大震災から6年

あの震災から6年が経ちました。
時の経過とともに、日常を取り戻すことができている人も多い反面、まだまだ困難な状況の中、復興への長い道のりを覚悟しながらも、 必死にがんばっている人がたくさんいます。
昨年は避難所(集会所)が完成し、地区の復興も進んで今年中には大きな事業が終ります。
DSCN6221_R.jpg
県の事業で新たに津波表示板が地区に3箇所取り付けられました。
ここは、海岸から50mの位置、津波は10mまで達したでしょうか。
DSCN6223_R.jpg


海岸線の延長戦にある民家です。津波は陸地に向かい、その後、引き波が押し寄せて…矢印まで到達したようです。
DSCN6232_R.jpg


海岸線から300mの位置です標高は5mでしょうか。
自宅の2階から見ていた青年、津波が目線と同じ位置になったようです。
DSCN6238_R.jpg


この地の老舗旅館は昨年末で営業を終えました。
DSCN6228_R.jpg


私が1期生の幼稚園、そろそろ幕を落とすそうです。
DSCN6235_R.jpg


行政も、住民みんな一生懸命頑張ってますが…。
不思議なことが起きています。宅地は買い上げされて黒松が植えられました。しかし、隣接の農地はそのままです。
本来は一括買い上げで土盛りをして平らな土地になると思っていましたよ…。
そうすれば、こんなに高い立派な堤防は必要ありません。
DSCN6231_R.jpg


町内ではまだ2名の行方がわかっていません。
3月9日には海保と警察合同で不明者の捜索が行なわれました。
砂の中からアリを見つけるようなもの凄い努力、だと思います。
しかし、この海岸は昨年に堤防が新しく築造されたことにより砂浜に重機が入り原型が変わっているのです。
何も見つからなかったと思います。ご苦労様でした。
DSCN6234_R_201703111825050cd.jpg


テトラポットも無かった小さい頃、海岸に降りてゴカイ採りをした「乙女浜」よ、さようなら。
DSCN6226_R.jpg


3月11日14時46分、海に向いて…合掌。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR