軍沢山は日本晴れ…ど真ん中の展望だった

2010.4/4(日)秋田県雄勝町・軍沢岳(イクサザワ) 1193.7m 天候:超快晴
メンバー morinoさん.k4さん.k4さん御家内.マロ7.マロ7おっ家内

このところ鬼首方面に目が向いているk4さんからラブコールがあった。
そういえば、馬の神でお会いし時も軍沢岳に行きたいって…おっしゃってましたな。

そんなにいい山かぁ、なんて言ってるうちに某山岳会が1週間前に行った。オッなるほどのお山である。
おっ、それならトレースがあるべぇってノリノリとなった。
4/3(土)に決行かと予定したが丁度この地域は雪マーク、それで翌日に変更した次第である。

メンバーはmorinoさんが急遽、湯殿山から方向変換、そして.k4さんご夫妻、マロ7おっ家内の5人のメンバーである。


秋田、宮城、山形県境の山でもほぼ三方境っていう場所のお山、二日前にも単独方が登っておりモチベーションは一気にあがる。こんなにいい天気、日曜日の今日は間違いないってネ。


さてさて、この日は田んぼの堀上げ共同とバッティングしました。昨年は欠席しましたので今回は出席しなければなりません。作業は6時開始、7時まで終了できれば何とか待ち合わせの、岩出山道の駅に8時半という設定をしました。堀上げ作業は6時45分に終了、余裕の時間です。


普段は吉岡から色麻経由ですが、利府しらかしINから東北道へこの度つながりましたので古川まで利用(550円)することとしました。



真っ正面には、先週登った蘭(アララギ)山が見えます。船形山は真っ白、今日は沢山の方が登っていることと思います。



岩出山道の駅に8時半集合、一路、鬼首へ、未踏の須金岳がお前さんがた来ないのかって…



仙秋鬼首トンネルを抜けて秋田県に入ります。先導はK4さん、何しろ下見しており登り口もバッチリとのことで安心です。



駐車場はバッチリ広く大型トラックも…ここに止めて車道をカモシカ橋まで車道を数百m南進します。



尾根の取り付きは獣よけのフェンスがあります。心配したのは、雪が無くなってこれを乗り越えられるか(k4さんハシゴも準備しましたよ)でしたが、難無くジャンプ(短足のマロ7はギリギリ)です。(>o<”)



早速、スノーシュを装着(マロ7だけワカン)して尾根にアスナロが点在、急登にアタックです。



それにしても、このクロベェの大きさにはオドロキ、すごいですねぇ。



1時間強で急登を終えあとは、緩やかな登りです。今日の天気は雲一つ無く(飛行機雲はありましたな)この冬の荒天続きのオマケをいただいたようなもんです。(^O^)ウレシーーー!!



高度を上げると山並みが目に飛び込んできます。振り返ると、高松岳、虎毛山が手に届くように見えます。山頂からの展望はどうか、鳥海は見えるか期待が膨らみます。本日のレディース…



仙台からの単独スキーヤーの方が追い越していきましたが我々はマイペースです。



ここで一息、アンパンを補給です。高松岳の右手に気になる鋭鋒の山並み見えました。





尾根を直登して、90度右へこれを乗り越えれば軍沢岳頂上です。



そして、白鯨のような山頂へ辿ります。



昨年秋に登った新庄神室の山並みが飛び込んできました。
ウワァーと息を飲む絶景とはこのことでしょう。全方位360度、さえぎるものはなし。西側には新庄神室連峰、東側には高松、虎毛、栗駒、焼石の山並みが…
んん、鳥海が見えないのが残念、火打岳は小又山の陰になっていますなぁ。






山頂からは、登山口のカモシカ橋が見えます。


そして山頂では一時の昼食  K4さんが持参のスコップで腰掛けを作成です。




下山はスタスタと、この眺望をもっと楽しみたいのですが、1時間の滞在となり皆さんご機嫌ですネ。




雲ひとつない山行き、今年の冬は荒天に悩まされましたが…そのご褒美が今日の山でしょう。



シメシメと思いながら、シメシメといいながら降りてきたお山でございます。


でも、意外な落とし穴があっちこっちに点在・_・~~~\( \)アアッ…おっ家内ガッ!!




見渡す限りの360度全方位展望に興奮のお山でした。翌日も余韻が残っていますよ。


参考までのルートです。ここは残雪があり、視界明瞭だから私らも登れました。
夏道のない急登、マイナールートですので自己責任でございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウヒャー、木の根元にズポッリっすか!?
でもウレシソウ(笑)

No title

あらら・ヘソに・はまりましたね・
・東北のへそ・・栗駒山じゃないか・・

No title

タッシー
下山でもう少しで登山道脱出の時にね…
1回だけではなく連続して、カメラを構えていましたよ。(笑)
お仕置きされましたよ。(>o<")

No title

ク~ さん
そうです。ヘソまではまったらどうしようもないですね・
・東北のへそ・・栗駒山、虎毛の向こうに見えましたよ・・
早くおいでおいでしてました。

No title

今回の山行、morinoさんがトップで我々を導き、maro7さんが後ろからパーティをサポートと理想の布陣で、安心して未知の山歩きができました。Morinoさんは快足、maro7さんは自由奔放、神出鬼没とそれぞれのキャラが立った山行でした。わかりやすい(笑)パーティで歩く楽しみに目覚めましたよ^^ 焼石は未踏なので、今年全部歩いてみたいですね。また機会があればご一緒できればと思います。
 それにしても、ズボってるの女性陣だけなんだけど、どーして?(笑)

No title

K4さんの計画に乗って大正解の山旅でしたね。
あの山頂の大展望は今でもはっきりと脳裏に焼きついていますよ。
周りが全て重畳とした山並みだから、孤高の感が強い山頂ですよね。
最高の天気と最高のメンバーに恵まれた幸せな山でしたね。
ところで高松岳の右手の山は吹突岳です。夏道はない山ですよ。

No title

k4 さん
今晩はー。
今回の山行はいがったねぇ。自由奔放、神出鬼没とは、当たりー。(笑) 焼石は縦走がいいでしょうね。
また、ご一緒よろしくお願いします。
ズボってるの女性陣っのは、深い訳があるんですなぁ(笑)

No title

SONE さん
K4さんの意気込みに同感でしたよ。
とにかく山頂の大展望は今日も余韻にひたっていますよ。
右手の山は吹突岳でしたか、夏道はないですが三角点があるんだって。私は適当に山猫森なんていいましたがこの山は虎毛に隠れていたんですね。見えなかった鳥海は神室の陰だったかな。

No title

いやー、いい山を堪能させてもらいました。
また計画立ててくださいね。いつでも乗っかりますよ。(笑)
あの尖がりは吹突岳というのですか?際立っていましたね。
そうそう、写真は取れませんでしたが鳥海は途中の尾根から見えましたよ。山頂からは神室の稜線の陰になってしまうのだと思います。

No title

morinoさん
目覚めた今朝もまだおとといの余韻がありますね。
本当に、いい山でございましたよ。
次はどのお山にしますかな。(笑)
あの尖がりの吹突岳はこれまたよさそうなお山ですが、際どいですね。鳥海は真っ向に見えるのかなとほのかな期待を持っていたのですが…。

No title

日ごろの行いが悪いので、快晴の日曜日は、普通に仕事してました(^_^;)。うらやましいなー。

この前会ったばっかりなのに、いつのまにか、k4さんとみんな仲良しになっててびっくりです。

No title

マス さん
日ごろの行いもいいから、快晴の日曜日も入所者の皆さんには喜ばれていたんではないかい。(^_^;)
お仕事、ご苦労さん。まだまだチャンスがあるんですからあせらない。
そう、山友はすぐに仲良しになれるところが醍醐味なのですよ。
人見知りのマロ7でも即、入り込めますよ。
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

No title

記憶にしっかり刻まれた山になったようですね。
また一つKちゃんと昔語りができるお山で良かったねぇ~~
軍沢・吹突といい山名がすごいね。
息するのも忘れそうなパノラマ伝わってきますよ!
いい日(旅立ちじゃなく)一日で良かった、好かった。

No title

展望の良い残雪の尾根歩き、天候に恵まれて最高でしたね。
歓声が聞こえてきそうな写真、楽しませて頂きましたよ。

No title

maronn さん
そう、今年の雪山納め…まだ早いかな。
フッフッ、昔語りができるまだ頑張っかい。
軍沢はアイヌ語みたいですよ。イクサというのは「川を渡る」ということらしい。吹突山は名とともに惹かれますよ。
さあ、春山だどー。ヽ(`○´)/

No title

みいら さん
昨年の葛城山も展望の良い残雪の尾根歩きでしたが、天候はそれ以上だったので最高でしたね。
歓声…無口なので心の中で歓声だったかな。
関山、近づいてきましたね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR