖上でビバーク、ヒザの上のコンロで食事を作ったそうであります。3日目に登頂成功しており、当事は自衛隊レンジャー、山大山岳部、各山岳会が先を競っていたそうです。1週間後の知人が登頂し我が一番乗りだと思ったら、高橋さんの置いた目印がありビックリしたそうです。これ以前の登頂記録がないので私が一番乗りだと…思うということです。今では6~8時間で登頂するそうですから凄いですね。
DSCN9045_R.jpg


柳沢小屋から林道を2km入った「登山口」から出発です。
本日の山行に当たり、山頂アタックへの注意点(特に3点支持と落石注意)が説明されます。
DSCN9051_R.jpg


山神様に安全祈願。
DSCN9053_R.jpg



ブナ林に入ると、遮光され気持ちいいです。
DSCN9054_R.jpg


まだ、雪がありました。
DSCN9057_R.jpg


最上カゴは数年前に藪を漕いで登りました。
DSCN9061_R.jpg

ブナ林はいいですね。
DSCN9063_R.jpg


北方には荒神山がいつ来るんだいと。
DSCN9064_R.jpg


今年初の清楚なツバメオモトの花が奇麗です。
DSCN9068_R.jpg

「粟畑」分岐で、小休憩 です。
DSCN9070_R.jpg


31人も歩くと行列ですね。
DSCN9072_R.jpg


観音寺コース唯一の水場で喉を潤します。
DSCN9073_R.jpg


藪に入ると渋滞、段々と急斜になります。 事前に山岳会で、数回にわたってルート整備して下さいました。感謝
DSCN9079_R.jpg



枝を折ると「こぶしの花の香」がするそうです。でも、枝は 折らないよ。
DSCN9080_R.jpg


南西側に白髭山が見えてきました。
DSCN9086_R.jpg


山頂らしきものが見えてきましたよ。
DSCN9085_R.jpg



それにしても、今までに無い贅沢な光景を見させてくれます。
DSCN9092_R.jpg



DSCN9100_R.jpg


三峰山と後白髭山。
DSCN9093_R.jpg



皆さんリュックをデポし、山頂へは3点確保でスタートです。 (私は背負ったままです)
DSCN9109_R.jpg


関山界隈の山々ををバックに(^_-)-☆
高度差があります!おっ家内は満足です。
DSCN9154 - コピー_R


木々を掴みながら崖を登ります。緊張感のないおっ家内。
DSCN9114_R.jpg


槍ヶ岳なみの行列になりましたよ。
DSCN9122_R.jpg


そして、御大が登ってきました。
DSCN9124_R.jpg


黒伏山塊、素晴らしい展望が待ってましたよ。。
DSCN9136_R.jpg

船形山。
DSCN9137_R.jpg


山頂小屋付近に人影は見えず。
DSCN9138_R.jpg


三峰山。
DSCN9139_R.jpg



仙台カゴ眼下の楠峰。
山名板を取り付けしそれぞれのポーズで集合写真を。
DSCN9133_R.jpg


御大と記念写真。
DSCN9141_R.jpg


今度は秋に訪れたい仙台カゴです。
DSCN9147_R.jpg


関山方面。
DSCN9152_R.jpg


先行グループはもう昼食タイムです。
DSCN9158_R.jpg


昼食後はレリーフの「故平澤亀一氏」 の説明をいただきました。
DSCN9162_R.jpg


「故平澤亀一氏のレリーフ」、 宮城県出身でもあり名誉会員でもありました平澤亀一氏。
1918年帝大卒業後台湾総統府に就職時に日本の米を改良し、台湾の稲作に貢献活動が去る2月29日河北新聞で紹介されています。レリーフの文字を書かれた方より経緯を丁寧に説明を頂きました。
DSCN9095_R.jpg



これから藪漕ぎして観音寺コースに戻ります。
DSCN9168_R.jpg


山の恵みをいただきながら粟畑まで来ました。今朝より雪が少なくなったようです。
DSCN9169_R.jpg


観音寺登山口に到着です。
DSCN9174_R.jpg


柳沢小屋で名水をいただきました。ガスボンベの釣鐘がいいですね。
DSCN9176_R.jpg


解散式を行い。
DSCN9187_R.jpg


やっぱり、「おり久」で下山祝い。
DSCN9189_R.jpg

いつしか辿りたいと思っていた仙台カゴ行き。
日本山岳会宮城支部の募集があったことを知り急遽お願いして参加させていただきました。
個性的な仙台カゴ、全山が岩で囲まれた怪峰です。
登山道の観音寺コースが近くにありながらルートがないので急峻なところでの藪こぎを強いられます。
全行程は6km、上昇は300mばかりですが岩峰は上級者ルートとなりますのでご承知ください。
大変危険を伴う山ですので、ルート図はアップいたしません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よくこんなツアー見つけてきましたね。
大勢一気に山頂を踏んだのは、この山の記録では初めてではないでしょうか。
以前は積雪期に正面突破で3級程度の岩場を直登しましたが、この山頂から見た風景は今でも忘れることができません。

怪峰は快峰でした

SONEさん
私も仙台カゴのツアーがあるなんて半信半疑でした。
31名ののうち25人が山頂を踏んだので集合写真は手狭で限界でした。
厳冬期に登ってるグループもあるようですね。
この山頂から見た光景は真下が見えない、最高ですね。。

No title

仙台カゴに登るとは羨ましい(^^)
去年の元旦に泉ヶ岳で遇った日本山岳会宮城支部の方もいらしたかもしれませんね。
今度は観音寺コースで船形へ行きましょう。

No title

morino さん
仙台カゴは永年の夢でした。(^^)
観音寺コースピストンよりも定義周回かな。

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR