FC2ブログ

新湯沢と岩魚丼

お家内曰く、岩魚丼食べたいと言うので…それでは、沢登って清めてから行きましょうって…。
別なお山の誘いもありましたがごめんなさい。行政区の野暮用をこなしてから遅い出発となりました。
久しぶりの栗駒ですが、どうなってるかな。
【日  程】2018年8月25日(土)【天 候】曇、雨
【山  域】栗駒山
【行  程】いこいの村跡地→新湯沢入渓→大岩→段ナメ→小滝→ブロック建物→藪漕ぎ→いわかがみP→いこいの村跡地(自転車移動) 【メンバー】おっ家内、マロ7…2名
耕英開拓地から見える東栗駒山は怪しい天気で悩むところだ。おっ家内は沢登りよりも右手の看板が気になるようだ。
DSCF0315_R.jpg
イワカガミ平駐車場に自転車をデポ、団体さんは岩沼のハイキングクラブ、山頂まで行くようだ。
DSCF0316_R.jpg


いこいの村栗駒は更地になって寂しい限り。
DSCF0319_R.jpg


テニスコート跡地に駐車、天気が怪しい。
DSCF0320_R.jpg


裏掛コース入り口、数年前に来たときには藪状態でしたが、今は刈り取りされて快適。
DSCF0321_R.jpg


ここにはスキー場があったという。残存建物はトイレだ。
DSCF0322_R.jpg


裏掛コースはこのロープを辿り対岸へ向かいます。我々は入渓し遡上します。
DSCF0324_R.jpg


新湯沢、名前のとおり硫黄の華。
DSCF0325_R.jpg


硫黄臭気を嗅ぎながらの沢歩きは贅沢だと思う。
DSCF0328_R.jpg


ここは初級の沢、おっ家内は上がれず右往左往している。
DSCF0331_R.jpg

ここで、お助けロープは5本まで、6本目からは有料と…(笑)
DSCF0337_R.jpg

大岩が出てきた。
DSCF0343_R - コピー


ここが、大岩のある場所だ。私は地図と併用しているが、スマホ地図だけで山歩きは禁物ですよ。
DSCF0345_R.jpg


おっ家内は好調なり。○○歳だとは…。
DSCF0355_R.jpg


水中から我を撮影。
DSCF0359_R.jpg


思わず、オッ…と、唸った。沢渓が一変した。
DSCF0363_R.jpg


ここも新湯沢の魅力でしょう。
DSCF0364_R.jpg


見事な地形段差かな。
DSCF0367_R.jpg


これまでなかった光景でした。
DSCF0369_R.jpg


平均台は1本ですが、2本木ならできるって…。
DSCF0373_R.jpg


5本目のお助けロープ…6本目からは有料だよ。
DSCF0378_R.jpg


小滝が続きます。
DSCF0376_R.jpg


そして、本日のコースでは最大の滝…フリーで左岸を登る。
DSCF0383_R.jpg


おっ家内は有料お助けロープか選択…えっ、高巻きするって。
DSCF0385_R.jpg


日が差したり、雨が降ったりでしたがなかなか楽しい沢です。
DSCF0389_R.jpg


ロートルコンビの沢登り、天気と時間からここで遡行終了とした。
DSCF0396_R.jpg


沢筋にはブロック建物があるから点検道路があるのかなと、勝手な判断。
DSCF0395_R.jpg


ブロック建物は、使われていない浄化装置だったような、でも、短時間ながら密藪だったが駐車場のトイレ脇に出たのはスマホのお陰かな。
DSCF0403_R.jpg



デポした自転車に乗って車を回収に向かいます。丁度、岩沼ハイキングの方々が下山、山頂は突風雨だったそうでした。
DSCF0405_R.jpg


ここはあの看板の数又養魚場の新設された食堂です。
私は岩魚焼き定食(1300円)
DSCN4753_R.jpg


おっ家内は岩魚重(1600円)、えっ、岩魚丼(1100円)ではなかったのかい。
DSCN4754_R_20180828073054b7c.jpg


人生初の岩魚食、美味しくいただきました。
DSCN4756_R.jpg


マロ子もどきのワン公がおりましたよ。
DSCN4752_R - コピー

帰路は荒砥沢の崩壊を見て。
DSCN4758_R - コピー


長者原Pで、体力測定、んっ、腕が伸びたままかい…。
DSCN4759_R.jpg


私は、アレレ…半分でリタイア。
DSCN4761_R.jpg


七つ森…大和から福島までは大雨で速度規制でした。雨樋から溢れてかなり降ったようでした。
DSCN4763_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しています。
先日参加した宮城労山の初級沢登り教室のコースと同じようですね。教室は大所帯だったので、同じ地点で時間切れ遡行終了でした。私とリーダーのみが同じルートで藪こぎして便所裏まで登りましたが、他の方は緩いルートで登ってやや時間がかかって先の登山道に出たようです。
私のレベルで単独で行ける沢が中々なく、栗駒までの移動に前日、夏期休暇を取って行ってきました。
機会があれば沢登り、ご指導ください。

みどぽんさん

こちらこそ、ご無沙汰です。。
宮城労山沢登り教室、参加したかったのですが、時間が取れませんでした。このコースは前からねらっていたのですがようやく行けました。。
もっと早い時間に遡上しなければ東栗駒コースまで行けませんね。次回の課題です。
トイレ裏まで藪こぎは入った途端に失敗したと思いましたが以外にも早く抜けられましたね。(笑)
私らのレベルの沢を探すのも大変です。
どこかあれば御一緒に沢登り…指導は勘弁してくださいな。

No title

ますます沢を楽しんで若返っていますね~
もう何歳まで遡っているんだ~い・・・
これは姉さんとしては負けておられんぞ~(笑)
年々華麗に加齢満喫中で第二回恋愛真っ最中かな・・・
これじゃ誰もお邪魔虫できんぞ==(^^;)
たまには姉ちゃんも混ぜてけろ~~

No title

オンツァンもたまには混ぜてけろ~~

お盆から長雨なんだに…

maronnさん
今年の沢はまだ5回目なのですよ。
沢を楽しんで若返りたいがねぇ~。
やはり加齢には勝てないね。(笑)
姉さんも天国のナメを楽しんできたようですね。
第二回恋愛…誰かいないかぁ~。

秋霖を吹き飛ばそう…

morinoさん
軽い沢をねらってますが、行ってみて水かさが増しているとそうではない。(笑)
朝起きてから地区に変わりがないか確認してから出かけて行くのです。
何処か行きたいところありますかな。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR