奥新川鉱山を訪ねて……

赤線ルートを歩いてきました。
ズリ山まで行って金塊は何処か…と、
往時のトロッコ道をみつけ水平下山と楽しんで下山かと…アレレ、道がない…。
【日  程】2016.11/12  【天 候】晴
【場  所】 奥新川四の沢
【行  程】 10:00奥新川駅~10:25四の沢~10:45第1の滝~11:05第2の滝~沢分岐(炭焼窯)~11:20ズリ山~12:00昔のトロッコ道~12:30崩壊道路~12:50無名沢・奈落の底?滝・戻る~13:10昔のトロッコ道~13:25ズリ山・昼食~14:10ズリ山~沢分岐(炭焼窯)~14:35四の沢~15:00奥新川山駅
【メンバー】ジュンさん、舟山さん、沢田石さん、tochiさん、ebiyanさん、ウエマツさん、おっ家内、マロ7   計8名    

DSCN3760 - コピー_R
秋保鉱山(奥新川鉱山)ですが
四の沢層のグリーンタフ(約2000万年前)の割れ目にできた鉱脈鉱床で、江戸時代から採掘されていた銅山です。
昭和36年9月閉山、最盛期には300人ほどの抗夫がいたといいます。
主要鉱物:黄銅鉱・黄鉄鉱・方鉛鉱・閃亜鉛鉱・石英・孔雀石・方解石・重晶石だそうです。
仙山線の赤い鉄橋の列車通過を待ちましたが…。
DSC09484_R.jpg


ウエマツサンから提供画像です。
DSC_0234[1]


午前9時、奥新川駅の駐車場から出発です。
そう、ebiyanさんとは数年ぶりのご一緒で、元気で活躍しておりました。
DSCN3686_R.jpg



DSCN3689_R.jpg


途中、奥新川食堂の番犬である北海道犬とすれ違います。
DSCN3690_R.jpg


奥新川神社を通り…
DSCN3691_R.jpg



直流変電所を通り…
DSCN3692_R.jpg


ここまでは平坦だが、ここからは山道だ、四の沢にかかる橋を渡り左に入ります。
DSCN3693_R.jpg


山道から沢に下りるとすぐ、第1の滝です。ここは鉄梯子があったそうですが僅かな残骸があるだけです。
DSCN3696_R.jpg


ロープ、ワイヤーが垂れておりますが、女性陣は大変かな。
DSCN3697_R.jpg


第2の滝は簡単です。
DSCN3700_R.jpg


沢分岐は右又へ。
DSCN3701_R_201611132013029bf.jpg


炭焼き窯が原型を保ち残っていましたのには驚きです。。
DSCN3703_R.jpg


人工物が出てきました。樹脂のホースは年代からして当事の物ではありません。もちろん、トロッコのレールもありました。
DSCN3707_R.jpg



やがて扇状地を思わせる河原がでてきます。
DSCN3709_R.jpg


DSCN3712_R.jpg


右手に、ズリ山が出てきましたよ。
DSCN3710_R.jpg

早速、ハンマーをザックから取り出して採掘…しますが。
黄鉄鉱、黄銅鉱、閃亜鉛鉱などだろうか…。
DSC09491_R.jpg



DSC09494_R.jpg



割った石の中から、やっとの思いで青い石を見つけた。
溶け出した銅が石の表面で孔雀石化したようなのか??
DSC09493_R.jpg


左手の斜面を見ると水平道があるようだ。ウエマツさんが先行したら間違いない…と。
DSCN3714_R.jpg


水平道には間違いないが、すぐに崩壊箇所が…最初からロープ、ロープ。
DSCN3720_R.jpg


2回目のロープ…段々と暗雲が…。
DSCN3727_R.jpg


さらに崩壊箇所が…谷に落ちることにした。
DSCN3729_R.jpg


まさに谷は奈落の底であった。戻れー。
DSCN3731_R.jpg


谷に落ちたはいいが、登るとなると大変…
DSCN3732_R.jpg


ズリ山へ戻って一安心です。
DSCN3740_R.jpg


炭焼き窯のある分岐の左俣こそが、奈落の底の滝へ通じるのだろう。
DSCN3743_R.jpg


四の沢橋、今度はいつ来れるだろうかな。
DSCN3747_R_2016111419232557b.jpg


予期しなかったトロッコ水平道と4回のロープ展長はちょっとした沢登り以上だったかも…。
奥新川食堂のお姉さんにも会えたし、笑顔の皆さんでありがとうでした。
DSCN3749_R.jpg


トロッコ水平道は崩壊場所が多数で一般者向きではなく沢装備が必要となります。
DSCN3762_R_2016111419300997e.jpg

そうそう、ウエマツさんからお土産をいただきました。
山梨県山岳連盟の2017カレンダーですよ。有難うございました。
DSCN3751_R.jpg

ルート図です。ジュンさん提供
旧秋保鉱山跡ハイクマップ_R

コメントの投稿

非公開コメント

思わぬ冒険

久しぶりで懐かしいみなさん(ジュンさん・マロ7さん・おっ家内さん)にお会いできてうれしかったです。また新しく知り合った方々との交流も新鮮で、楽しい一日になりました。ハラハラドキドキし通しでしたが、補助ロープで手助けしてもらったからこそあそこまで行けたので、貴重な体験になりました。
一攫千金の夢は叶いませんでしたが、山の恵みを考えながら歩くと山歩きもより楽しくなりますね!

謎の トロッコ道

ebiyanさん
何年ぶりでしょうか、まさかご一緒できるとは夢にも思いませんでした。
トロッコ道はありがたやと思ったら沢登りみたいになってしまいましたね。
ハラハラドキドキさせて御免なさい。
謎の トロッコ道、もっと知りたくなってしまいましたよ。
また、よろしくお願いいたします。

仙山の境界線

 何かかにか先人が居た痕跡が多数ありますね。

 以前も書いたかもしれませんが奥新川変電所は昨年91歳で亡くなった大叔父が若い頃国鉄マンとして働いた所ですしトロッコ道が残る等興味が尽きません。

 以前から関山、奥新川は私を呼びつけている気がしてなりません。余り温泉は興味ない割に秋保とか作並はフラリ行きたくなるのです。

 我が家は一時期関山の隣東根市沼沢の官舎で生活していた事もあり、今のところ関山の幽霊の正体では?とされる方の分家の爺さんと大叔父が交流があります。
 この爺さんも今年92歳で亡くなり今大叔父と冥途王庁で再会しているでしょう。

 関山の記事は奥新川入れて興味が尽きません。

No title

おお、ebiyanさんもご一緒でしたか。
金は採れなくても、親しい方たちの笑顔があって何よりでした。
二口は興味深いところですね。

関山と奥新川

羽前の国の旧車狂 さん
 おっ、奥新川変電所に大叔父が国鉄マンとして働いた場所では、興味がつきませんね。
鉱山跡よりもトロッコ道に興味 が出てきましたよ。
 来年はこの地に入るのが多くなりそうです。

金の笑顔

morinoさん
ebiyanさんとは震災前がぎ一緒だったかな…。。
そう、金の笑顔の奥新川でした。
奥新川の南沢北岸(仙山線沿い)にもトロッコ道があるようです。

No title

高校時代に四の沢から三の沢に抜けた微かな記憶が残っていますが、完全に道が消失してしまったようですね。
プチ冒険を楽しめ、久々にebiyanさんともご一緒できたようで、有意義な一日になりましたね。

プチ冒険だった

SONEさん
高校時代とは、数十年前(笑)
四の沢から三の沢に抜けるトロッコ道はかなり水平、でも、降下地点はあるだろうから道方は確かめたい気分です。
谷の部分はほとんど落ちていますが、軌跡をみると何とかザイルを持っていけそうか…なと。
プチ冒険とキノコ…金塊はお預けでしたがebiyanさんともご一緒できたから満足ね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR