「うたごえ喫茶/バラライカ」がやってきた

2017年5月27日(土)14時〜16時/塩竈市本町公民館大講堂
アコーディオンやギターの生演奏に合わせ、演奏者とお客全員が一緒に歌をうたう”歌声喫茶”に、午前中に県北でワラビ採りをしてから参加。「仙台うたごえの店バラライカ」が塩釜にやって来るというおっ家内の誘いがありました。
これを断ると…(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)。  参加費:1,500円(茶菓子付)

DSCN0667 - コピー_R
会場は、ほぼ満席。何と…老々男女…多数(笑)
DSCN0689_R.jpg

いきなりラッパ…いぇ、トランペットで開演です。
バラライカ・メンバーは
南部大地さん(ベース/トランペット/ギター/バラライカ)
DSCN0679_R_20170602062023bdb.jpg


南部敏郎さん(ボーカル/アコーディオン/ギター)
DSCN0680_R.jpg


南部よし子さん(ボーカル/パーカッション)
DSCN0682_R_20170602062025c33.jpg

それでは、こんな歌を合唱しましたよ。
口ずさんでくださいませ。この歌はわかりませんでした。ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!
DSCN0681_R.jpg

エーデルワイスは、山で歌いましたな。
DSCN0683_R.jpg


「下町の太陽」は、倍賞千恵子さんの歌
DSCN0684_R.jpg



「ゴンドラの歌」は、森繁久やさん
DSCN0686_R.jpg


「埴生の宿」、映画は中井貴一さんだった。
DSCN0690_R_201706020653558a2.jpg


「喜びも悲しみも幾歳月」
DSCN0691_R.jpg



リクエストがあったので「古い顔」…採用されなかった。キャ━(´ェ`)━!!!
DSCN0694_R.jpg


「男はつらいよ」…前半は映画音楽があった。
DSCN0697_R.jpg


「若者たち」…老いても若者たちが今日は集まった。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN0698_R.jpg


ここでひと息。南部よしこさんはご当地出身だそうです。そして、学校も…えっ、同い年でした。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
そして、お兄さんは川崎の木勘坊でお会いしてました。
DSCN0704_R.jpg


「夜明けまで踊りたい」聞いた映画音楽…なんと会場から飛び入りの女性が素晴らしい歌声で…しびれました。
DSCN0707_R_20170602065407fac.jpg


「カチューシャ」はお馴染みのの歌。
DSCN0715_R.jpg




「一週間」…午前中のワラビ採りでマムシ2匹と遭遇したおっ家内はヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪
DSCN0717_R.jpg



隣の旦那さま、80代…私にはないスマホを操作していた。(;゜0゜)
DSCN0718_R.jpg


「夏の思い出」…まだ、夏の尾瀬には行ってない。「夏の日の思い出」は日野てる子の歌だった。
DSCN0719_R.jpg



そして「蔵王の歌」。
DSCN0720_R.jpg


会場からは飛び入り…いぇ、常連さんだったかな。
DSCN0722_R.jpg


「トロイカ」…佳境に入っていきます。
DSCN0726_R.jpg

「ヤシの実」島崎藤村が作詞…えっ、では菖蒲田浜に来たときに…なんて想像してしまった。
DSCN0728_R.jpg


「切手のないおくりもの」…6月から切手は値上がりしたね。
DSCN0729_R.jpg


「悲しくてやりきれない」…邦夫の持ち歌だった。
DSCN0732_R.jpg



「青い山脈」…隣の旦那さま。4歳で海軍大尉の父はトラック島で戦死したそうだ。
慰霊に行ってきて戦争の悲惨さを感じてきましたと…。
DSCN0733_R.jpg


「おお牧場はみどり」…この歌から、鬼首の禿高原を思いだす。
DSCN0735_R.jpg


「今日の日はさようなら」…キャンプファイヤーの歌でしたな。
DSCN0736_R.jpg

主唱した高田さん、いいプレゼントをしていただきました。
地元新聞の執筆もされており塩釜のことを書いております。
ようやく、思いがけずお会いでき、パール劇場、港町界隈、少しだけおじいさんの話をさせていただきました。<感謝>
DSCN0739_R.jpg

<仙台うたごえの店パラライカのプロフィール>
「仙台うたごえ喫茶・バラライカ」は1978年、仙台駅前に誕生しました。日々のステージでは「カチューシャ」、「ともしび」、「赤とんぼ」など世界中の歌を歌い交わしています。東日本大震災後は東京での「震災復興支援・山手線・歌声列車」の司会・伴奏、また東北各地の震災復興の活動に被災地の歌声喫茶として奮闘しています。しかし震災後、2014年6月、入居ビルの老朽化と損傷にともない、「仙台サンプラザ・6F」に本拠地を移して活動をつづけることになりました。創業以来、出演活動にも取り組み、「NHK文化センター・なつかしの歌声喫茶・講座」、「山交カルチャー・うたごえ喫茶」など定例の出演のほか、東北・関東を中心に市民センターや町内会での出前歌声喫茶、また町おこしや平和のイベントなど、年間約100を超えるステージに出演しています。ロシア民謡、アメリカン・フォーク、フォルクローレ、童謡など、多彩なジャンルの演奏と観客と一体になったステージはたいへん好評をいただいています。
今度は、お店にいきますからね。歌本は1200円で記念に求めました。
DSCN0744_R.jpg





コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい

仙台駅前にあったお店には記憶がないくらい昔に2度友人と行きました。
昭和の時代を思い出させてくれる歌の数々ですね。
木勘坊つながりでしかた。

No title

懐かしい歌をタップリと堪能できて良かったですね。
楽譜集購入されたらウクレレの出番ですよ(^^)

No title

昭和を歌う・・・良いですね!私はトヨペットクラウンデラックスが好きに伴い昭和38年前後の歌が好きです。最近では戦前歌謡も好きになりつつあります。カラオケは職場であろう何処であろうこの時代の歌が多いです。

 特に好きな歌手は越路吹雪ですね。良く歌うのが「愛の賛歌」「ラストダンスは私に」は当然、「バラ色の人生」「私の心はヴィオリン」は先ずあれば歌います。

 今回紹介された歌で好きなのは「青い山脈」「喜びも悲しみも幾年月」「下町の太陽」が好きですね。「喜びも・・・」は40年連れ添ったクラウンが目に浮かびますし同時に何故か本来は通行止め期間ですが旧栗子隧道を含めた万世大路を苦労して走った冬季の姿が目に浮かぶ感じです。♪冬が来たぞと~が原因かな?
 実際万世大路は走って居ますよ!私の車は。

 

いつかまた…行きたい

SONEさん
今は、ジジババだけですが、昔は若人も行ったのですね。
もう、カラオケよりも断然こちらです。
昭和の時代からあっと言う間に30年ですねぇ~。
初対面ですが、話せば、繋がってしまうオジンになりました。

長続きしてないのです

morino さん
私は聞き手ですから…(エッヘン)
懐かしい歌からは、思いでが溢れてきますなぁ~。
楽譜…いぇ、私は岳夫よ(^^)
ウクレレは、展示して眺めていました。(笑)

昭和があったからこそ…

羽前の国の旧車狂さん
昭和からもう、30年にもなりますね。
やはり、昭和38年代にいきましたか。
朝のテレビでは、前奏曲で放映されるこの時代の模型に目が行きます。
若いのに、越路吹雪でしたか。
古き良き時代でした。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR