FC2ブログ

線張器

一月前に後白髭山へ行ったときに、ものすごい泥悪路を通過した。
ジムニーが戻って来たので、もしかしてと思ったが行ってみて躊躇した。
ここでスタックしたら…思いながらも挑戦…四駆にしてもハイゼットジャンボはノーマルタイヤだし空転しながらも、腹を擦って通過した。同乗のおっ家内は、降りてこの光景を見守っていたが…帰りはどうすんの…って、通過するしかないべ。
KIMG0842_R_201812042210309dd.jpg
帰りも何とか腹を擦りながら脱出できた。まてよ、またもこんな場面の時はどうしようか。
JAFは来ないだろうし、里からも離れているし、自力脱出しかないだろう。
あれっ、もしかして家にはこんな時の脱出できるものがあったような。納屋の中を調べるとあったよ。
父の使っていたもののは間違いないが…バイス(荷閉機)はあったが、こんなものは使った記憶もないしみたこともなかった。
でも、これは使えるようだ。

DSCN9983_R_201812042212502f2.jpg



錆をとってみたらまだまだ行けそう。
名盤プレートを見たら、何と昭和36年12月製造5号自在張線器・東京内藤工業と判読できた。
今から約60年近いものである。
DSCN9986_R.jpg


もちろん、捨てるはずはない。錆を落としてスプレー塗装してみた。
帰宅したおっ家内…あらら、せっかくの年代物を塗装しなくても良かったのにと…。
私は安全担保のために…おっ家内は視点が違ったようだ。これで、1500キログラムを引けるのだ。
DSCN9990_R_20181204221252c6c.jpg



線張り器とは 
架線やブドウ等の棚を貼る際にワイヤー等を一時的に固定するための道具です。
 本体のハンドルを回すこと(ラチェット構造になっているので振る動作)で 人の何倍もの力でワイヤーを引っ張ることが出来ます。 その間に柱等に固定し、後に張線器を外します。
 種類が豊富で、電気工事、鉄道保守のほか農業等、幅広く使われています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

林業で多く使われていますね。
普通車だとモノコックボディなので、オフセットでワイヤーかけすると、車体が歪んでしまう恐れがあるそうです。
軽トラなら大丈夫でしょうか。

師走ですねぇ~

SONEさん
断捨離開始ですが、親爺の遺産?と百姓の遺物が?沢山あります。
捨てるつもりが保存に向ってるのも複雑です。(笑)
軽トラ専用ですから何とかなでしょうか。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR