船形山と後白髭山

【日  程】2016年6月11日(土)【天 候】快晴
【山  域】船形山
【行  程】8:30大滝キャンプ場→8:35湯谷地→8:55眺望所→9:15小野田分岐→9:3展望台→9:55御来光岩10:10→10:15船形山10:50→千畳敷→11:45蛇ヶ岳→12:00三峰分岐→12:45後白髭山13:20→14:00三峰分岐→14:20草原→14:35瓶石→14:40不動石→15:05三光宮→保野川渡河→大15:35滝キャンプ場
【メンバー】単独
朝起きても山行きが決まらない。おっ家内は女子会…いぇ、姥会だって…あれぇ~裏切られた。
こんなに天気がいいし時間も遅いのだから近場に行こうか。片道60㌔ですが、林道はイマイチ、やはり2時間近くかかった。
途中、鶴巣からの七ツ森、船形連峰の展望です。
DSCN9603_R.jpg
水田の中に年代物のトラクター。揚水ポンプの動力として使用しているようだ。排気筒に雨蓋があるので現役だろうなぁ~。
DSCN9608_R.jpg


大滝のところで停車している見覚えの車から呼ぶ声がした。何と、白峰会のF嬢だった。
このような場所でお会いできるとは嬉しい。大滝駐車場は以外に少なかった。
DSCN9616_R.jpg


湯谷地から山頂が垣間見える。
DSCN9618_R.jpg


石碑はかなり埋没したようだ。
DSCN9619_R.jpg



F嬢グループにここは温泉旅館の場所で、石碑の由来を説明してここで別れた。
DSCN9620_R.jpg



年代物の案内標示板は40年くらい経っているだろうか。何が標示されていたかはパソコンで透過してみたがわからず。
DSCN9624_R.jpg


この形の表示板はナグサメの滝と同じ形である。
DSCN9628_R.jpg


小野田分岐からは登りとなり途中、展望台なるものが出てくるが展望は一部だけ、以前、ここで熊に吠えられたことがあった。
DSCN9633_R.jpg


御来光岩に到着、左は山頂を経て観音寺(東根市)へ、右は層雲峡・鶴子を経て尾花沢に至る江戸期(それ以前?)の道だろう。
DSCN9637_R.jpg



展望はまさしく絶景であった。(黒伏山塊を望む)
DSCN9640_R.jpg



では、御来光岩からの展望です。仙台カゴと後ろは白髭山。
DSCN9649_R.jpg


黒伏山塊の北東側の層雲峡(鶴子ダム方面)は、極上のコースだと思うが沢装備は必要です。
DSCN9643_R.jpg


そして、船形山山頂から北側に派生する薬師岳(艫ノ峰)は興味をそそられる。
最近、ブナの会の千葉さんが到達しているが、名前のとおり薬師様が祭られているのだろうか。
DSCN9645_R.jpg


荒神山の向こうには出羽富士がうっすらと浮かんでいる。神室連峰、栗駒と見えるが早池峰は同定できなかった。
DSCN9652_R.jpg


船形山山頂は数人しかいない。展望は最高でここでマッタリすることにした。
DSCN9678_R.jpg


小屋脇にはボリュームあるトモエシオガマが咲いていた。以前は白のシオガマが見られたのですが…残念。
DSCN9668_R.jpg


堂々たる山頂の一等三角点、数年前に点の記の方々のGPSチップの埋め込みに偶然立ち会ったことがあった。
丁度、1500mの山なのでこれを割ることがないように…お願いしたことがあったな。(笑)
DSCN9679_R.jpg



山形の難所である沢渡黒伏をズーム、そういえばF嬢とナマステさんと3人でアタックしましたなぁ。
DSCN9676_R.jpg


層雲峡コースをソロの方が登ってきた。
DSCN9686_R.jpg


F嬢一行で御来光岩が賑わっていた。
DSCN9690_R.jpg


船形山は、毎年7月にウスユキソウを目当てに保野川を遡上していましたが、ウスユキソウはまだまだでした。
DSCN9695_R.jpg


今日は入らなかった山頂小屋に別れを告げ、蛇ヶ岳へ向います。
DSCN9702_R.jpg


船形山でも「艫の峰」は大好きな景観だ。定義に向う下沼沢(廃道)は今から50年近く前に歩いた幻の道である。
DSCN9713_R.jpg


 先ノ峰の右手向こうに、後白髭山が招いている。(この暑いのに行くのかって…気持ちが交差する)
DSCN9715_R.jpg


蛇ヶ岳山頂は無風、水は残り少ないが…行くよ。
DSCN9731_R.jpg


三峰山と後白髭が見えてきた。
DSCN9733_R.jpg


右は、後白髭山を経て定義に繋がる。左は三峰山から長倉尾根を経て北泉に繋がる水神からここまでは昭和20年代に開削した比較的新しい道である。ここから後白髭までは初めて歩く道である。
DSCN9734_R.jpg


ツバメオモトの群落。
DSCN9735_R.jpg


イワウチワも花盛り。
DSCN9737_R.jpg


黒伏山塊の方角が変わった。
DSCN9744_R.jpg


三峰山は明日ブナの会の山行があるようだ。(所要で欠席)
DSCN9748_R.jpg


東には北泉ヶ岳と泉ヶ岳。
DSCN9750_R.jpg


今年3/5にマロ子と訪れた絶壁、北泉の三叉路西側の壁は「上ソバ倉」と言う。(宮城の名山 柴崎徹著・H4河北新報社発行)
DSCN9751_R.jpg


水分は残りすくないので、果実をいただいた。
DSCN9755_R.jpg


帰り道の草原、木道が朽ち果ててだいぶ裸地化が進んだようだと思う。
DSCN9763_R.jpg


今年最後のシラネアオイだろうか。沢水で喉を潤すことができ元気快復。
DSCN9765_R.jpg


瓶石沢に出れば、あとは水平歩行と下りだけだ。
DSCN9769_R.jpg


ふと、気が付いたのは赤布かと思ってニヤリとしたが、赤の粘着テープだった。
何れ、ナイロンテープと同様にゴミとなることが残念である。
DSCN9770_R.jpg


三光の宮手前、大滝分岐付近の「お尻ブナ」は健在だった。
DSCN9771_R.jpg


保野川を渡ればもうすぐ大滝キャンプ場である。沢水は冷たいが硫黄臭気もあり湯の花ができている。
DSCN9774_R.jpg


沢から上がると南側には「千本松山・1145m」が見える。
DSCN9775_R_201606131740444ab.jpg


不鮮明だった「ナグサメの滝」標示板は上書きされていた。有難うございます。
DSCN9776_R.jpg


駐車場はかなり台数が減っていた。今朝、同じ頃に出発した三代組(81歳のオジイサン、娘?、孫)は帰るところだったが、何と右前輪がパンクしていた。軽バンだったのでスペアタイヤが積載しておりタイヤ交換をお手伝いした。(一日一膳( ^ o ^ )┐)
新型車はスペアタイヤが装着されず応急処理用具だけなので、山に入る場合には冬用タイヤでもいいから積載して有事に備えた方が良いと思う。
DSCN9777_R.jpg


帰路、沢渡の萱の大木は私が幼いころ、父のトラックに乗ってこの奥地に来ていたから覚えがある。
DSCN9778_R.jpg


藩政時代の休み場所だというオアシス、当事の旅人はどんな気持で船形越えをしたのだろうか。
DSCN9779_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

随分前に同じコースを歩きました。
キャンプ場手前で木の上に熊(車の中から)。後白髭山への道には熊の落とし物。強風の中ビビりながら歩いた覚えがあります(笑)
沢渡の榧ノ木、そのうち見てきます。

熊さんねぇ

morinoさん

スズ沼の対岸はいますね。
キャンプ場でも窓を少しでも開けていると中の食料が狙われる。
今回は熊の雰囲気がありませんでした。(笑)
沢渡の榧ノ木は車中から…。

No title

高校時代、旗坂に下って車道を歩いていると、運よくダンプの荷台に載せてもらい、沢渡の榧ノ木で下車して、木の下でバスを待っていた事があります。
当時は沢渡の榧ノ木が宮城交通の終点でした。
今でもあの木を見ると当時の事を思い出していまいます。

沢渡の榧ノ木

SONEさん
旗坂から沢渡までは12キロばかりありますね。
昔は船形荘が中継点だったのでしょうか。
弟はここまで親父に送られ、旧升沢小屋に泊まり定義に降りたようです。兄の私はもっぱら泉からの船形山、定義しか知りませんでした。
沢渡の榧ノ木、今度は下車して物思いにふけます。

ニアミスだったのかな!?

お世話になっております。という堅苦しい挨拶なのですが、かつて蕃山ループをしようとした時に、地図とかで本当にお世話になっておりまして。

こちらのログの時間も見ると11時ちょっと過ぎぐらいに、層雲峡コースの方へちょっと下見に行ってから山頂に再び戻ってきておりまして。

もしかしたらお見かけしていたかもしれません。又の機会を楽しみにしております!

船形山頂で

くまぷーさん
こんばんはー。
蕃山地図で御縁がありましたか。
山頂標柱の近くにおりましたよ。
蔵王方面を見れば赤っぽい帽子の若者が記憶にあります。
少なからず視線を感じていましたオンッアンです。(笑)
層雲峡コース、いいですね。
今度、お会いしましたらよろしくです。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR