七ッ森の御秘所…笹倉山の黒岩

【日  程】2017.1/8  【天 候】晴
【場  所】 七ツ森.・笹倉山
【行  程】 9:20駐車場~9:40黒岩~12:20国見崎13:15~13:20笹倉山~13:55林道~ 14:25駐車場
【メンバー】「同人nanatsumori」大和のチバ、yosiko、マロ7   計3名   
七ツ森は黒川郡の霊地である。主峰笹倉山は七薬師の奥の院でもある。頂上の国見崎の奥の院には薬師堂がある。国見崎には原始時代祖霊が山から下界を見渡して、子孫を見守る場所であったとされ、磐座(祖霊の座)があったところでもある。古来、日本人は先祖が古くなれば山に住むと信じ、山そのものを祖霊の住家であると捉え、先祖が山の頂上に鎮座して、麓に生活している子孫を見守ってくれていると考えたのである。その御座が磐座であり神の依代である。
参考文献「黒川の薬師信仰」著者大宮司慎一 平成25年4月発行を引用しました。

私のお気に入りの場所から望む七ツ森連山(左手が笹倉山)
DSCN5321 - コピー



七ツ森 笹倉山黒岩、地元の人は黒岩と呼んでいるらしい。
DSCN5336_R.jpg



七ツ森の座(くら)山信仰の源流を探るべく第2弾
自然体で結成された?「同人nanatsumori」のメンバーチバさんとyosikoさんの3人チームで臨む。
七ツ森のそれぞれの磐座に引き込まれていく。
DSCN5348_R.jpg


大寒を過ぎたばかりなのに暖か…出発から斜度はすぐ汗が噴き出す。
DSCN5351_R.jpg



黒岩の下に出た。見るからに七ッ森の主峰の大岩壁です。ここまで距離は短かかったがかなりの急登だった。
DSCN5355_R.jpg




一段目の岩場は早速、50mロープをク展張した。
DSCN5363_R_20170130063739ac8.jpg


上部の岩場はもっと厳しいようだ・・・。。
トラバースしていくと、よさそうな凹部、そしてロープが垂れさがっている。
このロープは太さ12mm以上はあるが、一般的なナイロンロープ、岩面より離れているので利用は禁物だ。
なぜこんなところに残置ロープが…40年前に同僚から七ッ森に行かないかと誘われたことがあった。
ロープを垂らして懸垂降下するという、この時は興味がなかったので参加しなかったが…これもその一つかと脳裏をかすめた。
DSCN5370_R.jpg


チバさんアタックですが、…。
DSCN5376_R.jpg



垂直に近い岩場は厳しかった。安全第一の「同人nanatsumori」チームは無理をしないことが主眼です。
DSCN5378_R.jpg



黒岩の壁面をトラバースする。
DSCN5380_R.jpg


キワドイ箇所も多数、奈落の底には行きたくない。
DSCN5384_R.jpg


岩場を抜けると急斜面が待っていた。
DSCN5394_R_20170130071907ed0.jpg


でも、国見崎への尾根に取り付けばひと安心です。
DSCN5396_R_20170130070942b8b.jpg


yosikoさん先行で国見崎到着です。
DSCN5397_R.jpg


国見崎には東面から登るが、今まで目にとまらなかった大正時代の山神碑もあった。
DSCN5398_R_20170130224057740.jpg


国見崎からの展望は栗駒山から青麻山まで、名前のとおりこの山で唯一の展望地である。
青空の下、太平洋の海原が青かった。
DSCN5399_R.jpg


まずは、黒岩を登りましたよ…ポーズ。
DSCN5401_R.jpg


国見崎から数分で山頂の薬師堂に着く。
ここには合祀された薬師如来が祀られているそうで、鉄製の薬師如来は50年に一度伊達政宗に斬りつけられた傷を隠す包帯がとられて、御開帳されるそうです。
大森薬師堂の手前には、麓の宮床が生んだ女流歌人「原阿佐緒」の本名が刻まれた石灯篭がある。
これは幼少の頃病弱だった阿佐緒(浅尾)の健康を祈願して阿佐緒の父が奉納したものだそうだ。
DSCN5407_R_201701302241016bc.jpg




薬師12神将像碑は判読できない。文政9年に瑞巌百十五世が奉納したものである。
DSCN5413_R.jpg


薬師様に祈願して、裏手からルートのない西斜面を下ります。
DSCN5414_R_201701302241044fa.jpg


かなり古い道標ですが上に蔵王連峯展望台、真ん中が船形連峰展望台、下が伊達政宗御覧場と判読できた。
DSCN5415_R_201701302241060cb.jpg



急斜面は木々が伸びて展望はイマイチ、西斜面から泉ケ岳方面の眺望。わずかに伊達山林道も見えてきた。
DSCN5420_R.jpg


長倉山の向こうには蘭山、そして泉ヶ岳が新鮮に見えた。
DSCN5424_R.jpg


伊達山林道に出てバンザイ。
DSCN5430_R.jpg


30分ばかり歩くと笹倉山の東面、黒岩が望めた。
DSCN5435_R_20170130230306925.jpg


黒岩
DSCN5439_R.jpg


楽しいプラス極上の里山歩きでした。
DSCN5440_R_20170130230309bb5.jpg


帰りは「山里海」さんでラーメンをすすってきました。
DSCN5442_R.jpg


大寒を過ぎたばかりですが、陽だまりのなか「黒川の薬師信仰」のひとコマを味わいました。
七ツ森の全ての山頂に祭られている薬師如来、無病息災で過ごせるとされる風習「七薬師がけ」が今も残るなど、薬師信仰が生活に息づいています。 里山である七ツ森には古来の山岳信仰に中世の修験道が加わり、神仏習合によって黒川地域の薬師信仰が成立していったのでしょうか。
DSCN5336_R - コピー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

山岳信仰探検隊の面目躍如の山行でしたね。
それにしてもビレイが取れない岩壁は大変。
達成感は大変なものでしたでしょう。
次回はどこでしょう。
楽しみに待っていますよ(^^)

磐座(イワクラ)

morinoさん
冬場のザイルワークと思い込んだ七ッ森散策は方向変換し山岳信仰探検隊になってしまいましたかな。
七ッ森の磐座(イワクラ)それぞれあるようですが笹倉山の黒岩は最大でしょうか。
なかなかの場所でした(^^)

No title

あの岩場の名前を初めて知りました。
なかなか充実した山行になりましたね。

黒岩

SONEさん
黒岩からしみ出る水で…と何かの文献を目にしていました。
帰りのラーメン屋で地元の方と黒岩とお話したら通じましたよ。
短い行程でしたが手ごたえありです。

プロフィール

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR