FC2ブログ

薫風の蛇ケ岳

いい天気が続きますね。
昨秋から続いていた私の低飛行の山飛行を打ち消すように、1000m越えをようやく達成です。
船形山ブナを守る会の山行きに久しぶりに参加、それぞれ御無沙汰のお顔に笑みがこぼれます。

2019.5/12(日)
升沢コース登山口→旗坂平→一群平鳴清水→三光の宮→不動石→瓶石沢分岐→蛇ヶ岳→瓶石沢分岐→不動石→役行者(えんのぎょうじゃ)→三光の宮分岐→鳴清水→一群平→旗坂平→升沢コース登山口
いつもの場所から、七ツ森と船形山連峰。
DSCN7485_R.jpg

まほろばに7時集合、今日は早起きで余裕でした。
DSCN7489_R.jpg

青苗田に七ツ森が映える新緑。
DSCN7492_R_20190513130838b26.jpg


三峰山も呼んでいた…ようだ。
DSCN7491_R.jpg


旗坂平でミーティング、新緑のブナ林と残雪の蛇ケ岳歩きに28人が集まった。
初めての参加者4名、若返っているようだね。
船形山ブナを守る会の参加はいたって簡単です。山行きの当日、指定場所に集合、参加費?500円で…もう会員です。
規約や規則、入会金…身体検査(政治家が使う表現ですので…)何もない。
DSCN7499_R_201905131313494f9.jpg


30番標識から入山。
DSCN7504_R_20190513131350e99.jpg


何だこりゃー、葉巻たばこみたいだと思いましたが「オトシブミ」だそうです。
小さな昆虫が卵を守るため葉で包み込む知恵、「落とし文」と言う言葉に神秘を味わいます。
DSCN7507_R_201905131313527e8.jpg

花染山の尾根もいい雰囲気です。
DSCN7512_R_201905131313556e1.jpg


何だこりゃー、山なのに貝殻…。
DSCN7513_R.jpg



雪融けのコースには、ショウジョウバカマが顔を出しました。
DSCN7514_R.jpg


雲ひとつない青空です。
DSCN7515_R.jpg


順調なペース、雪渓が待っていました。。
DSCN7519_R.jpg


三光宮で長倉尾根を展望します。
DSCN7526_R_20190513133324dba.jpg


泉ケ岳方面。
DSCN7527_R_2019051313332631b.jpg


真下は、北丸松保沢。
DSCN7528_R_20190513133328001.jpg


三峰山。
DSCN7529_R_20190513133329d28.jpg


これ以上ない天候に恵まれました。
DSCN7530_R_2019051313333113d.jpg


新調の鳥居で、入山許可(…心の中でね)をいただいた。
DSCN7541_R.jpg


いよいよ目的地が近づいてきた。
DSCN7544_R.jpg


28名のメンバーにはパワフル山女子もいて、オジサンは頼もしく思った。
DSCN7545_R_201905131340378d0.jpg


瓶石沢からアイゼン装着、今回は錆びついて眠っていた4本爪アイゼンだ。あと、何回使えるかわからないが爪の長さがあるので効果は抜群ですが、鉄の塊は重い。<錆が取れて新しくなりましたよ…>
DSCN7548_R.jpg


栗駒山や神室連峰の峰々が雪渓越しに見えた。
オッ、「エアーピッケル、エアーアイゼン「」とか聞きなれた言葉が飛び交います」大雪渓です。
DSCN7555_R.jpg


草原にあたるこの場所の雪渓はたっぷりで満足でした。
DSCN7560_R.jpg

28人もいると、距離差が…おっ、パワフル山女子はさすがです。
DSCN7564_R.jpg

遠くに月山が浮かびます。
DSCN7568_R_20190513135516faf.jpg

船形山。
DSCN7569_R_20190513135517d93.jpg


仙台カゴ。
DSCN7571_R.jpg


沢渡黒伏の鋭鋒。
DSCN7572_R.jpg


蛇ケ岳山頂は休憩場所に適さないので東側の雪渓でランチです。
DSCN7576_R_20190513140110683.jpg


後白髭山。
DSCN7578_R_20190513140112eb7.jpg


ランチの後は何とステージが出来て、オカリナの演奏が始まります。
DSCN7580_R.jpg


第2部はチバさんの登場、ランチの後の美味しいデザートとなりました。
DSCN7582_R.jpg


北面白山以北の山々が私には眩い。<よく映ってません…>
DSCN7584_R.jpg


28名の参加者、蛇ケ岳山頂東側(背景は三峰山)で「ハイ、ポーズ」老若男女の笑顔が満開です。
DSCN7588_R_201905131407369d0.jpg


ボリュームたっぷりの雪渓を楽しんでくだります。
DSCN7599_R.jpg


おっ、よっちゃん…スピード超過だよ。
DSCN7600_R.jpg


名残尽きない展望でした。
DSCN7601_R_201905131410491f7.jpg


登り下りもほぼ一緒だった「○○シスターズ」楽しい話をありがとう。
DSCN7605_R.jpg

役行者に立ち寄り。
役行者とは…役 小角(えん の おづぬ /おづの /おつの、舒明天皇6年(634年)伝 – 大宝元年6月7日(701年7月16日)伝)は、飛鳥時代の呪術者である。役行者(えんのぎょうじゃ)、役優婆塞(えんのうばそく)といった呼び名でも広く知られている。姓は君。 修験道の開祖とされている。 実在の人物だが、伝えられる人物像は後世の伝説によるところが大きい。天河大弁財天社や大峯山龍泉寺など多くの修験道の霊場に、役行者を開祖としていたり、修行の地としたという伝承がある。
DSCN7611_R.jpg


なるほど…そんな謂れでしたか。柏さんの説明に納得です。
DSCN7612_R_20190513141420c29.jpg


いつものように輪になって想いを語ります。蛇ケ岳の名前の由来は…ジャガ岳→釈迦が変じ→蛇ケ岳となったとか。
いや、船形連峰の北東側(三本木や中新田、色麻など)のほうから見れば、残雪期には白蛇が山に向かうような姿に見えるからという説に、色麻から参加した方も「山に白蛇が現れるのを田んぼ仕事の目安にしていた」…そうだべなと納得。
これも楽しいひと時なのです。
DSCN7614_R_201905131414214a5.jpg


登りでは気が付かなかったシロヤシオが咲いていました。
DSCN7622_R.jpg


リーダー、サブリーダーの全員握手で無事、山行きが終了です。
船形山ブナの会のみなさん、残雪の蛇ケ岳…最高でした。有難うございました。
DSCN7624_R.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロさん
先般はお世話様でした。久しぶりにご一緒することが出来てうれしかったです。
集合写真での我らのポーズ・・・蛇ケ岳にちなんだジャッキーチェーンの「蛇拳」のポーズです!何人の方が気づいたでしょう?

No title

大和町 チバさん
こちらこそ、先日はお世話様でした。
忘れないでいてくれまして有難う。(^^)
集合写真でのポーズ・・・蛇ケ岳にちなんだ「蛇拳」ポーズ、気づきませんでした!
次はオカリナ演奏での大合唱ですね。
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR