FC2ブログ

先人の足跡を訪ねて…ラサンタ開設10周年記念事業に便乗です

2018.12/1(土)
落ち葉が散り、山々の木々も落葉し地肌を見せる季節になりましたね。
その自然の美しさも味わうことで作並の「ラサンタ10周年記念感謝祭」の一環として、先日の作並鉱山探索、作並手づくり市&山形きのこ市、など沢山の企画がなされ今回は最終版となります。
ラサンタは、作並温泉の中心街にあり、地域の魅力発信と山形との交流の拠点を担う複合的観光施設で、源泉かけ流しの足湯があり、無料で利用できますよ。また、地元農家の季節ごとの野菜やおみやげ品も販売しておりますよ。
さて、荒天なんですが、やはり向かいました。案内人が急遽出れなくなって私がピンチヒッターなんです。
西道路トンネルを抜けると、ん~む、合羽だな。
DSCN9943_R_20181202193032e5f.jpg
山形、福島、栃木と県令を努めた三島通庸、薩摩藩士だから後ろ盾があり強引に政治を進めた。
「御~ん無き日産」は合議制となるように進めていくそうだが、やはりリーダーシップは必要なんだな。
ドイツで土木を学んできてやはりトンネルを作りたかった三島通庸、せっかく出来た南側の小山田新道に目もくれず関山に新道を作りたかった。
どちらが早いかって、関山と小山田新道を競いあわせた、関山はリレー、小山田はソロ…そんな卑怯な伝説が残っていた。
小山田新道は、北面白山から北側に目を転ずると700mラインに水平道が所々に走っているのが見える。
天候次第だが、見えた時は心の中でニヤニヤしている俺です。
DSCN9944_R_201812021930338b5.jpg


ラサンタにあった昔懐かしい昭和30年代の写真、山形の第一貨物の日産6トントラックだろうか…??
そういう私も小学の頃、週末は父の運転する、いすゞ6トントラックの助手席に乗るのが楽しみだった。
多賀城にあった九州製罐から空缶を山形の缶詰工場へ運ぶのに、このトンネルを通過したのが記憶に残る。
DSCN9946_R.jpg



作並振興協会長の挨拶のあと自己紹介、あれれ遠く最上町からおいでなった方もいた。
東法田山の会の皆さんも知っていたど~。(笑)
DSCN9947_R_20181202193036208.jpg



もう冬が来ていた。ここはスリップ区間、皆さんタイヤチェーン必須、積んでいますかな。積んでいても装着はできます。
DSCN9949_R_201812021954283a0.jpg


3台に分乗、作並温泉5ヶ所のうちのひとつ、 ○○ さんからも参画です。
DSCN9948_R_20181202193038bd1.jpg



もう、朽ちて落盤しそうな橋げた。
作並から登りここで左曲がりの鋭角は運転泣かせ、惰性をつけて登ってきてもほぼ停車状態で減速、ローギャに入れてエンジンを泣かせて登っていく。子供ながらに助手席の手摺にすがって踏ん張っていました。僕…
DSCN9950_R.jpg



こちらの道は手入れがされておりませんので、笹薮のところもあります。
DSCN9951_R_20181202195431bdc.jpg



10分も歩くと右手には見事な石積みが出てきて皆さん驚きます。
昭和12年、シナ事変が始まった年に、自動車通行を期して道路拡幅がなされたいうです。
DSCN9952_R_20181202195432ef7.jpg


「江戸期の峰渡り」交差部で先人の足跡を垣間見た。
雨さえ降らなければ、受難の碑から登る計画だったのですが。
DSCN9954_R.jpg



このルートの名物となってしまったような…ダットサン1300、1ヶ月前は木の葉で見えなかったが…見えてホッとした。
DSCN9956_R_20181202201500058.jpg


雪があると思っていましたが、キノコはもうありません…。
DSCN9957_R_2018120220150105b.jpg


関山隧道に到着、1月前に笹刈りしましたので広くなってました。努力の成果が見えるのは嬉しいですなぁ~。
来年4月も整備を予定していますので、ご希望の方は労力をお待ちしていますよね。
DSCN9958_R.jpg


日本海から吹き抜ける寒風を受けて…寒い寒いといいながら記念撮影。
DSCN9962_R_20181202203614eb4.jpg


この石組みの石材はどこから持ってきたのだろうか…。
私の推測は大倉か…でも、意見は違った、どうやら新川に石材の切り出した痕跡があるようだ。
DSCN9968_R.jpg



最上町のkさん、何か「行…」だけの字が読めるって…。みんなで推測…徐行かな…んだべな。
DSCN9966_R.jpg



変わったザックカバーだと…聞いたら、何と、雨傘の生地で手作りしたそうだ。手が、利くねぇ(ノ∇≦*)
DSCN9967_R_20181202203543a33.jpg



現国道脇に建つ交通安全の慰霊碑…当時は沢山の交通事故があった。
S38年9月、宮城県S市の一家5人転落事故もこの関山峠で悲劇が起こってる。
ようやく、一人残された女の子の同級生の話も聞けた。近所に住んでいた方からも話が聞けた。
何でそんなことをと…聞かれたが…返事に困ったことは確かだ。
私の…根底には、s40年代当時の関山峠の幽霊話の根っこが、このような悲劇から生まれたのかと推測するばかりである。
所詮、幽霊は一人で見るから幽霊であって多数で見られる幽霊なんてありますか…が、持論だったが。
この4月、宮テレさんでここを放送したときに、私と同年代の近所の方が見ていた。
そして、私に会うなりmaroさん、この当時ね、山形蔵王にスキーに向かう時に新トンネル付近で雪の中間違いなく幽霊を見たよ…って、それも車に乗っていた4人皆が見たのだからって…。(閉口)
DSCN9969_R_20181202203547ee5.jpg


ラサンタに戻って解散式…雨の中を皆さん頑張って楽しみました。
「一時ばったり」の説明でしたが、歴史と、文化と霊を交えての先人の足跡を楽しんでもらえたかな。
岩松旅館の脇の満月で美味しい中華そばとカツ丼をいただきましたよ。
DSCN9978_R_20181202210016570.jpg


追記…松島湾内の貝塚からは天然のアスファルトが出土しているんですよ。
アスファルトは土器の接着材として使われたようですが、これはね、秋田か新潟かわかりませんが、縄文時代から、この山脈を越えて交易が行われていた証拠ですよね。
北面白山山頂から土器も見つかってるようですよね。皆さんビックリ…ポン。だったと、思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR