FC2ブログ

大行沢~樋の沢・奥羽山脈横断

この夏は5本は登りたいと思ってた沢登り…7/20以降で1月の間隔が出来てしまいました。
まだ2本目の沢ですが、今日は総勢17名…えっ、この人数でゴルジュを行くの…って凄いなぁ。
高齢者3名、若者たちに混じって頑張りましたよ。

【日  程】2019年8月24日(土)  【天 候】晴…曇
【山  名】 二口山塊・大行沢、樋ノ沢、権現様峠
【行  程】三方倉山登山口P→ゴルジュ帯→雨滝→白滝→梯子滝→大行沢入渓→樋ノ沢避難小屋→970P稜線→権現様峠→面白山大権現・磐座→大黒淵→面白山駅19:15~熊ケ根駅 <>
【メンバー】白峰会の皆さんと一般参加とマロ7、計17名 

大行沢は二口キャンプ場の手前に駐車場があり、そこからが入渓点となる便利な沢です。
今日は白峰会の皆さんと総勢17名でゴルジュ帯に入る沢登りのです。
大行沢の上部は天国のナメと称されますが、最初のゴルジュ帯は難易度が高くなりますので初心者コースではありません。
でも、この中に初心者が数名おりますのでリーダーの心意気が伝わります。
DSCF1327_R_201908261019525e5.jpg




沢手袋も疲れ果ててきましたので、昨日はしばらくぶりに針仕事をしました。もう少し頑張っていただきますね。(痛笑)
DSCF1328_R_201908261019578ec.jpg

この沢は南面白山と大東岳を結ぶ稜線に端を発する、ブナの原生林に覆われた美しい沢ですね。
凝灰岩の磨かれたナメと、この地域特有の集塊岩が多く、大行沢(おおなめさわ)は「天国のナメ」として名高いのはいうまでもありません。
DSCF1334_R.jpg



 
2年前に樋ノ沢を天国のナメから遡行し奥羽山脈の主稜線に出て、権現様峠を経て面白山駅に到達して午後3時の電車に滑り込みセーフ、今日は大人数なので時間はかかるでしょう。
DSCF1341_R.jpg


最初からドボン続出でして、山ガールの悲鳴を聞いてオジサンは大喜び。(不謹慎ですね反省)
DSCF1358_R.jpg


残地ハーケンがあって使わせていただきました。
DSCF1356_R_201908261052407b5.jpg


泡風呂に浸かります(ノ)’∀`(ヾ)。
DSCF1362_R.jpg


上がれないって…頑張れぇ。
DSCF1366_R.jpg


それぞれ、最初から泳ぐ方、ヘツリを這いドボンする方、沢の楽しみを最初から味わいます。
DSCF1372_R.jpg


時間の都合上、沢岸の謎のハウス手前で沢から上がります。
DSCF1378_R.jpg

あの、謎のハウスは何なのでしょうか。
9/6追記:某さんから情報をいただきました。
あの小屋を建てたのは、○○さんと〇〇の会'です。
このあたり地元の集落が入会権を持っているみたいです。
DSCF1384_R.jpg


駒止滝を過ぎて歩きます。
DSCF1387_R.jpg


梯子滝を目印にヤブを降下です。
DSCF1391_R.jpg


入渓すれば、お助けロープ無しの大行沢が待っていました。
DSCF1393_R.jpg



DSCF1408_R.jpg

笑顔の集合写真になりました。
50_large[1]




DSCF1410_R.jpg


DSCF1416_R.jpg


DSCF1419_R_201908261113252fd.jpg


お腹が空いてきました。もうすぐ樋の沢避難小屋です。
DSCF1420_R_20190826111326bb0.jpg



輪を組んでの楽しい昼食はあっという間に過ぎてしまいます。
84_large[1]


一路、樋の沢を遡上するのですがその前に、若者女子からウオータースライダーがはじまりました。
DSCF1427_R_20190826120006adc.jpg


DSCF1429_R_2019082612001213a.jpg


DSCF1431_R_20190826120021e20.jpg



「老人の部「」からはmaro7が代表に…でもなかったが、皆さんの視線からそうなりましたな…。
88_large[1]

画像は、カメラを持ってのウォータースライダー…これではわからないよね。
DSCF1433_R.jpg


以前、弥吉ころばしを下山した時にブナ広葉の美しさに目を奪われましたが、ここ樋の沢もそのような光景を期待できそうです。
101_large[1]


ヤブ漕ぎは10分ばかりでしょうか、地図上の970Pに出てアプローチシューズに履き替えます。
114_large[1]


権現様峠を左に折れて面白山駅を目指しますが…今日は沢登りの他に「山と歴史」などを少し齧(カジ)りましょうか。
1_large[1]


面白山大権現の碑は真新しい…元祖は下の場所(北面白山山頂の碑ではありません)にある。
121_large[1]


近くには朽ちたベニヤ板がありましたが文字は判読できません。
DSCF1453_R.jpg


以前の掲示場所です。
DSCN2974_R_20161104213132f82[1]


パソコンから読み取った内容です。この石碑とどう関係あるかは皆さんで読解してくださいませ。
DSCN3456_R[1]


そして、下りますと「山と歴史」のハイライト、ここは御本尊でしょう。
山寺堰の古碑と面白山大権現の古碑…これこそが
4_large[1]


皆さん、聞き入ってたような…。
詳しくは、本ブログの2016.①9/17 ②10/22 ③11/5 をご覧ください。
8_large[1]


もう17時なのに、山(沢)の日暮れは早いです。
DSCF1469_R.jpg


姥神様に無事の御礼。ノ(^-^)/
DSCF1470_R.jpg


皆さん無事に下山しました。ヽ(´∀`)ノ
DSCF1473_R_20190826115255c9d.jpg





コメントの投稿

非公開コメント

たくさん助けていただきありがとうございました。権現様のお話もとても興味深かったです。
またお会いできる日を楽しみにしております。

No title

ヒロコさんの後に続いてウォータースライダー。
お陰で独り立ちしました…やって良かったぁ~。
権現様…あそこまで来るのに3回足を入れましたよ。
でも、話すのは3分で、足りなかった。
こちらこそお会いできる日を待っております。!(^^)!

スゴい!

とってもアクティブ!スゴすぎです!

いつか私もチャレンジしてみたいと思います!

No title

エリさん
老人のアクティブ体験、いいでしょう!
若いうちになさったら、ますますの夢が開けますよ!
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR