蕃山周回

.【日  程】2016年12月25日()【天 候】曇時々晴
【山  域】中青葉丘陵
【行  程】9:30松倉→9:35沢渡渉→10:00開山堂→10:35西風蕃山→11:05萱ヶ崎山11:40→お堂→馬越石トンネル→ 12:20松倉
【メンバー】おっ家内・マロ子・マロ7・2名と一匹

朝はなかなか起きられない…。やはり、今日は近場の山でしょうか。
西道路を過ぎればすぐに登れる山が蕃山。今日は蕃山へ松倉から直登するコースを選びます。
カメラを忘れたので画像は携帯電話カメラですので…ご承知ください。
CA3I0369_R.jpg
フェンスが設置されていました。
CA3I0370_R_20161226072003095.jpg


小沢を渡渉し右に曲り尾根に入ります。
CA3I0371_R.jpg


入り口には開山堂への表示が取り付けられていました。
CA3I0373_R_20161226072005819.jpg


振返れば、大白山が正面に見えます。
CA3I0374_R.jpg


予想外の急登だって、マロ子は待機時間が長くなります。
CA3I0375_R.jpg


開山堂前には親娘3人が休んでいました。下山したら愛子ラーメン街道に行くそうで、同じ計画でした。
CA3I0378_R.jpg


開山堂裏にある石碑、「文政二巳」の製作、所々判読できますが…興味津津。
CA3I0382_R.jpg


西風蕃山は風が強かった。
CA3I0383_R.jpg





おっ、今年初のツクバネです。
CA3I0384_R.jpg



CA3I0388_R.jpg


昨日作った工作は、コンロの台でした。安定度が増しましたので…鍋もいけるかな。
CA3I0389_R.jpg


マロ子はソーセージが欲しいって、見つめます。
CA3I0390_R.jpg


萱ヶ崎山からの展望はイイね。蔵王は雪が少なかったですね。遠く伊達市の七峰山が見えましたよ。
CA3I0392_R.jpg


マロ子が見つめるのは小鳥、追いかけても飛ばれてしまうんだね。
CA3I0394_R.jpg


いつしかお願い事をしましたので、祈願の御礼をしてきました。(フンパツ)
CA3I0395_R.jpg


馬越石トンネルの南側はソーラー施設ができていましたね。
CA3I0396_R.jpg


周回完了、3時間で6キロ、累積標高差430m。おっ家内は忘れ物したので回収に戻ったから8キロ歩きでした。
CA3I0398_R.jpg


やはり「おり久」で食べないとね。私はカレーラーメン、おっ家内は赤ミソラーメンを堪能。
CA3I0399_R.jpg


あっ、キノコ納めもしてきましたよ。
CA3I0387_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

石舞台?

ご無沙汰しております。当日わたしも蕃山へ、行つてました。前から気になつていた「石舞台」(開山堂にある箱に入れてある案内図にかいてある?制作geki)へ、、行き方は松倉コースの反対側右側へ、少し藪ですが
作業道がジグザグにあり15分で着きます。予想通り眺めが良く正面に太白山、眼下に盲犬訓練所と県道、馬越石トンネル遠く太平洋が見られます。石舞台といつても?痩尾根に少し大きな石がある程度です。南に下ると県道です。イノシシ柵あり、私は北側の尾根に取り付松倉コースに合流して、開山堂へ、少し急登ですが100mぐらいので、すぐにコースへ、杉の植林地があるので枝道が多く、迷いやすいです。まだ行ってなければ?葉が落ちたころがいいいと思います。



石組み

ぴんぴんころりさん 
今晩はー。
蕃山にも石舞台…あってもいいですよね。
大梅寺の雲居和尚は蕃山の四方八方にいろんな修行の場を設けたかな…って思ってしまいます。いまから10数年前でしょうか、瑞巌寺で行なわれた400回忌には全国から弟子達が参列していました。
さらに、太白山にも謎の石組みがあり里山には興味をそそられます。
コメント有難うございます。




No title

成程、松倉から南尾根を登って蕃山に着くと、車道歩きが少ない周回ができますね。
年末いろいろあってなし崩し的に山収めになりそうですが、明日は何とか少しだけ歩いてきたいです。

また来年もよろしく

SONEさん

以前の松倉からの南尾根はヤブ道でしたが、整備されて一般道になりました。開山堂のところに通行止め表示もなくなっています。
簡単に歩くならこのコースでしかな。(笑)

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR