保野川とその分流を溯る

船形連峰 保野川と分流
【日  程】2017年9月24日(日)  【天 候】晴
【沢  名】 保野川
【行  程】大滝橋P→ガレ場→三光宮渡渉点→2条の滝→分流→旗坂登山道⑫→三光宮分岐点→三光宮渡渉点→ 大滝キャンプ場P
【メンバー】マロ7、おっ家内・2名
黄金の華が咲く七ツ森・
DSCN8435_R.jpg
バイクをデポして、大滝橋から遡上します。
DSCF3810_R.jpg


沢登りではなく沢歩き…もう、キノコ目となります。
DSCF3813_R.jpg


根っこの下をのぞいたら可愛いい?妖精たちがいた。
沢よりも山中に入ってキノコ探しになった。
DSCF3815_R.jpg


ナラタケばかりですが、これは出汁が出て美味しいのですよ。だから、サワモダシっていうのかな。
DSCF3824_R.jpg


このガレ場は、大滝キャンプ場の南東にある。
DSCF3834_R.jpg


三光の宮へ通じる渡渉点で休憩、予定ではここからスズ沼へ行くのですが何か物たりない。
下山者が通過、山頂はガスで展望不良だったとか。
DSCF3838_R.jpg


魚影は見えないなぁ~(笑)。遡上してみることとした。
DSCF3841_R.jpg


2条の滝に着く。右はナグサメ滝、今日は時間がないので左へ行くこととする。
DSCF3846_R.jpg


おっ家内が先行する。
DSCF3852_R.jpg


満足らしいねぇ~。
DSCF3856_R.jpg


この分流は2度目ですが、記憶は薄れ掛けている。1度目は沢登りの経験ない頃、長靴で登った。
【参考】2009.7.11記事、ナグサメの滝を求めて    http://maro70.blog.fc2.com/blog-entry-10.html
ここは落ちたくなかったので左岸高巻き。
DSCF3859_R.jpg


それにしても、小滝の連続である。
先ほどの分岐を右股に進めば「ナグサメの滝」でここも高巻きして懸垂降下をすれば升沢小屋までの単調なコースである。
これと比較するとこちらの方が楽しめる。
DSCF3864_R.jpg


ロープを出さない程度の小滝がまた出てくる。
DSCF3865_R.jpg


最後の滝は積極的に登って行った。
DSCF3874_R.jpg


大木の堰き止めダムは、ビーバーでも住んでいるような雰囲気である。
DSCF3879_R.jpg


ナメ沢とは言えないが、平坦な流れが出てきた。
DSCF3882_R.jpg




ヤブ漕ぎは15分くらいだろうか、旗坂ルートの出ると安心のおっ家内である。
DSCF3883_R.jpg


山頂の①から続く旗坂ルートの12番、ここで一人の男性が下山してきた。話をすると私の住む同じ町、何か見覚えの顔と思ったら友人の息子の祝儀で御一緒したSさんでした。
DSCF3884_R.jpg



Sさんとは三光の宮分岐で分かれた。この表示は最近のものだろうか。
DSCF3885_R.jpg


満車だった大滝駐車場は殆どいない。おっ家内はキノコの重みに満足のようだった。
DSCF3890_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR