大峠・関山峰わたりの整備作業

【日  程】2017年4月22(土)  【天 候】晴
【山  域】 奥羽山脈のまん中 
【行  程】 国道48スノーシェルタ→坂下境目番所跡→旧国道交差部→峰渡り→大ぶな→関山→出羽国見晴所(仮名)→いっぷく所(仮名)→乱川渡渉→国道48号線
 【メンバー】 関山フォーラム等の皆さんマロ7・ 計10名
自宅を出る時、連れて行ってもらえないと悟ったマロ子の表情はさえなかった。ゴメンナサイ ヽ( ´_`)丿
DSCN0049_R.jpg
関山・峰渡りの起点はR48脇にある杉の木がある。
DSCN0051_R.jpg


関山トンネル前の工事は終ったみたい。右岸の埋め立ては撤去されたみたい…だが、完璧にはあらず。
DSCN0055_R.jpg



関山トンネル通過、ひと月前のことですが、何回かお山をご一緒しましたK子姉さんがここで事故に逢った。まさか…合掌。
DSCN0057_R.jpg


下山地点にこの地域に詳しいAさんが待っており合流した。
その前に、渡渉地点に置き石をして来週の峰渡りに備えました。
DSCN0058_R.jpg



宮城側に戻り、広瀬川を渡渉。
今日は今月30日に行なわれます関山フォーラム協議会主催の「峰渡り」行事のルート整備にボランティアとして参加です。
DSCN0060_R.jpg



坂下御番所跡。広瀬側源流受難の碑に春がやってきました。
DSCN0062_R_20170422204823f21.jpg


明治の頃、塩釜港から運ばれたダイナマイトが炸裂して多数の犠牲者が出た受難の地でもある。
DSCN0066_R_20170422204824546.jpg


坂下川合流点からの右岸(海に向って右側)をすこし溯ると昭和48年に造られた堰堤が見える。
DSCN0071_R.jpg


番所跡から旧道までは一番の急登、昨年にロープを着けたので少しは楽かな。
峰渡りのルートは急登から北側へずれます。今の直線急登はコンクリート痕跡もあるので堰堤の工事の時の作業道と思われます。
DSCN0073_R.jpg


峰渡りと旧道交差部、崩落が著しいのでここの通過は危険です。もう、ロープはありません。
DSCN0074_R.jpg


交差部から100m西側に進んだ位置にアルミ梯子がありますのでそこから尾根へ登ります。
その反対側(南側)の道路下にはダットサン310が我を迎えてくれました。
DSCN0076_R.jpg

今朝は愛子でワイパーを動かしましたが、天気予報は当たりの晴れ。
DSCN0078_R_2017042220551439d.jpg



倒木などを排除して楽しく安全な山行となるように皆さん頑張りましたよ。
DSCN0082_R.jpg



江戸期の古文書には「おおぶな」の記述が出てくる。
ブナの樹齢は200年とも…しかし、いまから400年前には「おおぶな」…生きていた、とするともう600歳…もっとかな。
DSCN0085_R.jpg



手前の尾根の南側稜線には小山田新道が走る。その向こうには面白山から派生する山々。
DSCN0093_R.jpg


昨年ヨrも、イワウチワが満開かな。
DSCN0098_R.jpg



真新しいものではないが、奴の痕跡があった。
DSCN0102_R.jpg


山頂手前、すこし左にそれて笹薮を整備、このまま進めば「やらいはりしょ」という場所の出る。
ここは、番兵がいたのか、それとも一服茶屋でもあったのか興味津々である。
DSCN0100_R.jpg


昨年は無かった残雪。
DSCN0105_R_20170422211646d22.jpg


奥羽山脈の背骨、関山から北面白山への空白の稜線(実際は水分から面白山まで)夢は遠くへ…でも、目におさめることはできる。
DSCN0107_R_20170422212309f7b.jpg



二口の盟主、大東岳。
DSCN0110_R_2017042221231202f.jpg


ワッ倉。
DSCN0111_R.jpg


矢尽から北面白山はわたしの憧れる稜線。
DSCN0112_R_20170422212313dd2.jpg


山頂標識はさらに熊さんに齧られたままだった。
「関山」という山名はないが、ここは東根市関山という表示なのです。
DSCN0114_R.jpg



山稜をみながら皆さんで楽しい昼飯。
DSCN0115_R.jpg


下山は北側に黒伏山塊が見えてきた。
DSCN0122_R_2017042221303563b.jpg


「柴倉山」は秋キノコも含めてか。
DSCN0124_R.jpg



「白森」は沢渡黒伏からつないで辿った山稜、ナメコをいただいたな。
DSCN0126_R.jpg


山形側、唯一の展望、ここは羽前国見晴所(仮名)。
時節は変われど江戸期の人々も同じ光景を見たのでしょう。
DSCN0129_R.jpg



月山と村山葉山。
DSCN0131_R_2017042221384694b.jpg


いっぷく所(仮名)にて休憩、尾根の中にここは窪地となっている。
Aさんのここだけのお話に耳を傾けた。
DSCN0132_R_20170422213848396.jpg



山形側イワウチワは色が濃い。
DSCN0136_R.jpg


作業も終盤、情熱が入ります。
DSCN0140_R.jpg


乱川を渡渉してデポ地点へ、来週また会いましょうと…楽しいボランテァ作業でした。
皆さん有難うございました。
DSCN0150_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

  万世大路もそうですが、こういう愛好家のボランティア精神があって貴重な遺跡に価値が出るのでしょうね。

  ブルーバードP312は相変わらずですね。実はこの間の仙台ミーティングで初代ブルーバード愛好会の会長がお見えになられ、車体番号を話したらはっきりとは判らないと前置きは有りましたが製造時期は昭和38年3月~5月であろうとの事でした。私の車は同年5月19日製造ですから、ほぼ同期の製造です。

  明治13年7月の工事中の爆破事故ですが、あれって塩竈から運ばれた事は初めて知りました。あの中に妊婦の女性が居て(当時28歳)それが幽霊となると云われていますが、その女性の本家分家の関係の方が大叔父と中学時代同級生で認知症が悪化する直前まで親交がありました。共に一昨年、昨年故人となりましたが今は2人仲良く極楽浄土で酒でも呑んでいると思います。

白石商会

羽前の国の旧車狂さん

関山に魅せられてここ数年通っています。
ダットサンはこのコースの目印になっています。製造時期は昭和38年だとすると五輪の前年ですね。
ダイナマイトは塩釜の石浜にある白石商会(ラッコ船や回船など今で言う総合商社)の扱いです。関山は心霊スポットなどと言われていますが、幽霊は???
昭和43年に自転車で隧道を通過したときには背中に水滴が滴り落ちていい気分ではありませんでしたがね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR