関山のダットサン(その2)

話は今から3ヶ月前のことである。
M子さんは私よりひと回り上のお姉さんである。
ふとしたことから、 会話が弾み若い頃はバスガイドをしてたのよ~…となった。
東京のバスガールならぬ仙台のバスガールだ。
当時の交通事情からは近県に行くのが遠距離だったという…。
blog_import_5379c71f1a5a3[1]

画像は本ブログの2009-11-14
「ボンネットバスに乗れたどー」から  昭和40年あたりいすづの乗り合いバスです。
ttp://maro407080.exblog.jp/9244559/

まずは、2016-03-30にアップした。
関山のダットサン
http://maro70.blog.fc2.com/category20-1.html
をご覧なってください。

【マロ7】 そうでしたか。バスガール、当時は華やかなお仕事でしたよね。それでは、古い関山街 道はご存知ですよね。

【M子】 蔵王エコーライン開通も、吾妻スカイライン開通も私にはいい思い出でしたわ。そう、関山 峠のトンネルも通って山形へサクランボ狩りへ行きましたよ。

【マロ7】 古い関山峠ですが、山中の崖に乗用車があるの知ってます。

【M子】 知ってますよ。この乗用車は私にとって身近な出来事だったのよ。

【マロ7】 えっ、それはいつ頃のこと…。

【M子】 記憶が出てこないなぁ~。

【マロ7】 その、古い関山峠の乗用車はダットサンで、原型を保ちながら30m下の崖に引っ掛かっ ていますよ。

【M子】 えっ、何であなたは知ってるの…。

【マロ7】 山歩きしているうちに見つけましたよ。それから数回、現場に行き交通事故の車なのか考えて みました。その結果、このダットサンはタイヤもない。シートもない。見るからにスクラップ車 だと判断したのですよ。

【M子】 実はね。あの事故は私の同級生とその家族なの。

【マロ7】 えっ、同級生って。??

【M子】 小学校の頃のお友達かな。YちゃんはA市の○浜、冷凍工場の近くに住んでい たよ。両親、兄弟の5人家族だった。その、Yちゃんの家族の乗った車は関山で崖から転落してYちゃんだけが助かったみたい。その後、一人残ったYちゃんは隣県に住むおばあちゃんに引きとられたみたい。風の便りではYちゃんは結婚したようでしたが残念なことに若い頃に亡くなったみたい。Yちゃんのお父さんは大きな会社に勤めていましたよ。

【マロ7】A市で大きな会社に勤めていたことは存じていましたが…。

【M子】 私はあの関山を通るたびに、事故のことアナウンスしていましたよ。事故の車は見ていませんが当事からそういう認識でした。
DSCN3978_R.jpg



【マロ7】 えっ、そうするとあのダットサンはスクラップでは無かったの…???でも、見るからにスクラップなんだよね。
画像は 昭和12年の拡張工事時の撮影か?  宮城地区雑記帳から<仙台市宮城地区郷土史探訪会発行>
DSC09539_R.jpg



※何年か前に、職場で関山の事故車の話をしたら同僚が話したことと概ね合致した。それにしても、ふとしたきっかけからまた違う展開になってきた。しかし、この時はまだ、事故車両という認識はなじかった。


それから3ヶ月後。
2016.11.23関山フォラム協議会の行事に参加した。 10名の一行のなかに天童のA氏がいる。A氏はこの山域に精通しており面白山や小山田 新道を調査するなど文献や講演なども行っている。

私は関山旧道からスクラップ車両を見ながら同行の皆さんにこれまでの経緯を説明した。ところが、A氏は、見方として昭和のその頃は物資も乏しく、事故車両があれば部品取りなどの窃盗もあった。その状況を踏まえれば、スクラップ車両ではどうかなと……。画像は小新川山北稜線からみた関山旧道、峰渡り交差部から水平道が旧隧道に向っている。ダットサンは矢印の方向だが、稜線の陰となり見えない。 
DSCN6428_R[1]

結論 …ということで、スクラップ車両と判断していましたが、これらの経緯から事故車両であるか否かは謎であり、これまでのスクラップ車両説をリセットしたい。

コメントの投稿

非公開コメント

へこ~っ!

 今回の率直な感想です。

 いすゞボンネットバス、これ知って居ます。有名な個体ですね。

 確か1948年式のバスもお持ちのオーナーさんだった筈。このバスも確か関山ではないけどR48絡みのところに40年程潜んで居た筈。


 

ん~む

羽前の国の旧車狂さん
へこ~っ、しましたか!
いすゞボンネットバス、塩釜の近くの町にありますよ。
1948年式のバスはトヨタBUですかな。
当事は塩釜交通のバスで、我の地元も走ったようです。。

報告有難うございます

 そろそろ何らかのアクションが有るだろうと思い拝見しますと、そういういきさつでしたか・・・・。
 然しまぁ・・・・何ともアサましい事を考える輩が存在するんですね、丁度私の車と同じ昭和38年に製造され、どうも話の内容は・・・・昭和39年9月22日のアレに似ている。そう六条家の話。

 タイヤとかラジオなら兎も角シートまでカッパらいますかね?その神経が考えられません。


 これから再考して「こうではなかったのか?」と自分の考えを纏めさせて頂きます。無論実名をご存じと思いますが、これは公開する気はないですが、宮城県の方なのか教えて頂ければそれで十分です。

 それと同時に写真お貸し下さい。拾いに行けるはずないし、絶対再生不能な状態ですからいたずらには使われないと確信しています。

関山フォーラムのAさん

  と同じ所に私は住んでいます。(4月連絡先お知らせしました)年齢は以前お話しした通り団塊の世代Jrでも一番多い昭和48年生まれ。物資面ではかなり豊かな時代に生まれましたので、この時代の私には死者が出た廃車何かには群がる気持ちは理解できません。たとえそれがロールスロイスであっても。生でこの時代を知るAさんならば先ず間違いないでしょう。

 私がスクラップと断定した理由は、同じ年の8月関山峠山形県側の崖下60米下にお婆ちゃんが勤務していた先の児童の母子が事故死したけど、これはクレーンで全て引き上げました。

  30米程度で引き上げられないは考えられません。それとこれまでも関山隧道を出て宮城県側は結構な台数が転落していますが、その近辺は転落車両がありませんので?なのです。

 もしかしたら・・・ですが、遺体引き上げは警察や消防が無償で引き上げるが自動車は有料で引き上げなので引上げ費用が出せずそのままかな?

 

師走の迷走

羽前の国の旧車狂さん
六条家の話はやっぱり根っこがあったのかなぁ~。
ハイエナ軍団はいつの時代でも存在します。
昔は秩序もなかったみたいだし死者が出た廃車でも営利目的ならどんな状況だろうとお構いなしでしょう。
当時の関係者の話が聞ければ一番の真実でしょうが今回のような偶然の出会いに期待します。
六条家の隣かな、写真はどうぞ。
今回はスクラップ説を私ながらに白紙に戻しただけですのでご承知ください。

ブログに使わせて頂きました

  ブログに書きましたが、恐らく当時タクシー上がりのブルーバードSTDを購入した者が新車から1年程度のブルーバードのそれが落ちていると知るやDXの部品を剥ぎ取った、補機類を剥ぎ取ったとなりあの姿になったと私は見ました。

 不自然に左側が大きく破損しており、部品を盗む為に乱暴にこじ開けたと考えると筋が通ります。

 スクラップにしては金になる部品が残って居り、自分の中では解せない点がありましたが、こういう話があると「本当に転落した事故車」となるのが自然ですね。

 まずあれだけ綺麗に剥ぎ取るのだから、事故は昭和39年9月22日が妥当な線でしょう。特にタク上がりはステアリング周り、ブレーキクラッチペダル回りは損耗酷いから、それらが無い点タク上がりのユーザーの仕業とみて居ます。

 それとステアリング周りはDXとSTDでは違いがあり豪華なDXは欲しくなりますし。

 

降出し

羽前の国の旧車狂さん
色々と推測がありますがね…。
今回はこれまでのスクラップ車をリセットして、降出しに戻った考えです。
これからの進み具合で、事故車かスクラップ車のいずれに進むかなと思うのですが、今は真っ白です。
今後は、関係者で現場に行った方の話を聞きたいものです。
50年前の出来事ですが、今がチャンスかな。

No title

私も友人が運転していた車に乗っていたとき、崖から転落して車が大破した経験があります。
その時は林業用のクレーンで簡単に車を車道まで持ち上げることができました。
本件は事故車か放置車か判断は難しいですが、どちらにしてもあの場所に置き去りになっているのは、あまり良い事ではないですね。

No title

SONEさん
同乗で崖から転落とは…無傷でしたか。
条件がそろえば今の時代可能でしょうが、この当事の関山は厳しいでしょうね。
二口のエシコ沢にも無残な転落車両がありますがここはどうにもなりませんね。。
プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR