石投山から黒森山 を周回

昨日は日向ぼっこでゆっくり昼寝したので、今日は歩きたいとマロ子。
時間的に天候的にいいのは南三陸だろうねって、遅いスタートでした。
【日  程】2016年12月18日(日)
【天  候】晴
【山  域】南三陸・石投山、小萩山、黒森山
【行  程】 9:45駐車場→10:10山神碑→10:50赤松→11:05石投山11:20→12:35雄勝峠→12:40反射板→12:50昼食13:00→13:30小萩山→藪漕ぎ→13:45作業道→14:20黒森山14:25→14:55工事道→舗装道路→15:20日蕨集落→15:40駐車場<5:55>
【メンバー】おっ家内・マロ7・マロ子  2名と一匹

黒森山へ通じるルートができたということで、石投山から左回りで女川のお山を周回してきました。
女川町最高峰、端正な石投山。
DSCN4495_R.jpg


石投山は以前、ジュンさんと歩いており今回で2度目です。この時に歩いた時に別尾根で下山する地元のヘムレンさんご一行と会いました。ここは地元の女川ネイチャーガイド協会が整備しており何れは周回コースで楽しめるようだと。林道脇の広場から出発です。
DSCN4499_R.jpg



林道を進むと、山神様の大きな石碑、マロ子が先導したので登山口を行き過ぎ20分のロス。
DSCN4501_R.jpg


戻って、小沢を渡って尾根へ辿ります。
DSCN4504_R.jpg



ルートは作業道跡、急坂に汗をかきますが、遮っていた木々の切れたところで黒森山が姿を見せます。
DSCN4513_R.jpg


尾根道から雑木林へそして急登が続きブナの大王様みたいな 赤松が出てきます。
この赤松は尾根状に続きます。考えてみれば港に出入りする船舶の目印になるのかなと…。
DSCN4517_R.jpg


マロ子…汗ダク??
DSCN4519_R.jpg


誰もいない山頂、伐採されて東側が開放的になっていました。
DSCN4521_R.jpg


冬至の日に、石投山から江ノ島を見るとその向こうに太陽が昇るという。江ノ島には県内で唯一のストーンサークルがあるので神秘性が増してきます。
DSCN4520_R_201612200635040bb.jpg


牡鹿半島と金華山。
DSCN4525_R.jpg


登山口から山頂まで1時間弱、累積標高差は450mである。
DSCN4527_R.jpg



背景の石投山をあとにしてアップダウンを繰り返しながら、雄勝峠方面へ進みます。
DSCN4531_R.jpg


マロ子はぬかるんだ急斜面でも4駆は強い。
DSCN4534_R.jpg


女川町の最高地点は石投山ではないという説があるようで、途中より道をはずして計測してみましたが石投山(GPShは475mだった)より低い。
DSCN4536_R.jpg


MTBに乗った男性、石投山あたりまで行こうって…走っていったらマロ子が遠吠えしたのだ。
DSCN4537_R.jpg


作業道に出ると、南側から電柱があがってきており、ここも行けるんだと。
DSCN4538_R.jpg


そして電柱は作業道に併設され西側へ続いています。
DSCN4539_R.jpg


先ほどのMTBさんが戻ってきました。マロ子はもう慣れてしまってる。
DSCN4542_R.jpg


MTBさんの急坂2輪ドラフト走行を見させていただきました。(パチパチ)
DSCN4543_R.jpg


舗装道路に出ると右手に反射板が出てきます。
DSCN4544_R.jpg



反射板を過ぎると、左手に入ります。MTBさんは京ヶ森へ向うそうで,我々も続きます。
DSCN4546_R.jpg


ここからは 整備された石巻ハイキングロードへ、ジュンさん企画で2012年1月に水沼山から京ヶ森への縦走時に歩いた道です。
DSCN4547_R.jpg

途中、ラーメンはやめてパンの昼飯、マロ子に「待て」をかけたら不満そう…だったかな。
DSCN4549_R.jpg


林道を横切り、前方左手のフェンスを目指し入って行きます。
DSCN4560_R_20161220172736f09.jpg



右手を歩いて行くと小萩山の三角点到着します。
DSCN4563_R.jpg



小萩山の三角点、展望はない林の中の山頂です。我々はこのまま進み下の林道に出るのにヤブ漕ぎをしました。
ならば、往路を少し戻った方が懸命です。
DSCN4566_R_20161220174002733.jpg


密薮を突いて林道へ戻ります。猪のヌタ場を見るマロ子。ここはY字路なので左に進み黒森山を目指します。
だから、マロ子も来たのです。
DSCN4574_R.jpg


尾根上の広い防火帯、陽だまり歩きを楽しみます。
DSCN4577_R.jpg


防火帯が終ると、黒森山の登り、最近までは密藪だったのですが、綺麗にルートができていましたので大助かりです。
DSCN4579_R_2016122017400583b.jpg


山頂近くで女川漁港と青い海原が見えて最高の展望。
3.11大津波で行方不明の同志のOさん,ご冥福を祈りました。
DSCN4582_R.jpg


黒森山から石投山を眺める。
DSCN4586_R_20161220180023a5e.jpg


周回をして最後の頂から下山すると…マロ子と呼ぶ声。
アレレ、マロ子を知ってるなんて…。マロ子は擦り寄って行ったんだな。
DSCN4595_R.jpg


なんとこの前、秋保鉱山にご一緒しましたジュンさんでした。何とまぁ、凄い偶然です。
DSCN4597_R_20161220180025736.jpg


モミの大木が残る展望の尾根を下ります。
DSCN4599_R_2016122018002722b.jpg


道路工事の場所に出ました。
DSCN4603_R_20161220180746f46.jpg




延延と舗装道路歩くとショットカットコースが整備されていました。
DSCN4610_R.jpg


日蕨集落に出ました。
DSCN4614_R_201612201807505bf.jpg


集会所では慰問の方々、「劇団四季」によるコンサートで歌手が熱唱中でした。
マロ子は赤い服を着たサンタクロースにおねだりしましたが…。
DSCN4615_R.jpg


小川を渡河しようと考えていましたが、仮設住宅から仮橋が設けられておりました。
DSCN4618_R_201612201807526de.jpg




距離14.2km、累積上昇量885mと、師走の木漏れ日を浴びながら。急に決めた南三陸のお山歩きでした。(^^)
DSCN4622_R.jpg



帰りは、「シーパルピ女川」に立ち寄り海産物の仕入れ、入浴券をいただきましたので温まってきましたよ。
DSCN4625_R.jpg


DSCN4631_R.jpg





石投黒森








コメントの投稿

非公開コメント

No title

この日は結構近場におられたのですね。
早速石投山から黒森山への周回をされましたか。
どちらも全然違う山になっていて驚きですよね。

黒森のヤブ

SONEさん
大六天山から石投山に歓声が聞こえてきましたよ。
石投山から黒森山への周回は良いですね。
以前の黒森のヤブは凄かったでしょう。
どちらも全然違う山になっていて驚きですよね。
「シーパルピ女川」で会えるかなと思ってましたが…。(笑)

No title

何と、お向かいの山周回でしたか。
しかも、じゅんさんと会うとはね。
この時期は最高の山域ですよね。
マロ子ちゃんも楽しそうです。

メリークリスマス

morino さん
黒森周回を来年に残したくなかったので決行。
ジュンさんとは私たちと会うと予感していたようですよ。
声をかけられてどこのオッサンだろうと…(笑)
マロ子は負んぶ要求ぜず14キロ歩いたので誉めてます。

No title

石投山も黒森山も行ったことがないので、大変参考になりました。
私もいつかは歩いてみたいものです。
でも、周回となればけっこうロングコースなので無理か?

青空の三陸

やまぼうしさん
これからのお山は青空の三陸がお奨めですね。
石投山から黒森山、大丈夫、途中エスケープもできますね。

No title

近場を歩いていたんですね。
夫婦で歩くのが良くなったんだね・・・(姥は寂しいね~)
潮風トレイルも八戸スタートコース少し歩いたので、女川も歩けて良かったよ。
海沿い歩きは眺望がいいね。
そのうち山で会いましょう!偶然が訪れますように!
お互い1年健康で山歩きでき良かったです。
新風吹き込み認知予防しながら楽しみましょうかね~~

いよいよ残りわずか

maronn さん
この日はずっと大六天山が見えて歓声が聞こえてきましたよ。
潮風トレイル、おら方まで来ないのかなぁ~。
海沿い歩きのあとは海産物にたどり着けるからいいね。
お互い健康で山歩き…ひとつ加算して来年も頑張るかぁ~。
新風…絞りたて求めましたから新酒で認知予防しますねぇ~~
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR