倉手山から飯豊連峰をあおいで…

【日  程】2010年6月13日(日)     【天 候】晴
【山  域】山形県飯豊山域・倉手山  
【行  程】6:00登山口~7:20ピーク~7:30鞍部~8:00倉手山頂9:15~鞍部~ピーク~10:30登山口
【メンバー】おっ家内・マロ7・2名

昨日は摩耶山へ、夕方は日本海は「笹川の流れ」からの落陽をみて感激です。
一路、小国の町へ向かい「道の駅‥ホテル」での宿泊となりました。車中泊はこれで2回目かな
4時過ぎ、トラックのディゼルエンジン音で目を覚ましたので出発です。


今日は20数年ぶりに飯豊を間近に見ます。職場の仲間と二人で温見平にテント泊まり、石転び大雪渓を登り御西小屋で2泊目、こちらは酒が切れて小椋管理人の部屋に表敬訪問して宴となりました。そして、飯豊本山経由で大グラ尾根を下り温見平へ、前夜の飲み過ぎは二日酔いを通り越して暑さの中でヘロヘロ下山でした。そしてあまりの暑さに川で泳いだことが脳裏にかすめました。小椋管理人へのお礼参りをしていないことに引っかかりがあります。
長者原から見た飯豊連峰はまだまだ雪がたっぷりです。


飯豊の登山口までがっぷり入りました。温見平までは車両通行止めです。一人の方は石ころび雪渓を日帰りで周回だそうです。ここはさすが、メジャーなお山は結構の車が駐車しています。新潟の男女グループがこれから梶川峰に行くとのことでした。倉手山の周回を試みていますが、こちらからは何か駄目みたいな感じです。



川入り登山口から入りますが、駐車場はがら空き、今日は第一号のようです。
登山届けに、おっ多○城山岳会のプランがありましたよ。


960mのお山ですが、最初から急登で休むところなしですよ。(笑)



振り返れば「頼母木山」段々と大きくなっていきますが左手に三角錐のお山が気になります。


汗は限りなく出てきます。でも、日陰だし、温度も上がっていないからいいかも。



山頂手前にはこぶしの花が‥


ヤッター、本日最初のピークハンターです。



それにしてもこの大展望には、おっ家内もぶったまげたぞ~。




朝食で乾杯‥冷やしソバは最高に味がよろしいようです。


食事を終える頃、茨城のご夫婦がやって参りました。毎年来ているようですが、こんなにいい展望は初めてだそうです。もう1回、ヤッタ―です。


山頂から周回コースを取ろうとしたのですが薮のようです。酒田から来たおっさん方もここは廃道だって‥おっ家内の×にもう戦意喪失です。


地図をみましたら、古い地図には今回のコースはなし。昨年版には今回のコース、分県別ガイドには周回コースが載っています。もちろん、マロ7の1982年版には倉手山のルート図はありません。





今日は5時まで帰らなければならないし、やっぱりピストンすることに決定です。


下りは早く、1時間15分で麓の駐車場に到着です。駐車場には結構の車がありますそして、「塩釜観光バス」もいました。


宮城ナンバーの車が入ってきました。7時半に仙台を出たそうで11時の到着、これから登るそうですが‥暑くて大変ですが頑張ってくださいと激励です。私らは6時に登りましたよと言いましたら、その頃はまだ寝ていたそうですって…。



飯豊梅皮木荘で入浴タイム、川面の白波と新緑、そして飯豊の山稜を見ながらの風呂は格別です。



そして、昼食はお目当ての「越後屋」さんへ。10年前に仙台丸善で越後屋さんの個展をした時に話をして作品を求めていました。懐かしい話をしましたら、とろけるようなリンゴが出てきました。何と、雪室貯蔵のリンゴだそうで、味はまろやかで最高でした。ソバも最高、イワナの唐揚げも絶品でしたよ。








樽口峠は越後屋さんのお奨めの場所です。沢山の山菜山を過ぎていくと飯豊の大展望が‥。視界はあまり効きませんが先ほど登った倉手山が正面に待ち受けていました。






コメントの投稿

非公開コメント

No title

車中泊で連山・凄いなぁ・・
飯豊の壮大な山容に感激でしたね・
お風呂もよしで・・
最初に登ったのがやはり石ころびからでした。
飯豊温泉に泊まり・飯豊鉱泉に下山でした。
二度目は2006年8月大杉小屋経由でした。
丁度その日家内が・槍ヶ岳に登っていて<
頂上直下の小屋でビ-ル飲んでると携帯がはいりました。
こちらも10時間歩いて小屋に着く時でした。

「頼母木山にはれこそ30数年前に・胎内ヒュッテ山荘に泊まり
頼母木山小屋まで登りピストンしましたが・
厳しい登りだった記憶があります・
登山口まで車は入れなかったのですが・林業管理人さんかな・
丁度ゲ-トあけて入るときに出会い・乗せて行ったくれましたよ・
そんな思い出があります・小国は遠かったです・
その当時山荘j7時間位かかったかなぁ・若さだったですね・
マロさんご夫妻は凄いですね・・感心します・・

No title

おはようございます。訪問頂き感謝いたします。近いようで遠い「倉手山」一度は行って見たいですね。飯豊は体力つけないと無理ですが、倉手は大丈夫かな、と思っています。それにしてもここから見る飯豊は絶景ですね。紅葉の頃はどうなんでしょうね。

No title

絶景を見ながらの朝ビール、たまりませんねー。
そして温泉、そぱ、帰宅後のコンサート…、素晴らしい1日でしたね。
65リットルのザックもゲットしたことですし、今年は飯豊へ…?

No title

なんか完璧なデイスケジュールですね!
11時到着組…暑かったべねえ(苦笑)

No title

ひとはねの峰から岩魚ランド・岩魚沢へのかつてのルートは国体開催の時に切られたもので、今は廃道です。ひとはねの峰に登ろうと偵察したことがありますが登山口は完全に消失しています。
ただ倉手山から温身平には晩秋には縦走は何とか可能です。
2006年の記録です。↓
http://inage.raindrop.jp/wbs/?page_id=208

越後屋さんで岩魚料理を食べると呑まずに帰るのが辛くなりますね。(^o^;

No title

追伸
山頂から薄い笹藪を漕いで行くと、道がはっきりしてきて、南側の893ピークまで行けば飯豊山荘近くに降りるルートもあります。

No title

マロさん、こんばんは
てっきり温海温泉泊まったと思ってましたよ~。マロさんの過去が少しずつ明らかになってきますね。山の思い出っていい思い出が多いですよね。
おっ家内様の嬉しそうな山頂タッチ画像と、マロさんのお疲れ風の一人乾杯の画像、対照的です。マロさんは 暑さに弱いとみました(笑)

No title

ク~ さん
今晩はー。
車中泊は小型だから車にもフィットかなぁ・・
飯豊を久々に見て感動でしたね・
大杉小屋は最近でしたから覚えていますよ。
若さに戻って歩きたいですね・

No title

あおば さん
今晩はーです。
近いようで遠いですが、意外と160キロ3時間ですから「倉手山」もいいですよ。飯豊は日帰りなら体力勝負でしょうが小屋泊まりならいいかな。
倉手の紅葉も最高でしょうね。

No title

morino さん
今晩はーです。
絶景を見ながらの朝ビールでしたからね、それも500でしたよ。
温泉は500円、そばはそれなり、帰宅後のコンサートは滑り込みセーフで…冷や冷やでしたね。
65リットルのザックに、ビールなんぼ入るかと…でも背負えないことがわかりましたよ。飯豊は石ころびから梶川かな…?

No title

タッシー
今晩はー、装備がないと車に頼ります。
窮屈でしたが何とか。
二日間、隙間の無い行動だったな!
そう、11時到着組なら…おらは行かないねぇ(難笑)

No title

みいら さん
んん、何々、ひとはねの峰から岩魚ランドへは国体開催ルートで廃道でしたか。
倉手山から温身平縦走は見てましたよ。
越後屋さん、1回しか会わないのに何か親しみが…2ヶ月に1度は仙台に来ているようです。岩魚料理を食べると呑まず我慢できましたよ。山頂から薄い笹藪を確認しましたが、5時からコンサートがありましたのでピストンしましたよ。今度は飯豊山荘ルートに降りますね。(^o^;

No title

k4 さん、こんばんは
温海温泉ならおっ家内も大喜びなんでしょうが、バラ祭りで混んでいましたよ。
マロ7の変歴が…んん、やばいなぁ~。
山の思い出で人生が埋まっているような…。
マロ7は汗かきで、暑さと寒さと女に弱いですよ(苦笑)

No title

倉手山山頂から飯豊山荘に下る道は藪になっていましたか。
その先の温身平へ抜ける稜線は、以前歩いた時も完全に廃道化していましたが・・・
ピストンルートとは言え、飯豊の大観を眺められて幸せな山旅になりましたね。

No title

SONEさん
今晩はー。
倉手山山頂から飯豊山荘に下る道は藪ですが何とか行けるのではと。温身平へ抜ける稜線は古い地図にはあるのですね。
梅雨前の飯豊の大展望はいがったですね。

No title

マロさんこんばんは!
お若いとき?に飯豊もやっつけていたんですね~
どうりでただ者ではないと…
また石転び雪渓を登ってみる気はありませんか?
マロさんなら全然問題ないでしょう。

No title

torasan-
おは良~いございます!
飯豊は石ころびから本山経由でダイグラ周回でした。
もう一度、石ころびいきたいですね。梶川くだってもいいかな。
ただ者ではなく…並みのものでぇ~す。
ところで、田んぼはいつやってるのかな??んなら全然問題ないでしょう。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR