薫風の大倉尾根と氾濫源

【日  程】2017年5月20日(土)  【天 候】快晴
【山  名】 大倉尾根と氾濫源
【行  程】8:00桑沼P→桑沼東屋→9:00大倉尾根→9:151100m地点→9:50大倉山→10:30氾濫源→11:20種沢林道→11:35桑沼P
【メンバー】マロ7、おっ家内・2名   

13時半までに仙台の街へ行くスケジュール。
下山は11時までと決め込み、どこへ行こうかと思案橋の結果、しばらくぶりの氾濫源へ…決めた。
根白石から見る後白髪山、先週に歩いた雪堤回廊は消えたようだ。
DSCN0483_R.jpg


泉ヶ岳の山頂はまだ、緑になっていないようだ。
DSCN0493_R.jpg


スプリングバレー駐車場から仰ぐ蘭山、北峰から長谷倉川への下降を狙っていますが…。
DSCN0495_R_20170521203922d86.jpg


北泉ヶ岳がひょつこり顔を出した。いつしかの残雪期、山頂から直で、東尾根へ辿ったことがある。
目にしたものは先人の残したもの…だった。
DSCN0497_R.jpg


15人でジャンプしビクともしなかった湖面、エメラルド色から変わっていた。。
DSCN0501_R_201705212044500f6.jpg


もう、モリアオガエルの産卵は見られないのだろいうか。
大型の魚影が見えたが何だろうか。
DSCN0506_R.jpg


対岸をズーム、昨年計測した大カツラはあそこか。
DSCN0507_R_20170521204452c5c.jpg



慣れた道だと思ってたが、こんな石があったっけ…。
DSCN0508_R.jpg



深い森の緑に抱かれ足を進める。
DSCN0510_R_20170521204457ff8.jpg


ニリンソウの咲くいろんな場所があるようですが、水平的な氾濫源に対してここは、立体で群落がひろがる。
DSCN0512_R.jpg



今季初のサンカヨウが「何か用って…」言ってたかな。
DSCN0517_R.jpg



通行止めのルートですが、巻き道ができてロープが垂らされていたのには驚き。
DSCN0521_R_20170521205803b8b.jpg



振り返ると。桑沼が見えてくる。
DSCN0523_R.jpg




大倉尾根の雪渓を背景にカタクリをねらいましたが、花は見えず。
DSCN0524_R.jpg


大倉尾根を北泉方面へ足を進めた。種沢倉、吉田川源流…に目を向けてしまうね。
DSCN0527_R_20170521205806769.jpg



この前の後白髪山ももそうでしたが、1100m地r点で戻る。今年はこれ以上の高さは突破していないのですよ。
DSCN0532_R.jpg


今日は目映いばかりに船形が見えました。
DSCN0534_R_2017052121080616a.jpg


向暑恐怖だそうです…が。
DSCN0537_R.jpg


大倉尾根を西進、下ると後白髭の稜線が。
DSCN0538_R.jpg


薫風の山歩きは最高である。
DSCN0539_R.jpg


長倉尾根、最近読んだ本には三峰山スカイラインと表現されていた。
DSCN0540_R.jpg


桑沼登山口で会った若夫婦(私からみれば…)と尾根中間で会った。
初めての山歩きらしいそうですが、宗さんが氾濫源に来た放送を見て訪れたそうです。
大倉尾根を下ると、渡渉となる。昨年、一昨年はこの沢をつめてみたが、最奥までは行ってない。
DSCN0541_R.jpg


縄文の森、いや原始の森か…。小枝が動いたと思ったら丸々太った形のいいヤマカガシに挨拶された。
DSCN0547_R.jpg


花期は過ぎたととはいえ、まだまだ見ごたえのある氾濫源であった。
スライドした何人かにこの白い花は何と聞かれ、二人はニリンソウと答えた。
山は初めてで、宗さんの番組を見て訪れたそうだ。
DSCN0548_R.jpg


まだ、雪が残っている氾濫源、秋もいいど。
DSCN0550_R.jpg


ミニ節理を過ぎれば下って、あとはダラダラ坂となる。
DSCN0551_R.jpg


種沢林道に出た。シラネアオイの群落の御秘所は健在だったので一安心。
DSCN0553_R.jpg


大倉尾根コースに上がる道路のゲートは朽ち果てていた。もう、旗坂まで行けるのだろうか。
桑沼Pに戻って、仙台に向う。
歩行8.3Km、  最高高度1100m、 累積標高差510m、<所要3:35>
山菜を採る以外は休憩なしでした。
1DSCN0555_R.jpg



仙台市内に向ったのは、初めて見る雀踊り。
DSCN0584_R.jpg


この暑さで、孫も大変でしたがまぁ、合格点かな。(笑)
DSCN0610_R_201705220723027b9.jpg


〆は中華ソバでした…。
DSCN0624_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっ、近いところを歩いていましたね。
それにしても「OH!バンデス」の威力は凄いですね。
ナカシィさんも大喜びでしょう。

OH!バンデス

morinoさん
時間がなくて北泉まで行けませんでした。
花期の氾濫源はしばらくぶりに歩きました。
熊に会うかと思ったら、ヤマカガシで…。
この日の大半の方は「OH!バンデス」を観てきた方でしょうね。

No title

流石に視聴率が高いOHバンデスですね。
宗さんが大喜びしているところを見たら、誰でも行ってみたくなりますよね。

スマホ地図

SONEさん
この日はかなりの車がありました。
ハイキングの感覚での入山者もいたようです。
地図は持ってないのと…聞いたら、スマホがあるってネ。

No title

ありがとうございます。
(複雑なキモチ)

ジョユウ

nakacyさん
「あの女優さんも山登りするんでしょうか…」って、聞かれました。
もちろん、「そうですよ」って…(嬉笑)

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR