花山の大森

【日  程】2017年4月23日(日)
【天  候】曇後晴…時々小雨
【山  名】 大森 676.7m
【行  程】 9:35駐車場所→9:40沢渡渉→杉林④番標識→9:55尾根⑤番標識→⑥番標識?→尾根557m付近→11:55T字路付近→12:10大森山頂12:35→13:30・4等△砥沢→⑬番標識→神社・トイレ14:15→14:35駐車場所戻り
【メンバー】おっ家内・マロ7  2名
主脈は暗い空ですので里山へ。紅葉時期に行けば、豪華絢爛の黄葉模様だそうですが、宮城の里山の豊かな自然がたくさん残る素晴らしい山なので行ってみました。
震災前は花山少年の家の行事に登れれていたようですがそれこそ地味な山なので、あまり記録もありません。
画像は、大和町鶴巣から見る、七ツ森と泉ヶ岳。

DSCN0154_R.jpg



(^-^)/岩出山の桜並木。
DSCN0160_R.jpg


岩出山道の駅に立ち寄り、バイクのオッサン部隊。退職時に欲しかった川崎の650、今は夢となりました。ヽ( ´_`)丿
DSCN0163_R_20170426171304f8f.jpg


花山湖も桜並木でした。今日の目的はあの大森。
DSCN0165_R_201704261713045b0.jpg


前置きが長くなりましたが、旧・分県登山ガイド「宮城県の山」(2004発行)には58山が記載されています。
特段、気にもしないで山を登っているのですが、数年前から2山を残していることに気がつきました。
昨年はその1山(気仙沼・大森山)に登りましたが、やはりこの辺でケジメをつけようかと。
バイオトイレ(施錠あり)のある登山口?に到着。あのススキの生い茂った作業道を登るのかと途中まで進んでここは断念、別な登山口に変更です。
DSCN0166_R.jpg




1キロメートルばかり戻り、子供達が夏に沢遊びを楽しむ少年の家で設置した沢③の標識が登山口の目印から入ります。
DSCN0168_R.jpg


立派な表示板がありますが、子供達のコースだけです。
DSCN0170_R.jpg


雪融けの今、渡渉は登山靴ならちとっと厳しいかな。
太くて古いロープが対岸に存置されてました。
DSCN0172_R.jpg


渡渉からすぐに杉林に入ります。そして急登が待ってます。
DSCN0174_R_20170426171312e48.jpg


尾根に上がると東側に大土ヶ森が見えてきました。
DSCN0183_R_201704261739033e5.jpg


ルートは薄い踏み跡が残っておりますが…何やら目印もあります。
DSCN0190_R.jpg


林業関係者の出入りがあるようの見受けられました。
DSCN0195_R.jpg


南側の花山湖が見えましたが、段々と踏み跡が見えなくなってきました。
DSCN0201_R.jpg


そして、ヤブに突入です。地図と磁石を見ながら進みます。
幸いなことにピンクテープが時々出てきますのでこれを見逃さないことです。
DSCN0197_R.jpg


帰路となる下山分岐を確認しましたが駄目でした。大森山頂下の鞍部は密ヤブ状態です。
DSCN0203_R.jpg


大森山頂に到着です。おっ家内は…おそらくこんなヤブ山に連れて来たと思ったに違いない。
DSCN0208_R.jpg


頂上3等三角点 点名は大森 、周囲のヤブ刈りを行いましたよ。(^-^)/
DSCN0211_R.jpg


西側に行くと、虎毛山や須金岳が見えるということでしたが、すっかりヤブ状態で展望不能でした。
DSCN0213_R_20170426175903378.jpg


大森にさようなら。
DSCN0215_R.jpg


下山の分岐探しはGPSを頼ってくだります。見事なブナが出てきます。
DSCN0219_R.jpg


注意しないと見つけられない標柱。
DSCN0224_R.jpg


震災以降、このコースは歩かれていないようです。
DSCN0226_R.jpg


下山路 511mの4等三角点の点名 砥沢。周囲のヤブ刈りをしました。
DSCN0227_R.jpg


砥沢はこのコースでここだけの展望地でした。
DSCN0228_R.jpg



尾根を下ると途切れるような急斜面、真下に今朝ほどのバイオトイレが見えます。
DSCN0229_R.jpg



強行突破して、今朝ほどの作業道へ戻りました。
DSCN0230_R.jpg



登山口の神社に無事下山の御礼。
CA3I0387_R_2017042618163869f.jpg


祠の脇には、ハンマーを持った石像、やはりここは鉱山の守り神なのでした。
CA3I0388_R_20170426181639e00.jpg


ニリンソウを見て…(七ツ森のムーミン谷の選択もありました)。
CA3I0394_R_2017042618164198e.jpg


昭和43年に造られた橋の脇には相当古い橋梁が残存していました。
CA3I0397_R.jpg


1キロの車道歩きをして完了です。
大森は低山里山なのですが地形図では簡単に思いましたが、歩いてみると距離はないのに結構遠く感じ、アップダウンもそれなりにありました。
急登からは終始ヤブ歩き、展望なし、水なし、生き物なし、花なし(多少はありましたが)…これぞ山歩き…だったような気がします。
歩きごたえのある山でしたが、登りは尾根とテープを見失なわないこと、下りはテープなし。支尾根が複雑なので、GPSを頼りました。登山コースとしては未整備と考えてください。
出掛ける方は十分な準備と注意が必要で、ヤブ化していますので、常に地図読みしながら歩く山に変化していますので、ここは里山だとは侮れませんのでご注意ですよ。
行く時は紅葉をねらいましょう。(#^.^#)
CA3I0398_R_20170426181644795.jpg


天気も回復し、ここまで来たのですから寄り道を、アズマシャクナゲの北限地。
CA3I0400_R.jpg


大土ヶ森を裏(北側)から眺めて。
CA3I0405_R.jpg


今日は、おっ家内に素晴らしい景観を見せたくて…向ったのは深山牧場。
いつしか、揚石山、櫃ヶ森を登ってここからの展望を楽しんだことがありました。
栗駒山をバックに…。(^-^)/名物のアイスクリームはまだでした。
DSCN0234_R_20170425073333dbe.jpg


幾度となく通り過ぎていた「細倉マインパーク」に立ち寄り。何とたくさんの鉱物資料と鉱山の様子が展示されていました。
CA3I0415_R_20170426184036737.jpg


目を引いたのは、いすゞTX型ボンネットバス。
父ちゃんもこの型のトラックに乗って東京往復していた。もちろん私も乗った昭和30年代初めのことです。
CA3I0414_R.jpg

おしまい(^-^)/

コメントの投稿

非公開コメント

No title

花山は懐かしい場所です。私が中学2年だった昭和62年7月3日から5泊6日ここで自然に触れ合い合宿しました。
それまではジャージ(体育着)を着ての就寝でしたが私の代からパジャマOKとなり、私は当時から既に着ていた浴衣で寝ました。

するとどうでしょう、先生方が「高村先生!」と後ろからおっしゃるではないですか。それだけ親父に似て居ました。そして合宿から2週間後親父は43歳3か月の寿命を終えました。

親父は本当は大井沢の中では裕福な農家に生まれましたが、昭和23年の失火で貧しくなり他の先生方とは違い厳しい社会人経験もしており、教育には1つ強い信念がありました。

自然の厳しさを学ばせ同時に美しさを教えたいが彼の方針でした。他の先生の反発がありましたが、彼はこの花山を長くして主学旅行を短くして市街地見学はカットしました。当時はヒラではありましたが、既に校長以上強い人間で他の先生も手が付けられない所があり「ヒットラー」のあだ名がありました。

修学旅行は北海道で下が、花山の方が安上がりですし貧しい家の生まれですからコストには煩かったですね。ここも主張したそうです。

私の思い出は何となくあの風景はNHKの「ひるのプレゼントのOP」をイメージしています。あれが似合う風景ですね。いずれ行きたいと思いましたが中々遠くて行けず、今では仙台すら行けなくなりました。(育児です)

ボンネットバスはいすゞの中でも好きですね。あれこそが良いデザインです。今大分県豊後高田に行ったそれは1957年式で元は秋田交通のバス。これは子供の頃廃車体を見ており、それが私のクラウン同様21世紀で復元され驚いています。

No title

羽前の国の旧車狂さん

私らの時代は花山合宿などはありませんから、皆さんはいい時代に巡り合えたと思いますよ。
お父さんが「ヒラ」で「ヒットラー」だぅたとは…みんなから(特に下からでしょうか)親しまれる先生でしたね。これからという時の43歳とは…早過ぎますね。
いすゞボンネットバス写真を見て、私も遠い記憶の中の父を垣間見ました。
昭和30年代初めの東京行きは大変だったですが、白河の赤提灯で元気をつけて都内に入ったそうです。都内に入る前に荷物卸の仕事欲しさに道路わきで手を振る人々がいたそうですよ。
このいすゞ、二面のフロントガラスはハンドルを回すと開放され風が入ってくる。方向指示器は羽根式、ヒーターはダルマ式で懐かしい光景が蘇ります。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR