FC2ブログ

小阿寺沢で巡る秋味のはじまり

【日  程】2019.9 /1(日)     【天 候】曇
【行  程】   前烏帽子コース駐車場~   小阿寺沢入渓~F1・10m ~F2・6m~F3・2段15m~F・6m~F5・5m~    右支沢・ヤブ漕ぎ~  破線コース~   カモシカリフト~  森の写真館~  前烏帽子コース駐車場
【メンバー】マロ7・おっ家内  途中F4から若者3名と合流

今日は選挙の立ち会い人としての予定日でしたが、あいにく無競争となり…開放され沢に向かいました。
画像の白矢印に自転車がかすかに写ってますが…盗難自転車かと思ってました…。
DSCF1475_R_201909020948561ea.jpg

小阿寺沢はこれまで山岳会行事参加で ①2014.9 /13(土) ②2016.9 /1(日)2回遡行しております。
3回目はおっ家内連れての二人で遡行となります。
DSCF1476_R.jpg


登山口から少し歩いて入渓でき、ヤブ漕ぎもなく巻き道を通って烏帽子スキー場のゲレンデに出られ地形図からは想像できない面白さがあります。ゴルジュはありませんが、初級の沢とのふれ込み?ですが見てヨシ、登ってヨシの滝と、ウォータースライダーの沢やナメ沢が出現します。
F4は左岸から取りつき滝に打たれ登るか、もしくは右岸大高巻きでと考えていました。
DSCF1482_R.jpg



小阿寺沢入渓、空気よりも水温が温かい感じですが今日は陽が射しておりません。(^o^)
DSCF1485_R_20190902095904fff.jpg


早速、滝が出てきました。ここはフリーで登れます。
DSCF1486_R.jpg


おっ家内は軽快に登ります。
DSCF1491_R_20190902095907479.jpg


待望のナメ沢が出てきました。
DSCF1495_R.jpg


今日は誰もいないと思って入渓したら、若者男性二人組がいました。
DSCF1501_R_201909021002500e6.jpg


次に若者三人組が訓練をしながら遡上していました。
最近「熊の穴養成ジム」を修了したとか…?声を掛け合い、相互の確認をしていましたね。
DSCF1509_R.jpg



DSCF1511_R_20190902100256669.jpg


ここは右岸からフリーで行きます。めずらしくおっ家内が撮影です。
DSCF1515_R.jpg


途中1箇所だけ赤水が出ていました。山師たちはこんなところをみつけては鉱山を探し当てたのでしょうね。
DSCF1519_R_20190902100954a9a.jpg



この沢では最大級だったダイモンジソウ。(^^;)
DSCF1524_R.jpg



若者達を捉えましたゾ。
DSCF1527_R.jpg


F4手前で「熊の穴養成ジム」終了の3人組に追いついた。
DSCF1528_R.jpg


滝が出てくれば、どこを登ろうかと思案するところが沢の面白いところ。F4はここから取り付くとは考えていなかったネ。
DSCF1533_R.jpg


滝に打たれて、「身も心も清まる」だろうね。
DSCF1539_R.jpg


続く、「熊の穴養成ジム」、の女子は勇猛果敢に進む。
DSCF1550_R.jpg



私らも便乗して遡上、「ロープ便乗笑豊」になってしまいました。
DSCF1555_R.jpg


おっ家内、滝に打たれての遡上は初めてだったか。
DSCF1556_R_2019090210232855b.jpg


ラストが上がるとこれで一安心ですね。
DSCF1559_R_2019090210233242d.jpg


後続の若者二人は中央突破できましたヨ。
DSCF1561_R_201909021023329e0.jpg

なかなかのアングルでしたよ。連絡あれば画像をどうぞ。!(^^)!送ります。
DSCF1562_R.jpg



胎内潜りもどき、をして。
DSCF1570_R.jpg



最後の滝は右岸の角から乗り越えです。
DSCF1571_R.jpg



ですが、一人だけ直登する果敢さ…。!(^^)!
DSCF1580_R.jpg


水道パイプが出てきたら左岸の支沢に入ると、ヤブが刈られている破線コースで出ます。
DSCF1585_R_201909021039228b7.jpg


水道パイプ道は虫がうるさくて大変でした。
DSCF1589_R.jpg


ゲレンデに出ると快方気分。
DSCF1591_R_201909021039301df.jpg


沢装備を解き.談笑しながら下山です。
DSCF1595_R_201909021039306eb.jpg


無事到着です。さて、冒頭の画像での矢印自転車の主が現れました。
何と、遠刈田から蔵王古道を登り刈田岳そして後烏帽子経由で下山してデポの自転車に来たそうです。
30㎞あるかな、凄い、超人ですねぇ。
DSCF1600_R.jpg

「熊の穴養成ジム」の3人組、まさかのまさかの出会いがあるんですね。楽しい沢登りを堪能しました。
帰路、おっ家内に約束の鴨ソバで手打ち式です。画像ボケでごめんなさい。
DSCF1602_R_2019090210393111f.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マロさんご夫婦は沢登りもなさるのですね。
もう少し若ければやってみたかった?かな(^^ゞ…
今は山登りも儘ならい体でハイキング程度にしか歩けませんが
秋の山を楽しんでみたいです(^^♪

No title

nadeshikoさん

夫婦では軽い沢専門なのですが、今日のコースはおっ家内のハードルが高かったかも…。
私は還暦前に始めたのですからまだ…数年ね?。
沢口を履いて水の中で台地に張り付く感触は登山靴ではできませんですよ(^^ゞ)…
さあ、秋の山はキノコ山に期待ですね(^^♪
プロフィール

FC2USER696672BEO

Author:FC2USER696672BEO
「マロのページⅢ」ブログへようこそ!
やんちゃ姫のマロ子とお山を歩きます。(^o^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR