FC2ブログ

二口 糸滝沢…復活の沢だよ

【日  程】2017年9月3日(日)  【天 候】晴
【沢  名】 糸滝沢・糸岳
【行  程】8:20糸岳登山口P→8:30白糸滝→9:40900m地点→11:00ヤブ漕ぎ1150m地点→11:35糸岳山頂12:00→12:25望洋平→12:55臨潭(のぞき)→白糸滝→ 13:50糸岳登山口P
【メンバー】マロ7、おっ家内・2名   

今年2本目の沢登りはどこかと…やはり近場に行こうと…。
初級の沢専門の老人ペアなのですが、初級の沢を探すのが難しくなってきた。
この朝、鍋越峠から流れる帯状の雲、地震雲では…と、撮影したのですが地震は起きませんでしたよ。
DSCN7890_R.jpg

今日は、磐司尾根の向こうの糸岳を目指すが…台風15号崩れの風はまだまだ勢いがあり、800m以上は雲である。
DSCN7891_R.jpg



いつ見ても、ど迫力の磐司尾根です。今日はこの岩壁を登った方にお会いするのです。
DSCN7892_R.jpg



登山口には数台の車、みなさん何処へ行ったのでしょうか。
山2ヶ月ぶりのおっ家内、闘志満々かな。
DSCN7894_R.jpg


白糸の滝、糸滝沢はここから始まるが登れそうにない。
DSCN7897_R.jpg


登山道を登ります。ここからは奈落の底ですね。
DSCN7899_R.jpg



沢に横滑りできそうなところがあるのでそこから入渓です。
DSCN7900_R_201709052025427d4.jpg
  

2ヶ月前の沢は、天国のナメである大行沢を歩いたのですが、ここもナメ、そして傾斜があるのでおっ家内もハッスル。
DSCN7902_R.jpg


こんなにいい沢ですが…マイナーなんだよね。
DSCN7903_R.jpg



我々には適当な小滝が出てきて、ご機嫌です。
DSCN7905_R.jpg


そして、お土産つきに、おっ家内はさらにハッスル。
DSCN7906_R.jpg


ここはどうしましょうか…と、悩むところが沢登り。
DSCN7904_R.jpg


巻くのはやめてトライ、何とか行けそうかな。今日は、おっ家内にカメラを持たせたがこの1枚だけでした。(笑)
DSCF3805_R.jpg


おっ家内に怪我されたら、レトルト家庭になるのでロープを垂らした。
DSCN7915_R.jpg


F の滝は緑色、苔があって滑りそうなのでおっ家内はお手上げ。
DSCN7921_R.jpg


高巻きをするのですが、「滑って登れないって」…「こんな時は腕力だよ…って」。
DSCN7923_R.jpg


二俣に到着するが、登るとすぐ合流。
DSCN7929_R_201709070550377f7.jpg


大きな滝はないけど、ナメと小滝が連続する。
DSCN7935_R_2017090706062186e.jpg


最初から傾斜の沢は平坦なところがない。
DSCN7930_R.jpg


900mを越えたのにまだ、ナメが続くこの喜び。
DSCN7942_R.jpg


振り返ると、樹間から仙台神室の東側に派生する「相の峰」が顔をのぞかせた。
DSCN7952_R.jpg


ナメ沢はかなり傾斜を増してきまして滑ります…落ちたら大変。
DSCN7960_R.jpg


二俣で小休止、土色のカエルがジッと見つめていた。
今日の動物は、鳥以外にこのカエルと、F2滝の下に横たわっていたヤマカガシ(死体なので撮影なし)のみ。
DSCN7965_R_2017090706062798f.jpg


二俣は左へ、右に行った記録があり藪漕ぎが大変だったようです。
DSCN7966_R.jpg


ここで異変が…おっ家内が騒いでる。「固まった…固まった」。動くと滑り落ちるので動けないと…そりゃ大変だな。
DSCN7971_R.jpg


トリカブトの花とおっ家内はよく似合うと…思うのは私だけかな。
DSCN7972_R_20170907060630dc7.jpg


最後の二又、ここは右又へ向います。<左へ行けば糸岳山頂のの南へ出るのかな>
DSCN7974_R_20170907062849314.jpg


標高1149mからはヤブ漕ぎ道中に入ります。
DSCN7978_R.jpg


時おり、沢が出てきます。落ちたら大変なところは過保護ですがロープを垂らしました。
DSCN7976_R_20170907062852630.jpg


仙台神室と東側に派生する尾根は三神林道(廃道)にまだ夢を馳せている自分がいる。
DSCN7981_R.jpg


ヤブ漕ぎ30分、覚悟していましたがかなり急斜面でした。
糸岳山頂までは100mくらい東側に出ました。
登山道に出た瞬間が、沢登りの醍醐味でしょうかな。
DSCN7982_R.jpg


久しぶりの糸岳山頂です。山形側は伐採されて視界良好ですが、アレレここはコシアブラが沢山あったな…と。
DSCN7985_R.jpg


糸岳山頂三角点には、新しい山名板がありました。
DSCN7989_R.jpg


糸岳山頂を振り返ります。
DSCN8001_R.jpg


望洋平、風鳴平には真新しい表示板が設置されていました。
ナイロン袋で縛りつけられていましたので、持ち合わせの紐で縛ってきました。
DSCN8005_R.jpg


DSCN8004_R.jpg



なんと言ってもここからの仙台神室の景観は絶品です。
たった1300m程度の稜線ですが圧巻、残念なのは逆光かな。
DSCN8009_R.jpg


臨潭(のぞき)からの景観も絶品…ここから急登を下ります。
DSCN8017_R.jpg


白糸の滝上部、ここから遡上したのだと…おっ家内は満足だった。
DSCN8023_R.jpg


ここは滑り落ちるだけですよ。
DSCN8026_R.jpg


アプローチシューズを脱いで渡渉。
DSCN8032_R_20170907070255b53.jpg


白糸の滝前の橋基礎、何時架けられて、いつ消滅したのだろうか。
DSCN8033_R.jpg


登山口到着、我々にとっては楽しい沢でした。
DSCN8034_R.jpg


盤司尾根。
DSCN8035_R_20170907070259074.jpg


二口林道のバイク、外車だと思ったらホンダ車でした。
DSCN8039_R_2017090707030268b.jpg



二口ビジターでは人だかり…よく見ると昨年、仙台カゴにご一緒させていただいたN山岳会宮城支部のTさんでした。
今日は、姉滝からはじめ二口の滝巡りの安内をしていたそうです。こちらも、良かったな
DSCN8041_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。
いい感じのナメですね。
レポートを楽しみにお待ちしております。

急斜ナメ?

mt.raccoさん
こちらこそ、ご無沙汰です。
いい感じのナメに見えますが、600mから1000mくらいまでの急斜ナメ?でしたよ。。
レポート…少し遅れますので…。

No title

久しぶりの沢、楽しそうですね。
おっ家内さんの喜びようが手に取るようにわかります。
私の沢は来年に期待です(T.T)

加齢→華麗

morinoさん
今年は10本の沢を計画しましたが、半分もいかないかな。
2ヶ月ぶりの沢ですが、もうひと月しか残されていないよ~。
おっ家内は毎年ゼロからのスタートです。
加齢しないうちに楽しみましょう。。(笑)

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR